iPhone

こんなにお得!iPhone6sSIMフリー超お得情報!

数多くあるスマートフォンのなかでも、トップシェアを誇る人気のスマートフォン・iPhoneは発売当初のiPhone3Gから新作のiPhone6sまで常に高い評価とシェアを占めてきております。
その数値は、Androidからさまざまなメーカーからのスマートフォンが非常に数多くあるにもかかわらず、おおよそ7割ものシェアを占めております。つまり、10人に7人はiPhoneを支持しているということです。
また2015年9月に発売されたiPhone6sにおいては販売台数も1,000万台を優に超えており、その数値がiPhone6sの支持率の高さを語っております。
しかし、スマートフォン業界ではさまざまな高スペックなスマートフォンが名をあげている反面で、安さに特化した格安を謳った隔週SIMによるSIMフリーが話題を集めております。
そのため、今回は人気のiPhone6sと安さを売りにしているSIMフリーとを絡めてお話をしていきます。
iPhone6sをSIMフリーにてお使いになりたいと考えられていらっしゃる方にはおすすめのお得情報です。
 

iPhone6sをSIMフリーでお得に使おう!SIM情報をゲット!!

apple-inc-508812_640
SIMフリーで使えるiPhone6sは、Apple Storeでご購入することができます。実は、これご存知でない方が多いのです。
近ごろは、格安SIMやSIMフリーのスマートフォンという単語を目にすることが増えてきております。
そもそも格安SIMとは、さまざまな企業が大手通信キャリアであるdocomoやauの回線を借りて提供する、大幅に安い通信料金でスマートフォンを使用することのできる通信契約のことを称しております。
近年ではこうした格安SIMを自由自在に使えるスマートフォン、つまりSIMフリーのスマートフォンの販売も増えてきており、スマートフォンに慣れた人だけでなく、低価格でお気に入りのスマートフォンを持ちたい利用者の注目も集めつつあるのです。
そのため、気になるのは、人気スマートフォンであるiPhone6やiPhone6sも格安SIMで安く利用できるのかという点です。
一番シンプルな使い方といたしましては、先ほどもご説明したとおり日本のApple Storeで販売されているSIMフリー版のiPhone6やiPhone6sを購入する方法です。
オンラインのApple Storeのほか、実店舗のApple Storeでも販売されておりますので、これを使えば格安SIMを利用できるほか、海外で現地の通信事業者と契約したSIMも利用することができます。
しかし、格安SIMならば確実にiPhone6やiPhone6sを安く利用できるのかというと、そう単純なことではありません。
なぜならば、ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、docomoやau、SoftBankにとってもiPhoneは主力の製品です。2年契約の利用者には大幅な割引きや特典サービスを加えてiPhoneを販売しているためです。
そのため、iPhoneと格安SIMを組み合わせて使う方法と、docomoやau、SoftBankの利用者が、iPhone6やiPhone6sと格安SIMの組み合わせを選ぶとどれだけ得するのかをしっかりと把握しておく必要があります。

SIMフリーで使うためのiPhone6sの本体価格は高い?!

それでは、iPhone6sをSIMフリーで使うことが本当にお得であるのか、情報をチェックしていきましょう。
まず、前提として知っておくべきことはSIMフリーによるiPhone6sの本体価格は、おおよそ10万円台からとやや高い設定がなされていることです。
格安SIMでiPhone6やiPhone6sを使うために必要な情報や、メリットとデメリットなどさまざまな情報をチェックしてみましょう。
iPhone6sを格安SIMで利用するには、AppleがApple Storeで販売するSIMフリー版のiPhone6sのご購入が必要となること。
また、格安SIMだけでなく海外で現地の通信事業者のSIMも利用できるのはメリットであり、海外でも使う機会がある方には非常におすすめだということです。
また、もっと安く手に入れたいならば、docomoとご契約して購入したdocomo版のiPhone6やiPhone6sを中古で入手するという手段もあります。
docomo版のiPhone6sなら、docomoの回線を借りてサービスを提供しているIIJmioやぷらら、DMM mobile、U-mobileなどの格安SIMに限り利用可能だからです。
しかし、中古品はまだ数が出回っていないですし、おおむね6万円以上の価格で販売されていることもあります。
また、AppleCare+などの保証に加入できないほか、オークションなどでは元の持ち主の契約上の問題などで動作しないものが流通している可能性もあります。
もし、中古品の購入を検討しているなら、そういったリスクを考慮したうえで、信頼できる中古専門店で購入することをおすすめいたします。

お得なSIMフリーiPhone6sの料金をチェック!

iphone6s
つづきましては、SIMフリーによるiPhone6sの料金についてチェックしていきましょう。
格安SIMは、さまざまな通信会社から多彩な料金プランが提供されておりますが、今回は、標準的な格安SIMの代表として

  • IIJの「mio高速モバイル/D」
  • データ通信が使い放題の料金プランを選べるU-NEXTの「U-mobile」
  • 使用したデータ通信量に応じて月額料金が変わる段階制プランを提供するプラスワンマーケティングの「FREETEL SIM」

からご紹介していきましょう。
まず、「mio高速モバイル/D」の「ミニマムスタートプラン」から。
ミニマムスタートプランは、月額料金1,600円で毎月3GBまで高速データ通信が利用することができます。格安SIMのなかでは、比較的標準的な料金プランでしょう。
通話料金は、30秒当たり20円の従量制となっております。最も安いiPhone6s16GBモデルと組み合わせた場合のコストは、5,217円で、最も高いiPhone6s Plus 128GBモデルでは、6,717円となっております。
つづきまして「U-mobile」の「通話プラス LTE 使い放題2」は、月額2,730円で高速通信が使い放題になる料金プランです。
短期間で極端に大量の通信を行うと通信速度を制限される場合もありますが、一般的な使い方の範囲であれば、データ容量を気にしなくていいので使い勝手が比較的良くておすすめです。
iPhone6s 16GBモデルにおけるコストは、毎月6,347円で、iPhone6s Plus 128GBモデルでは、7,847円もなります。なお、通話料金は30秒当たり20円の従量制となっております。
つづきまして「FREETEL SIM」の料金プランは、毎月のデータ通信量によって月額料金が多段階に変動する「使った分だけ安心プラン」のみとなります。
使用した通信量が100MBまでは999円と非常に安く、以後1GBまでは1,199円、3GBまでは1,600円、5GBまでは2,220円、8GBまでは2,840円と料金が少しずつ上がっていく料金方式を採用しております。
データ容量の上限である10GBまでは3,170円で、10GBを超えると通信速度が低速の200kbpsに制限されます。
毎月のコストは、iPhone6s 16GBモデルが4,616から6,787円、iPhone6s Plus 128GBモデルでは、6,116から8,287円となっております。
格安SIMは通話料金こそ従量制ですが、データ通信に対しては多彩な料金プランが用意されております。
大手携帯電話の通信キャリアでは選べなくなってしまった使い放題プランもありますし、段階制のプランならば通信をあまり使わなかった月は料金も安く済むでしょう。
同じ月間データ容量に対する月額料金が大手携帯電話通信キャリアの料金プランよりも安いので、初期投資額が高いSIMフリーのiPhoneを選んだ場合でも毎月のコストは安くなります。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、SIMフリーにてiPhone6sをお使いになられるうえで知っておくべきお得となる情報をご紹介してきました。
SIMフリーでiPhone6sを使うことが、どう安くなるのか、何が良いのか少しお分かりいただけたでしょうか。
ぜひともiPhone6sをSIMフリーにてスマホを安く運用しましょう。

関連記事

iPhone6sをSIMフリーで使いたい!絶対得する秘密とは?
SIMフリーのiPhone6sを毎月5000円以内で運用する方法
iPhone6sのSIMフリー版が発売!格安SIMでお得に使える
SIMフリー版iPhone6sの価格が3キャリアの物より高い理由

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧