iPhone7機種変更で誰より賢く得をするための5つの極意


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

複数のキャリアや家電量販店で、iPhone7の入荷・在庫状況を調べてみた所、現状ではほぼ全ての店舗で在庫がない状況です。

それでは、在庫切れになっているiPhone7の出荷状況について詳しく調べてみました。

▼9月25日時点でのiPhone7の出荷日目安

  • ジェットブラック 3〜5週間で出荷
  • ブラック 2〜3週間で出荷/(128GBのみ1〜2週間)
  • シルバー 2〜3週間で出荷
  • ゴールド 2〜3週間で出荷/(256GBのみ1〜2週間)
  • ローズゴールド 2〜3週間で出荷

出荷状況は、日々情報が更新されていくので、あくまで暫定という形ですが、やはり各カラー共に出荷は大幅に遅れていて、特にジェットブラックなどの人気カラーが入荷されるのは1ヶ月以上先になる事も覚悟しておいた方が良さそうです。

こうした状況は、歴代iPhoneシリーズの発売を思い返してみると、予測は出来ていた状況ですが、やはりiPhone6/6sに比べると今回の最新iPhone7は非常に人気が高いのは間違いないといえるでしょう。

一部在庫があるモデルもある事はあるのですが、iPhone7シリーズの各モデルが、店舗・キャリアの店頭で普通に購入出来るようになるには、少なくても10月初旬~中旬になるとの見通しです。

しかし、今回非常に人気のあるカラー・ジェットブラックなどのモデルは、在庫が枯渇しているので、店頭に並ぶのはかなり先になる可能性もあります。

Apple公式サイトで予約しても、Simフリー版iPhoneのジェットブラックの入荷は3〜5週と表示されています。iPhone7の各モデル・各カラーが普通に選んで買える状況になるのは、まだまだ先であると予測できます。

このような状況でも、出来るだけ早く目当てのiPhone7を手にいれる為には、やはり1日でも早く予約するしかありません。基本的に端末は、予約した順番でユーザーに割り当てられるからです。

コツとしては、各家電量販店・各キャリアのオンラインページで入荷状況を調べて、出来るだけ早く入荷する見込みのある店舗で端末を予約する事です。

各、家電量販店などの公式ページには、iPhone入荷までの時期の目安が日々更新されていきますので、もし、発売前の予約注文に乗り遅れてしまったという方は、チェックしてみてください。

ヨドバシカメラ・iPhone7予約・入荷状況

ヤマダ電機・iPhone7予約・入荷状況

ビックカメラ・iPhone7・iPhone7予約・入荷状況

エディオン・iPhone7・iPhone7予約・入荷状況

ネットオークションでもiPhone7がすでに出回っている

予約して、何週間もiPhone7が入荷されるの待つのは嫌だ。どうしても、すぐに手に入れたい!という場合は、ネットオークションをチェックしてみてはどうでしょうか。

ヤフオクなどの大手オークションサイトでは、すでにiPhone7が並んでいます。こうしたiPhoneは、いわゆる転売目的というものがほとんどなので、もちろん新品未開封である事は嬉しいのですが、どうしても購入価格は高騰しがちです。

特に、入荷の見込みが相当先になるという見通しがある人気のジェットブラックには、定価の2倍というプレミア的な価格で落札されたという過去もあり、凄まじい人気の高さが伺えます。

ネットオークションには、即決→即時発送という流れもあるので、価格にこだわらない!という人は、現状では最も早くiPhone7を手に入れる方法であると言えます。

少しでも落札価格を抑える場合は、とにかく、定期的にネットオークションを覗いて安く入札が終わりそうなiPhoneをチェックするしかないでしょう。

価格の高騰も、在庫状況が揃ってくれば少しずつ定価に近づいていくのは間違いありませんから、もう少し様子を見るのも手です。

ただ、ネットオークションの購入してしまうと、当然各キャリアの機種変更キャンペーンなども対象から外れてしまうので、そこだけは注意が必要です。

現状では、やはりおとなしく予約したiPhoneが入荷するのを待つのが得策だと言えそうですね。

9月25日追記情報:期間限定キャンペーンも続々と!

balloon-395598_640

iPhone7発売後も、見逃せないキャンペーンが続々と発表されています。iPhone7の発売前の予約キャンペーンに乗り遅れてしまった方はこちらも要チェックです!

▼ソフマップ・iPhone7買い替えキャンペーン

最大55,000円!現金買取!

キャンペーン期間 2016 9.30日まで

※対象となるのはiPhoneのみ。その他Androidスマホなどはキャンペーン対象外です。

一番高い下取り価格を見てみると、docomoのiPhone6s Plusで最大55,000円になるそうです。

iPhone7への買い替えで、お使いのiPhoneを下取りする事が条件ですが、このキャンペーンを利用すると、通常の下取り価格より数千円の上乗せが見込めます。

docomoやソフトバンク・auといった大手三社の下取り価格よりも高額査定になる可能性は大いにあります。見積もりだけでもしてもらう価値は大いにあるでしょう。

なお、9月30日までに購入予約をしておけば、キャンペーン期間を過ぎていても対象となりますのでご安心下さい。

iPhoneを少しでも高く下取りしてもらう為のコツは、出来るだけ箱や備品などを揃える事と、目に見えるホコリや汚れ・手アカなどは可能な限り綺麗に掃除しておきます。つまり、なるべく初期の購入時に近い状態が良いでしょう。

また、下取り価格は常に上下する可能性があります。下取りに出すのであれば、一日でも早く端末を持って行く事が大事です。これは、ソフマップに限らずどの家電量販店やショップでの下取りでも同じ事が言えます。

なお、下取り出来るiPhoneについては、いくつか細かい注意事項などがあるみたいなので、ソフマップに足を運ぶ前に事前にお問い合わせか、下のホームページなどでチェックしてみる事をお勧めします。

ソフマップの買い替えキャンペーン・詳細

iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。

乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。

ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop

auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop

ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

まとめ:誰よりもお得に賢くiPhone7へと機種変更する為に!

YUKA20160818413214_TP_V


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない