iPhone

iPhone7最新情報 iPhone6とはここが違う!7つの秘密

15
今年の秋に発売されるiPhone7の噂が、あらゆるメディアで報じられています。
iPhone6を更に上回った機種と言うこともあり、まだまだiPhoneの進化は止まらないようです。
ちなみにiPhone6と言えば、たった3日で1300万台もの台数を売り上げた実績を誇る機種!
そんな機種が更にグレードアップした機種とは一体・・・。
今回は、新作iPhone7の噂をもとにした7つの秘密をご紹介していきます。

秘密1.薄い

iPhone6と言えば、ワイド画面と薄さが自慢の機種でした。
最初はその薄さのおかげで、逆に使いにくさを感じるなんて言われていましたが、iPhone6の薄さに慣れてしまうと、これ以上分厚い機種を持つなんて考えられないと思ってしまいますよね。
人間って不思議なものです。
ちなみに今回の機種iPhone7は、なんとiPhone6を更に1mmも薄くした、とにかく薄さが自慢の機種になっているようです。
iPhone6は画面が大きいことにより、女性や手の小さな人には大きすぎるスマホでしたが、ほんのわずかであっても極薄になってくれたことで、使いやすさは倍増するかもしれませんね。

秘密2.軽い

iphone-563072_640
iPhone6と言えば、その軽さも自慢の機種です。
ワイド画面になったにも関わらず、iPhone5とほとんど重量が変わらないことで、手に持った時に『えっ!軽い』と思ったはずです。
ちなみにiPhone6の重量は、12.9gでした。
今回はiPhone7の重量は13gと0.1g重くなるとは言われていますが、これは後々ご紹介する新機能が搭載されてのこと!
新機能が搭載されたにも関わらず、これだけの重量におさまっているのですから、大変軽量モデルと言えることでしょう。
長時間スマホを使用していても手が疲れない。
これがiPhone7なのですね。

秘密3.ヘッドホン端子さす部分がなくなる

iPhone6では下部にヘッドホン端子さす部分がありました。しかし、今回からはヘッドホン端子さす部分がなくなるそうです。
そこで活躍するのは、無線ヘッドホン!
今まで無線のヘッドホンを使用するのには、ヘッドホンをなくしてしまうかもしれないことで、少し抵抗があった人もいるかもしれません。
しかし、これからはBluetoothで電波を飛ばして音楽を聞くことになるので、割り切って使用することができるのではないでしょうか?
ちなみに無線ヘッドホンを使用することになれば、今まで鞄やポケットから出ていた線がなくなることで、あらゆるシーンで快適な音楽ライフを楽しめるようになりそうです。

秘密4.ホームボタンが埋め込まれている

iphone-6-458150_640
iPhoneのホームボタンは、今まで画面下部にあるボタンを押下するものでした。このホームボタンが急な故障により、触れなくなってしまって困った人はきっといることでしょう。
実際に筆者も、大変困った経験があります。入浴時にスマホを使用する人などは特に、水がホームボタンから侵入することですぐに壊れてしまうんですよね。
しかし、今回のiPhone7からホームボタンは埋め込み式になっているそうです。画面下部にapple社のマークが描かれていて、この部分に触れるだけでホームボタンを押下したことになるんです。
これからはホームボタンの誤動作に悩まずに済むことになりますね。

秘密5.顔認証機能搭載

iPhone7では、セキュリティーレベルを高める目的により、顔認証機能を搭載するそうです。
そういえば指紋認証が搭載されたのも、記憶に新しいことですよね。
指紋認証機能と言えば、指一本でロックを解除できることや、なかなかロックを解除できないことにより人気のセキュリティ機能です。
しかし、長いスマホ歴の中では、大根により指紋認証ロックを解除されたということがあったそうで、TVでも話題となっていました。
なかなか解除できない認証方法ですが、一度解除されてしまうともうそれ以上は認証レベルを高めることができないのが、指紋認証機能です。その為、新たに顔認証機能が搭載されるんですね。
ちなみに顔認証機能は、顔の似ている双子がロックを解除しようとしても開けることができないほど、精度の高いものなのです。
iPhoneに記録されているデータは数知れず。そんなデータを、更なるセキュリティレベルの強化により、iPhone7が守ってくれるのです。

秘密6.消費電力を30%削減

iphone-773355_640
iPhone7は、iPhone6よりも30%もの消費電力削減に成功したという噂が広がっています。
正直なところiPhone6は、スマホ本体の電気を暗めに設定したりしていなければ、すぐに電池はなくなってしまいます。
こくこくとなくなる電池を見ると、高額な機種なのになんだか残念だなと思ってしまうほどです。
しかし次回の機種はiPhone6の70%の電力量で維持できるのですから、バッテリーの持ちの良さにも期待が持てるというわけです。

秘密7.防水機能を搭載

既にお気づきの方もいるかもしれませんが、iPhone7でイヤホンジャックやホームボタンが埋め込まれたのは、防水機能を搭載したからです。
やっと念願の防水機能が搭載されたような噂があります。
iPhone7から搭載されるのかは定かではないのですが、防水機能による特許を取得したのは間違いないようなのです。
しかし、イヤホンジャックまでなくなるのですから、高い確率で防水機能は搭載されていると考えることができるでしょう。
今までiPhone6を水辺で使用する時に、専用ケースに入れて使用していた人は、その様なわずらわしさが全て取り除かれることになるのです。
来年の夏にでもなれば、『プールや海水浴のお供にiPhoneを』なんてことにもなるかもしれませんね。

まとめ

iPhone7は、iPhoneに欲しいと長年願い続けたスペックが搭載されているとの情報が多数!
3日で1,300万台のiPhone6を、はるかに上回る人気になりそうです。
では今回の『iPhone7最新情報 iPhone6とはここが違う!7つの秘密』について、振り返ってみましょう。
・秘密1.薄い
・秘密2.軽い
・秘密3.ヘッドホン端子さす部分がなくなる
・秘密4.ホームボタンが埋め込まれている
・秘密5.顔認証機能搭載
・秘密6.消費電力を30%削減
・秘密7.防水機能を搭載
以上の7つでした。ちなみに今回の情報は冒頭でも記載した通り、まだ噂段階の情報です。
実際に手にした時には、考えていた機種とは少し異なることもありえます。しかし、新しいiPhoneに対する期待は膨らむばかりですね。
iPhoneデビューをしようかどうか考えるのであれば、防水機能なども搭載される予定のiPhone7からのデビューが良いかもしれませんね。

関連記事

iPhoneSEの料金と価格・スペックまとめ
どっちがいい?iPhoneSEとiPhone6sの違い4選
新型のiPhone7新作のiPhone6sが今年9月に発売予定?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧