iPhone7のバックアップしたデータ復元、簡単に出来るやり方まとめ


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

Wi-Fiとインターネット環境があるのなら、iPhoneからiPhone7へのデータ復元にはiCloudを利用できます。

iPhoneをWi-Fiに接続しておきます。

バックアップする前の準備

iCloudをバックアップに利用するのなら、iCloudの空き容量を確認しておきましょう。

① iPhoneのホーム画面から、[設定] > [一般] > [ストレージとiCloudの使用状況] と選択します。

② [ICLOUD]の[使用可能]を見ると、iCloudの空き容量が分かります。

バックアップしたいデータに対してiCloudの空き容量が少ないのであれば、容量を増やすかバックアップデータを減らすかして対処します。

iCloudの容量を増やす

iCloudの容量を増やすには、iCloudストレージを追加購入します。

① ホーム画面から、[設定] > [iCloud] > [容量] > [さらに容量を購入] と選択します。

② 希望プランを選び、[購入する]を押します。

③ Apple IDとパスワードを入力します。

バックアップデータを減らす

iCloudの空容量を作るには、保存されるデータ項目を減らします。

① ホーム画面から、[設定] > [iCloud] > [容量] > [ストレージとバックアップ] > [ストレージを管理]  を選択します。

② 対象のiPhoneを選びます。

③ [バックアップオプション]で、バックアップする必要がないアプリケーションをオフにします。

④ [オフにして削除]を押せば、完了です。

iCloudにiPhoneのデータをバックアップする

iCloudにiPhoneのデータをバックアップする手順を説明します。

① ホーム画面から、[設定] > [iCloud] > [バックアップ] を選択します。

② [iCloudバックアップ] をオンにします。

③ 「iCloudバックアップを開始」のポップアップが表示されるので、[OK]を押します。

④ [今すぐバックアップを作成]を押します。

⑤ バックアップが作成され、完了です。

iCloudのバックアップデータを確認する

iCloudにバックアップを作成したら、データサイズなどを確認しましょう。

① ホーム画面から、[設定] > [iCloud] > [容量] > [ストレージとバックアップ] > [ストレージを管理]  を選択します。

② [バックアップ]欄に、作成したバックアップが表示されているので、選択します。

③ バックアップの詳細が確認できます。

iCloudのバックアップデータをiPhone7に復元する

iCloudに保存されたバックアップデータをiPhone7に復元します。

ここでは、新しく買ったiPhone7の利用開始設定における、iCloudからのデータ復元について説明します。

① iPhone7をWi-Fiが使える環境で起動します。

② 「こんにちは」画面が出たら、左から右へスライドさせます。

③ 言語選択で[日本語]を選択します。

④ 国または地域の選択で「日本」を選択します。

⑤ キーボード設定は特に変更が無ければ[次へ]を押します。

⑥ Wi-Fiネットワークを選択する画面が出るので、利用するWi-Fi回線を選択します。

⑦ Wi-Fiのパスワードを入力し、[接続]を押します。

⑧ アクティベーションが開始されるので、完了するまで待ちます。

⑨ 位置情報サービスの確認画面が表示されるので、オンかオフを選びます。

⑩ Touch IDの設定をします。

⑪ パスコードの設定をします。

⑫ 「Appとデータ」画面が表示されたら、[iCloudバックアップから復元]を選択します。

⑬ バックアップを保存したApple IDとパスワードを入力し、[次へ]を押します。

⑬ 利用規約が表示されるので、[同意する]を押します。

⑭ 「バックアップを選択」画面が表示されるので、iPhone7にデータ復元したいバックアップデータを選択します。

⑮ ここでApple IDを求められることがありますので、その場合はApple IDを入力します。

⑯ iCloudからデータ復元が開始されます。

⑰ データ復元が完了すると「こんにちは」画面に戻ります。画面の指示しに従って残りの設定を済ませます。

 

iPhone7への乗り換えを検討しているならWebで予約申込するのがお得です。

乗り換えたいキャリア先のサイトから申込をしましょう。

ソフトバンクへのMNP(乗り換え)であれば『おとくケータイ』『Softbank Online Shop

auへのMNP(乗り換え)であれば『au Online Shop

ドコモへのMNP(乗り換え)であれば『docomo Online Shop

AndroidからiPhone7へのデータ復元 Move to iOSを利用する

move to ios androidからiphone7へデータ復元


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6 7

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない