iPhone

最安値は?iPhone6s SIMフリー各社同等プランで月額料比べ

Simフリー版があるiphone6s。
キャリアでの契約より断然お得になるようです。
どれくらいお得になるのか比較しながら検討してみましょう。

SIMフリーとは?

iphone
携帯電話にはsimカードが入っています。これにより回線がつながって携帯電話でインターネットや通話ができるものです。
Simロックがかかっているのが一般的で、これはドコモの機種であればドコモの回線しか使えないようになっている仕組みです。
また、simロックと対比するのがsimフリーで、これはどこのsimカードでも使うことができるようになっています。
ただし、simカードにも種類があり、主にドコモの機種に対応しているドコモ系や、ソフトバンクの機種に対応しているソフトバンク系があります。これは回線が元々どのキャリアの回線に依存しているかによって決まります。
最近ではsimカードの販売のみ扱う会社が出てきて、simフリーの端末に購入したsimカードを挿入するといろいろな回線がひけるようになりました。
格安simと呼ばれるように、simカードのみを契約して好きな携帯電話の端末に入れて使うと月額料金がおさえられることが多いようです。
Simフリーの端末を購入してsimカードのみを契約する方法と、一度simロックのかかっている端末を購入し、キャリアのお店でsimロックの解除をしてもらい格安simを契約して回線をつなぐという方法があります。

SIMフリーのメリット

21
 
Simフリーのメリットは、なんと言っても価格が抑えられることと、自分に最適なプランを選べることです。
iphone6sにもsimフリーの機種があります。
これはiphoneの端末を購入したキャリアの会社には機種代金のみを支払って、毎月の通信料はsimカードを提供している会社に支払うということになります。

iphone6s SIMフリーの各社月額料比較

2
iphone6sを購入してドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアで使った時には大きな差はみられないようです。これに比べて、格段に安くなるのがsimフリー版の購入と格安simの使用です。
格安simにはいくつか種類があり、ドコモ系・au系などに分かれています。これは元となる回線に依存するため、相性のいい格安simを使用したほうが使いやすいようです。
Simフリー版いiphoneは一見機種代金が高く見えますが、(8万円台~)格安simと組み合わせて2年間使うと、3万円以上とかなりお得になるようです。
参照:『engadget』 iPhone 6s/6s Plusの通信料金はSIMフリー版&MVNOの組み合わせが最安! SIMフリー版と3キャリアの料金比較

格安SIMの種類

1

・DMM

ほとんどのMVNOはドコモ系です。そのためドコモの回線に依存している部分が多いです。iphoneで使える格安simとしておすすめなのがDMMです。
DMMは、ドコモの機種であればMNPを使用することですぐに使うことができます。業界でも最高水準の安価です。
これは通信をあまり使わない人にもおすすめすることができます。最小の契約可能データ量は1Gからで、「データ通信1GBプラス音声通話」を契約すると、月々1260円で使うことができます。
また、データをたくさん使用する方にはさらにおすすめで、データ10Gプラス音声通話で月々2950円となります。
普段は使わないけど、たくさん使ってしまった月は「追加チャージ」が利用できます。追加チャージは100Mbから対応しています。
ちなみに対応エリア・通信速度はドコモのXiと同等です。通信機能が優れている格安simとそうでないものがありますが、dmmモバイルの通信速度は比較的速く、安定しているようです。

・Nifmo

この回線は他回線より圧倒的にスピードが速いことが特徴です。ドコモの回線の中では最も安定しているともいえます。
例えばデータ通信料3Gの場合1600円から使うことができます。
キャンペーンによってキャッシュバックももらうことができます。
ただしnifmoはほかの格安simと比べると少し値段が高いようです。

・U-mobile

これはヘビーユーザーにとっては大変お得で、3G・5Gのほかに「LTE使い放題」というプランがあります。
LTEが使い放題で音声通話もついて2730円からと大変お得です。ただし通信速度は比較すると少し不安定なようです。
LTEが使い放題ということはかなり重い通信も気にせず使うことができます。
動画再生やゲームなどを多く使用する方にはおすすめすることができます。

・au系格安SIM

Auのiphoneでも格安simを使うことができますが、ドコモに比べると多少使いづらいこともあるようです。au系の格安simはmineoとUQmobileです。
Au系の格安simの取り扱いは少なく、この理由としてはauの端末の多くがsimフリーに対応していないことも原因のようです。
Auのsimフリーの機種では基本的に通信はできますが通話はできないようです。その反面、通信に関してはかなり安定しているようです。
Au系のsimはiphoneとの相性はあまり良くないようです。このため、simフリーのiphoneに対してはドコモ系の格安simを使ったほうが無難なようです。

まとめ

全体的にキャリアでiphone6sを使用するより、simフリーの端末を購入して格安simを用いるのがお得と言えます。
キャリアで使用するということには安心感がありますが、一度格安simを試してみてもいいかもしれません。
Simフリーの端末や格安simがだんだん定着してきているので、将来的にはsimフリー端末や格安simが主流になっていくとも考えられます。

関連記事

こんなにお得!iPhone6sSIMフリー超お得情報!
iPhone6sをSIMフリーで使いたい!絶対得する秘密とは?
SIMフリーのiPhone6sを毎月5000円以内で運用する方法
iPhone6sのSIMフリー版が発売!格安SIMでお得に使える

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧