Phone7を一括0円で買う時に絶対注意すべきこと5点


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

1.端末料金も分割で支払いをしている

14

iPhone7を契約する際の料金プラン。

多くのものが2年単位となっており、最低でも2年間使う事を条件に価格が安くなっているものが多いです。

MNPによるユーザー離れを防ぐために、キャリアが打ち出したこの対策。2年縛りと言われる事もあります。

この2年間の間に、端末そのものの価格も分割で支払いをしている人が多いと思います。

契約をしたその場では支払いをせずに、毎月の料金プランに端末料金が含まれている場合が多いです。

 

端末料金の残額に注意

一括0円でiPhone7の購入が出来るキャンペーン。

iPhone7を新しく購入するという事は、機種変更をして今使っている端末を解約する形になります。乗り換えの場合も同じです。

一括0円の条件を満たしていれば、最新のiPhone7が欲しくなりますよね。

注意したいのは、端末料金の残額。2年間の分割の場合、さまざまなキャンペーンなど月々サポートを受けて、割引された金額を支払っていました。

しかし、途中で解約する場合は月々サポートを受ける事ができなくなってしまいます。

一括0円でiPhone7を手に入れる事が出来るとはいえ、端末の残額が高額であればお得とは言えません。端末料金の残額にも注意が必要です。

 

端末料金を負担してくれるキャンペーン

現在、2年間を待たなくても機種変更が行えるキャンペーンがソフトバンク、au、ドコモともに行われています。

条件に違いがありますが、端末料金の残額をキャリアが負担してくれるのはお得です。

こうしたキャンペーンや料金プランに、iPhone7を購入した時に加入しておくと安心です。

次に一括0円の端末を購入しようとした場合、端末料金の負担が軽減されるのではないでしょうか。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7 8

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない