iPhone

SIMフリーってなに?iPhone6sが安く使える3つの理由

「SIMフリー」という言葉を聞いたことはありますか?
最近良く耳にするけど、どういう意味なのかわからない、という方が殆どだと思います。
まずざっくりと結論からお伝致しましょう。今docomo、au、Softbankの三大キャリアでiPhoneを使っていらっしゃる方は、SIMフリーのiPhone6sに切り替えれば携帯代が2年間で約4万円お安くなります。
この記事ではどうしてそんなに安くなるのか、その理由を3つの理由に分けて解説致します。

はじめに ~そもそも、SIMフリーとは?~

sim
具体的な解説に入る前に、SIMフリーとはそもそも何なのかを簡単に説明します。
まず、携帯電話という機械は本体(iPhoneとかXperiaの事です)にSIMカードという小さなチップを挿入する事で通話やインターネットが行えるようになっています。
SIMカードは携帯電話を契約した時点でキャリアからレンタルされます。例えばauで契約した場合はauの回線で通信が行えるSIMカードが貸与される、といった具合です。
各社で販売されている携帯電話本体には、自社以外のSIMカードを挿入しても通信が出来ないよう「SIMロック」と呼ばれる制限がかかっています。
SIMフリーとはこのSIMロックがかかっていない携帯電話の事です。つまり、SIMフリーの携帯電話ならどの会社のSIMカードを挿入しても通信が行える、というわけです。

SIMフリーiPhone6sが安く利用できる理由

iphone-1032778_640
SIMフリーに関する解説は以上です。ここからはどうしてSIMフリーだとiPhone6sが安く利用出来るのか、その具体的な理由を見ていきましょう。
SIMフリーの利点は契約する通信会社を自由に選べる事です。月々の料金を安くするためには、まずこの通信会社を、docomo等のキャリアではなくMVNO(格安SIMといった方が分かり易いかもしれません)を選択します。
それでは、次の項から具体的にキャリアとMVNOの料金を比較して行きましょう。MVNOは今回nifty社が提供するnifmoを比較対象としました。

理由その1.基本料金が安い

auの基本料金

  • LTEプラン(au同士のみ9時~21時間通話無料):934円
  • スーパーカケホ(5分以内通話無料):1700円
  • カケホ(通話無料):2700円

のいずれかからの選択となります。

nifmoの基本料金

  • 音声通話対応タイプ(通話無料無し):700円
  • nifmoでんわ(通話無料):2000円

の2プランとなっています。
auの方との電話が多い場合や、5分以内の通話が多い場合はauがお得ですが、それ以外の場合ですとnifmoの方がお得、という結果になりました。

理由その2.データ定額サービスが安い

次はデータ定額サービスの料金を比較してみましょう。

auの場合

  • 3GB 4200円
  • 5GB 5000円
  • 10GB 8000円

nifmoの場合

  • 3GB 900円(-3300円)
  • 5GB 1600円(-3400円)
  • 10GB 2800円(-5200円)

ご覧の通り、圧倒的にnifmoの方が安いという結果になりました。
auで3GB使うよりもnifmoで10GB使う方が安いというのは凄いですね。

理由その3.2台持ちが安い

通話はガラケーを使い、iPhone6sはインターネット専用で利用したい。そんな方もいらっしゃると思います。そういった場合でも、iPhone6sはSIMフリーにした方がお安くなります。
以下で料金を比較してみましたのでご一読下さい。なお、条件としてパケット定額サービスは一番小さいものを選択しています。
※auの場合iPhoneをインターネット専用(通話契約無し)で契約する事が不可能でしたので、ここではdocomoとnifmoを比較しています。

docomoで2台持ちをする場合

docomoですと2台持ちの方用に2台でパケット定額の容量をシェアする事が出来る「2台目プラス」という契約がありますのでこれを利用。
・ガラケー(docomo契約・通話用)
カケホーダイプラン:2200円
データSパック(2GB):3500円
・iPhone6s(docomo契約・インターネット専用)
データプラン:1700円
spモード:300円
シェアオプション料金:500円
=合計8200円

docomo+nifmoで2台持ちする場合

docomoで通話用のガラケーを契約し、nifmoでインターネット専用のSIMを契約してSIMフリーのiPhone6sで利用します。
・ガラケー(docomo契約・通話用)
カケホーダイプラン:2200円
・iPhone6s(nifmo契約・インターネット専用)
3GBプラン:900円
=合計3100円
何と5100円もnifmoの方が安いという結果になりました。
というわけで、もし2台目としてiPhone6sの購入を検討されているのであれば、断然SIMフリーでの購入がおすすめです。現在の携帯代+900円でiPhoneが利用出来ますよ。

SIMフリーiPhone6s利用とキャリア契約の料金比較

girl-925284_640
それでは実際にauとnifmoで、2年間iPhone6sを利用するとどれ位料金に差が出るのか比較してみましょう。
今回は
1. 通話無料プラン利用
2. データ量は5GB
3. 機種はiPhone6s 16GB
という条件で比較します。

auの場合

利用料金
カケホ:2700円
LTE NET:300円
データ定額(5):5000円
=8320円(税込)/月→2年で199680円
機種代金:実質負担金25800円(税込)(分割の場合1075円×24回)
総額:199680+25800=[225480円]

nifmoの場合

基本料金:700円
nifmoでんわ:1300円
5GBプラン:1600円
3888円(税込)/月→2年で93312円
機種代金:85104円(税込)(分割の場合初月4604円、以降23か月は3500円)
総額:93312+85104=[178416円]
差額:[225480(au)]-[178416(nifmo)]=【47064円】
SIMフリーでiPhone6sを利用すると、何と2年間で47064円もお得になるという結果が出ました。
ちなみに機種代金の支払いが終わった後も利用し続ける場合は1年で53184円もnifmoの方がお得になります。

まとめ

いかがでしたか?
このように、SIMフリーと格安SIMを組み合わせれば、今まで高いと思っていたスマホの料金をグッと安く抑える事が出来ます。
iPhone6sの購入を検討されているのであれば、是非お得なSIMフリー版の利用を考えてみては如何でしょうか。

関連記事

こんなにお得!iPhone6sSIMフリー超お得情報!
iPhone6sをSIMフリーで使いたい!絶対得する秘密とは?
SIMフリーのiPhone6sを毎月5000円以内で運用する方法
iPhone6sのSIMフリー版が発売!格安SIMでお得に使える

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧