iPhone

iPhone7機種変更で誰より賢く得をするための5つの極意

いよいよ発表されたappleの新機種iPhone7。これを機会にiPhone7へと機種変更しようと考えているユーザーもたくさんいると思います。
そこで気になるのがキャッシュバックやキャンペーンの情報。各携帯会社や販売店から続々とお得な情報が発表されていますが、一体どうすれば機種変更の際に最も賢くてお得な方法を選択する事が出来るでしょうか。
この記事では、iPhone7機種変更の際に絶対に考えてもらいたい5つの項目について、分かりやすく説明していきます。この記事に書かれている内容を上手く活用すれば、普通に店頭で機種変更をするより数万円分もお得にiPhone7をゲット出来る可能性もあります。
また、機種変更時にぜひとも考えて頂きたいiPhoneが壊れてしまった時の為の補償サービスについても書いていますので、一番納得の出来るベストな機種変更の方法を選んで頂ければと思います。
 

(9月26日追記)遂に発売されたiPhone7ですが、既に在庫が少なくなっているようです。
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop
 

iPhone7へと機種変更する場合は必ず予約しておく!

1
iPhone7への機種変更を考えている場合は、発売日前に必ず予約しておく事をお勧めします。予約の方法はいくつかありますが、大きく分けると以下になります。

  • 各携帯会社の公式オンラインショップで予約
  • 各携帯会社で店頭予約
  • Apple公式サイトからオンライン予約
  • 家電量販店のオンライン予約

上記の予約方法の中でも特にお勧めしたいのが、『各携帯会社の公式オンラインショップで予約』という方法です。
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
iPhone7への機種変更をする場合、上記の公式サイトからいつでも申し込みが可能です。それではここからは、どうして公式オンラインショップで予約がお得なのかを詳しく説明していきましょう。

1.オンラインショップで予約すれば、iPhone7を最短で自宅に郵送してくれる!

iPhone7をドコモやソフトバンクショップなどで店頭予約をした場合、当然予約した店頭での受け取りになりますが、オンラインショップで予約すれば自宅へ郵送してくれます。日本全国、どこでも送料無料なのも嬉しいポイントです。
時間効率や手間を考えると、これはとても大きなメリットになります。店頭まで足を運ぶ手間、店頭での順番待ち、手続きなどの処理を考慮すると数時間は覚悟しないといけませんが、自宅への郵送であれば、ただ受け取るだけなので数分で済ます事が出来るのです。

2.ネット上で24時間いつでも予約する事が可能!

仕事や用事などで、iPhone7を予約したくてもなかなか店頭へと足を運べないという人も多いと思いますが、オンライン予約であれば24時間いつでも申し込める上に、手続き自体も数分で完了します。
基本的にどのキャリアも予約順にお客様へ端末を割り当てるという方式ですので、より早く予約すればするほど、他人より先にiPhone7を受け取って使う事が出来ますから、オンライン予約が有利という考え方になります。

3.店頭予約での無駄なオプション加入の心配はなし!

店頭で予約して機種変更をする場合、加入プランの見直しは必ず勧められるはずです。断るのも申し訳ないし、なんだかよく分からないけど、店員さんに言われるがままに本来必要性のないオプションに加入してしまった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
オンライン予約で機種変更をすれば、こうした煩わしいオプションの手続きや店員さんのお話を聞く必要はありません。もし、本当にプランの見直しや加入したいオプションがある場合には、時間がある時に携帯ショップに行ってみれば良いでしょう。

4.オンラインショップ限定グッズ・キャンペーン!

例えば、ドコモであればオンラインショップでiPhone7を予約された方のみを対象に、「話題の新スマホを予約で!999万ポイント山分け!!」というキャンペーンを行っています。
iPhone7の発売ともなれば、携帯会社からすればお祭りみたいなものですから、各キャリアもこぞってお得なサービスやキャンペーンを発表してくると思います。せっかくの機種変更の機会ですから、こうしたキャンペーンや限定グッズなどのサービスを活用しない手はありません。
後で後悔しないためにも、インターネットを活用していろんな情報を集めてから最終的な判断をしたいところです。

5.オンラインショップで予約しても、当然ポイントを使える!

  • ドコモポイント(ドコモ)
  • auWallet(au)
  • Tポイント(ソフトバンク)

などの、今まで貯めてきたポイントをオンラインでの機種変更時に使う事ももちろん可能です。
以上の事からiPhone7を入手するまでの時間や労力を考えると、オンライン予約がベストな方法といえるでしょう。
逆に、現状でiPhone7への機種変更で最もユーザーにメリットをもたらさないのは、キャリアはそのままで、予約を行わず店頭でただ機種変更するという方法だと言えます。
なお、例外としてこのiPhone7への機種変更のタイミングで、格安Simなどを利用して、SimフリーiPhone7の購入を検討しているという方は、必然的に『Apple公式サイトからオンライン予約』という方法を取る事になります。
現時点で日本国内でSimフリーiPhone7を購入できるのは、Apple公式サイトのみです。
Ex. SIMフリー端末をお得に使いこなす詳しい方法をもっと知りたい方は「SIMフリー+格安スマホで激安運用する3つのテクニック」をご参照ください。
 
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

MNPを使って乗り換えキャッシュバック・キャンペーンを狙う!

Cashback Image
MNP(番号ポータビリティ)とは、「ドコモからau」「auからソフトバンク」という風に、お使いの電話番号はそのままで携帯会社を変更する事が出来るサービスです。
Ex. MNPについてもっと詳しく知りたい方は「必見!誰でもわかる!絶対得するMNPの手続きのポイント」をご参照ください。
さて、このMNPを使ってiPhone7への機種変更時に行われている、各社のキャッシュバックやキャンペーンを利用してお得に機種変更をするポイントをまとめていきます。
MNPを使って機種変更をする場合、難しく考える必要はありません。ポイントは一つだけ、ズバリ!キャッシュバック金額やキャンペーンを比べて、乗り換える販売店を決めるだけです。
乗り換えキャッシュバックとは、ユーザーと契約を交わす「販売店」から支払われますので、どこの販売店でも同じだけのキャッシュバックがあるわけではありません。機種や店舗によってキャッシュバックの金額は大きく変わってくるのです。

キャッシュバックといえば『おとくケータイ』

MNPを使って他社から乗り換える場合に最もお勧めなのが、「どこよりも高いキャッシュバック」をうたっている『おとくケータイ』という販売店です。
おとくケータイ
機種や契約プランでキャッシュバック金額は異なってきますが、2万~5万円ほどの差があり、他の「販売店」と比べるとやはり頭一つ抜けている印象です。
また、キャッシュバックは現金振り込みで申し込み時に来店などの必要もありません。
ただ、ソフトバンクのみお取り扱いなので、実際にキャッシュバックをもらう為には、現在ソフトバンク以外の携帯会社と契約している必要があります。つまり、現ソフトバンクユーザーにはMNPを使ってキャッシュバックをもらう事が出来ません。
一時期に比べるとキャッシュバック金額が下がったとはいえ、まだまだ高額なキャッシュバックを行っている店舗も多数存在しますので、ぜひいろいろと調べてみて下さい。
Ex. MNPを使ってiPhone7への機種変更で得する情報は「iPhone7 MNP一括0円」もどきを契約するために必要な5つの方法」をご参照ください。

各携帯会社の機種変更割引クーポン券を使う!

AKANE20160312422213_TP_V

更新月が近くなると、契約している携帯会社から機種変更時に使える割引クーポンがご自宅に届く場合があります。auなら「auファストクーポン」ドコモなら「docomo機種変更限定クーポン券」という感じですね。
各社のクーポンの割引額は様々ですが、機種変更時に数千円から最大2万円分ほどの割引になるので、iPhone7への機種変更を検討している場合は、これを使わない手はありません。
「あれ、そんなの届いてたかなあ」という方は、今すぐ自宅の引き出しを探して携帯会社からのDMが届いてないか確認してみましょう。
また、確かに届いていた気がするけど捨ててしまった!という場合も安心してください。DMが届いている場合は、cメールで割引クーポンのご案内のメールが届いていると思いますので、そこからクーポンの再取得が可能です。
届いているかどうか分からないという場合は、念のため各種携帯会社のカスタマーサービスに電話して確認してもらうのが良いでしょう。
 
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

MNP引き止めポイントという裏技をご存知ですか?

stop-634941_1280
MNP引き止めポイントを分かりやすく言うと、他社へ乗り換えられるのを防ぐ為に携帯会社がお客様にポイントを付与する非公式のサービスです。付与されたポイントはそのままiPhone7への機種変更時に使う事が出来ます。
付与されるポイントは1万~3万円分ほどの差があり、必ずもらえるというわけではありません。あくまで非公式のサービスである為に、携帯ショップのスタッフに聞いても詳しく教えてはくれないでしょう。
しかし、実際にMNP引き止めポイントをもらったという人は存在する以上、知らない人は大損するサービスであるとも言えます。

MNP引き止めポイントをもらう方法

1.契約している各携帯会社に電話して、MNPを利用して他社に乗り換えたいという旨を伝える。
2.オペレーターから「もし当社に残って頂けるのであれば、〇〇ポイント付与します」という案内があればOK!
3.もし、何も案内されずに普通にMNP予約番号を発行された場合でも、そのまま電話を切った後、同じ番号にかければキャンセル可能です。もちろんキャンセル手数料などもかかりません。
MNP発行ポイントを確実に付与させる方法はありませんが、実際にポイントをもらった方の情報がネット上にたくさん出回っています。注目したいのは、一度チャレンジしてダメだった場合でも、2回目や3回目にはポイントを付与されたという場合もあるという事です。
一度のチャレンジでMNP引き止めポイントの案内が出なかった場合でも、数日置いてまたチャレンジしてみるのが良いでしょう。
また、MNP引き止めポイントは、各社が発行している機種変更割引クーポンなどと併用して使う事が可能です。つまり、MNP引き止めポイントで3万円+クーポン券2万円分を併用してiPhone7への機種変更を行った場合、通常より5万円も安く済んでしまう事になります。
これは本当に知っている人だけが得をするサービスなので、ぜひともこの機会にMNP引き止めポイントを狙ってみる事をお勧めします。チャレンジするだけなら無料ですからね。

キャリア補償かApple独自の補償サービスかを選択する

medium_15711290602
iPhone7への機種変更時にもう一つ考えてもらいたいのは、端末が壊れた時の為の「補償サービス」です。
機種変更時に得をするというテーマからは少しそれますが、実は「補償サービス」は機種変更時や新規購入時にしか変更出来ないという場合がほとんどです。そうしないと、補償サービスに入っていなかったけど、壊れてしまったのでやっぱり補償に入ろう!という事が可能になりますよね。
ここから下の記事をよく読んで頂いて、このタイミングでiPhone7への機種変更時に加入する補償サービスを検討してみて欲しいのです。

1.iPhone補償サービスには、携帯会社とapple独自の補償がある

AppleCare+というapple独自の補償サービスをご存知でしょうか。AppleCare+に加入すると、通常は購入日から1年間の限定保証であるiPhoneが、2年間の保証と電話でのサポート期間が延長されます。
さらに、2年間で2回まで11,800円(税別)で損傷による修理・交換を受ける事が出来ます。
いまひとつピンと来ないという方の為に分かりやすく具体例を出してみましょう。
・水没してiPhone7が壊れた場合

▼AppleCare+加入時

2年間で2回まで11,800円(税別)で本体交換まで可能

▼AppleCare+未加入

本体交換で34,800円(税別)の出費
※価格はapple公式サイトより算出。時期により変動する可能性有
AppleCare+のサポートの詳細などは、appleの公式ページに詳しく書かれていますので、加入を考えている場合は一度チェックしてみる事をお勧めします。
ちなみに、AppleCare+へ加入する場合は、購入時、もしくはiPhoneの購入から30日以内にappleカスタマーサポートに電話をすれば大丈夫です。逆に言えば、iPhone7への機種変更から30日以上経過した場合は、AppleCare+へ加入出来なくなってしまうので、機種変更のタイミングで考えておく必要があるのです。

2.携帯会社とapple独自の保証はどちらがお得?

各補償サービスにはメリット・デメリットがありますし、携帯会社によって保証内容も様々ですので、一概にどちらがお得と言う事は出来ません。補償内容やお使いの環境によって加入する補償サービスを選んでいく必要があります。
一つ言えるのは、どの様な補償を選んでも損傷による修理にかかる金額はそれほど大きな違いはありません。ただ、AppleCare+には、他の補償サービスにない大きな二つの特徴があります。
それは、2年間の製品保証と電話サポートです。

▼2年間の製品保証の分かり易い例

例えば、お使いのiPhoneが購入から1年以上経っていて、突然タッチパネルが反応しなくなったと仮定します。こういった時、修理サービスに持ち込んで必ず直してもらえるかというと実はそうではありません。
修理サービスで手を尽くしても改善されなかった場合、最悪iPhoneをそのものを交換する必要があるのですが、ここで一番大きく違いが現れるのがAppleCare+に加入しているかどうかです。

▼AppleCare+加入時

2年間の製品保証内だった場合は、損傷ではないので基本的に無償での製品交換で対応してもらえる可能性大。

▼AppleCare+未加入

製品保証が何もない状態だと、水没などと同様に本体交換で34,800円(税別)の出費になる可能性大。
極論を言えば、お客様に何も過失がなかった場合でも、突然に調子が悪くなってしまったiPhoneを交換する場合は34,800円(税別)かかってしまうという事になります。
もちろん、この時に各携帯会社の補償サービスに加入していればその補償を使えますが、本体全交換で無償で済む事は少なく、ある程度の出費は覚悟する必要があります。それを考えると、AppleCare+の2年間の製品保証はかなりメリットが大きいと言えます。

▼AppleCare+に加入していると電話サポートが2年間に延長される

通常、iPhone購入時には90日間の無償での電話サポートが付いています。しかし、AppleCare+に加入していると、2年間に延長されます。
電話サポートでは、「iCloudって何?どうやって使うの?」「ネットに接続出来なくなった!接続方法がわからない!」という風な、iPhoneに関する様々な質問や疑問に対してサポートを受ける事が出来ます。
iPhoneについて困った事があったらいつでも電話で専門の担当者が助けてくれるので、とても便利なサービスです。

3.そもそも補償サービスに入る必要ってある?

例えば、iPhone7に機種変更して、絶対に落とさない!壊さない!という自信がある人は、無理に加入する必要はないかもしれません。
しかし、万が一の時にはやっぱり安心ですし、月額で考えても数百円程度ですから、何の補償サービスにも入っていないという方はかなり少数派だと思います。
各補償サービスについては、以下の公式ページで詳しく書かれていますし、携帯ショップやカスタマーサービスに電話して補償内容や金額を聞いてみるというのも良いでしょう。
よく分からないままよりは、内容を把握して納得した上で加入する補償サービスを選んで頂ければと思います。
appleCare+for iPhone
ソフトバンク安心保証パック
ドコモ携帯補償サービス
auスマートパス
 
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

月25日追記情報:とにかく早くiPhone7を手にいれる為には?

iphone7hello_TP_V

複数のキャリアや家電量販店で、iPhone7の入荷・在庫状況を調べてみた所、現状ではほぼ全ての店舗で在庫がない状況です。
それでは、在庫切れになっているiPhone7の出荷状況について詳しく調べてみました。
▼9月25日時点でのiPhone7の出荷日目安

  • ジェットブラック 3〜5週間で出荷
  • ブラック 2〜3週間で出荷/(128GBのみ1〜2週間)
  • シルバー 2〜3週間で出荷
  • ゴールド 2〜3週間で出荷/(256GBのみ1〜2週間)
  • ローズゴールド 2〜3週間で出荷

出荷状況は、日々情報が更新されていくので、あくまで暫定という形ですが、やはり各カラー共に出荷は大幅に遅れていて、特にジェットブラックなどの人気カラーが入荷されるのは1ヶ月以上先になる事も覚悟しておいた方が良さそうです。
こうした状況は、歴代iPhoneシリーズの発売を思い返してみると、予測は出来ていた状況ですが、やはりiPhone6/6sに比べると今回の最新iPhone7は非常に人気が高いのは間違いないといえるでしょう。
一部在庫があるモデルもある事はあるのですが、iPhone7シリーズの各モデルが、店舗・キャリアの店頭で普通に購入出来るようになるには、少なくても10月初旬~中旬になるとの見通しです。
しかし、今回非常に人気のあるカラー・ジェットブラックなどのモデルは、在庫が枯渇しているので、店頭に並ぶのはかなり先になる可能性もあります。
Apple公式サイトで予約しても、Simフリー版iPhoneのジェットブラックの入荷は3〜5週と表示されています。iPhone7の各モデル・各カラーが普通に選んで買える状況になるのは、まだまだ先であると予測できます。
このような状況でも、出来るだけ早く目当てのiPhone7を手にいれる為には、やはり1日でも早く予約するしかありません。基本的に端末は、予約した順番でユーザーに割り当てられるからです。
コツとしては、各家電量販店・各キャリアのオンラインページで入荷状況を調べて、出来るだけ早く入荷する見込みのある店舗で端末を予約する事です。
各、家電量販店などの公式ページには、iPhone入荷までの時期の目安が日々更新されていきますので、もし、発売前の予約注文に乗り遅れてしまったという方は、チェックしてみてください。
ヨドバシカメラ・iPhone7予約・入荷状況
ヤマダ電機・iPhone7予約・入荷状況
ビックカメラ・iPhone7・iPhone7予約・入荷状況
エディオン・iPhone7・iPhone7予約・入荷状況

ネットオークションでもiPhone7がすでに出回っている

予約して、何週間もiPhone7が入荷されるの待つのは嫌だ。どうしても、すぐに手に入れたい!という場合は、ネットオークションをチェックしてみてはどうでしょうか。
ヤフオクなどの大手オークションサイトでは、すでにiPhone7が並んでいます。こうしたiPhoneは、いわゆる転売目的というものがほとんどなので、もちろん新品未開封である事は嬉しいのですが、どうしても購入価格は高騰しがちです。
特に、入荷の見込みが相当先になるという見通しがある人気のジェットブラックには、定価の2倍というプレミア的な価格で落札されたという過去もあり、凄まじい人気の高さが伺えます。
ネットオークションには、即決→即時発送という流れもあるので、価格にこだわらない!という人は、現状では最も早くiPhone7を手に入れる方法であると言えます。
少しでも落札価格を抑える場合は、とにかく、定期的にネットオークションを覗いて安く入札が終わりそうなiPhoneをチェックするしかないでしょう。
価格の高騰も、在庫状況が揃ってくれば少しずつ定価に近づいていくのは間違いありませんから、もう少し様子を見るのも手です。
ただ、ネットオークションの購入してしまうと、当然各キャリアの機種変更キャンペーンなども対象から外れてしまうので、そこだけは注意が必要です。
現状では、やはりおとなしく予約したiPhoneが入荷するのを待つのが得策だと言えそうですね。

月25日追記情報:期間限定キャンペーンも続々と!

balloon-395598_640
iPhone7発売後も、見逃せないキャンペーンが続々と発表されています。iPhone7の発売前の予約キャンペーンに乗り遅れてしまった方はこちらも要チェックです!

▼ソフマップ・iPhone7買い替えキャンペーン

最大55,000円!現金買取!
キャンペーン期間 2016 9.30日まで
※対象となるのはiPhoneのみ。その他Androidスマホなどはキャンペーン対象外です。
一番高い下取り価格を見てみると、docomoのiPhone6s Plusで最大55,000円になるそうです。
iPhone7への買い替えで、お使いのiPhoneを下取りする事が条件ですが、このキャンペーンを利用すると、通常の下取り価格より数千円の上乗せが見込めます。
docomoやソフトバンク・auといった大手三社の下取り価格よりも高額査定になる可能性は大いにあります。見積もりだけでもしてもらう価値は大いにあるでしょう。
なお、9月30日までに購入予約をしておけば、キャンペーン期間を過ぎていても対象となりますのでご安心下さい。
iPhoneを少しでも高く下取りしてもらう為のコツは、出来るだけ箱や備品などを揃える事と、目に見えるホコリや汚れ・手アカなどは可能な限り綺麗に掃除しておきます。つまり、なるべく初期の購入時に近い状態が良いでしょう。
また、下取り価格は常に上下する可能性があります。下取りに出すのであれば、一日でも早く端末を持って行く事が大事です。これは、ソフマップに限らずどの家電量販店やショップでの下取りでも同じ事が言えます。
なお、下取り出来るiPhoneについては、いくつか細かい注意事項などがあるみたいなので、ソフマップに足を運ぶ前に事前にお問い合わせか、下のホームページなどでチェックしてみる事をお勧めします。
ソフマップの買い替えキャンペーン・詳細
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

まとめ:誰よりもお得に賢くiPhone7へと機種変更する為に!

YUKA20160818413214_TP_V

iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop
 
それでは最後に、iPhone7への機種変更のポイントをおさらいしていきましょう。

1.携帯会社を変更せずに機種変更する場合はとにかく予約を!

店頭でただ機種変更するだけでは何もメリットがありません。予約をする場合は、店頭予約より各携帯会社の公式オンラインショップから予約した方が、手間や労力を考慮するとあらゆる面でベストです。

2.NMPを使って乗り換えキャッシュバックを!

今契約している携帯会社が変わっても良いという場合は、各販売店が行っている乗り換えキャッシュバックを狙いましょう。キャッシュバックの金額は、どこに乗り換えるかで大きく変わりますが、最大で5万円分の現金キャッシュバックを行っている販売店もありますので、色々と情報を調べてみる事をお勧めします。

3.機種変更時に使える割り引きクーポンを持っていないですか?

更新月が近づくと、ふいにDMで届く事がある割り引きクーポン。機種変更時に最大で2万円分の割り引き特典が受けられるので活用しない手はありません。もし失くしてもしまっていても、再発行が出来ますのでご安心下さい。

4.MNP引き止めポイントを狙う!

携帯会社を変更せずに機種変更を検討しているなら、是非とも試して頂きたい方法です。非公式のサービスですので確実性は保証出来ませんが、最大で3万円分の機種変更割引ポイントを付与される場合もあるそうなので、チャレンジしてみる価値は大いにあるでしょう。
付与されたポイントは、上で紹介している割り引きクーポンと併用して使う事も出来ますよ!

5.機種変更時に補償サービスについてもしっかりと考えましょう!

キャッシュバックや割り引きとは少しそれますが、長期的に見れば補償サービスは非常に大事なオプションです。補償サービスは、基本的に機種変更時じゃないと加入出来ないものなので、このタイミングでしっかりと考えておく必要があるでしょう。
iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。
乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。
ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop
auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop
ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧