iPhone7機種変更したらまず行いたい!データ移行のキャリア別完全マニュアル


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

iPhone7への機種変更時のデータ移行については以上ですが、ここからは、今後のデータ移行や画像を管理する上でのお勧めポイントやコツを書いていこうと思います。

つまり、こういう風にiPhone7を使っていけば、今後のデータ移行もスムーズですよ!というアドバイス的な内容です。よければ参考にしてみて下さい。

▼iosバージョンは、出来るだけ上げておいた方がいい。

時々、iPhoneの設定の所に赤いマークで数字が出てくる事があると思います。これは、iosというiPhoneを動かしているプログラムの最新バージョンがダウンロードしていますよ!というお知らせです。

ちなみに、9月25日の時点で、最新のiosのバージョンは10.0.2ですね。

アップデートをするには、Wi-fiやネット環境必須なので、ほったらかしている人も多いと思います。iosのバージョンが古いからといって、特にiPhoneを使う上で重大な問題が起こるというわけではありません。

しかし、iCloudやiTunseでバックアップ途中にエラーが起きてしまう。というトラブルのほとんどは、容量不足という問題をのぞけば、iosのバージョンが古いからという理由が大半です。

さあ、バックアップを取ろう!→iosが古すぎてバックアップが取れない!というケースは、結構多いのです。

基本的には、iosのバージョンアップは古いプログラムを新しく書き換えて、より安全にスムーズにiPhoneが操作出来るようにしてくれる、という考えで間違いありません。

どうしてもiosのバージョンアップを行いたくないという人は良いですが、そうでなければ出来るだけiosのバージョンアップはしておく事をお勧めします。

なお、iosを書き換える事は、iPhoneにとって結構な大仕事です。バージョンアップ中にiPhoneが動かなくなる可能性もふまえて、iosのバージョンアップを行う場合にも、出来るだけ事前にバックアップを取っておきましょう。

▼画像の管理の方法について

iPhone7では、6/6sと比べるとカメラ性能も向上しています。特に嬉しいのが、自撮りなどで使う全面カメラがより繊細で綺麗に画像撮影が行えるように改良されています。よって、今まで以上にiPhoneで画像、動画を撮る機会が増えそうです。

iPhone7で128GBや256GBのモデルを選んでいるのであれば、それほどすぐには困らないかもしれませんが、32GBのモデルであれば、すぐにストレージを圧迫してしまいます。綺麗に動画や写真撮影が出来るのはとても便利ですが、それだけ容量を使ってしまうのも早いのです。

画像や動画は、定期的にパソコンなどの別媒体で保存しておく事をお勧めします。こうする事でたくさんのメリットが生まれます。

  1. 万が一、iPhoneを紛失・水没などでデータを紛失しても、パソコン内には残っている。
  2. iPhoneのHDD内のデータ容量を常に軽くしておく事で、サクサク快適に動く。
  3. バックアップ作成時にも時間と手間がかからない。

もし、パソコンがない環境であれば、上で紹介したオンラインストレージや、サンディスクなどの別媒体での保存という方法もあります。

定期的にデータのバックアップを取っているという人は案外少ないですが、再ダウンロードが可能な音楽ファイルと違って、一度消えてしまったデータは二度と復旧出来ません。上記の方法を使って二重で画像や動画を保護しておくと安心です。

▼無料で使えるiCloudは出来るだけ活用しよう!

iCloudってややこしいから使っていない、設定していないという人の話をよく聞きます。

iCloudは、無料でストレージがもらえたり、自動的にバックアップを取ってくれる機能で、最初に設定しておけば後はiCloud自体をいじる事はほとんどありません。

また、iCloudの自動同期やフォトストリームという機能を使えば、iPhoneの中のデータを自動的にネットワーク上に上げてくれます。分かりやすく言えば、写真を一枚撮影した数秒後には、その画像データのコピーがiCloud内に保管されます。

保存されているデータは、あなたのApple IDとパスワードを使わない限り、見たり消したりする事は出来ないようになっているので安心してください。

また、iPhoneを紛失したらGPSを使って失くした端末を探し出したりする事も出来ます。他にも非常に便利な機能がたくさんあるので、iPhone7を購入して初期設定する際には、ぜひともiCloudも一緒に設定しておく事をお勧めします。

iCloudは、apple IDとパスワードさえあればサインイン出来ますし、基本的な設定はデフォルト通りに行えば問題ありません。iCloudを設定さえしておけば、突発的に起こりうるデータロスに対して、被害を最小限に抑える事が出来るはずです。

 

iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。

乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。

ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop

auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop

ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない