iPhone

iPhone6s完全攻略!これで解決データ移行のポイント5選

iPhoneは新たなスタイルで進化して発売していくものです。どんどん使う上での機能性などレベルアップしていくのですが、その度に困るのがデータ移行ですね。
iPhoneユーザーが新たにiPhone6やiPhone6sに買い替える場合もありますが、それより厄介なのは、アンドロイドユーザーがiPhoneへ買い替える場合ですね!
私は以前にアンドロイドを利用していました。そしてiPhone5が登場したときにiPhone5に移行することを決意したのです。
しかしながら、その方法が分からないままやってしまい、データが一部消えたり手続きも全くスムーズにいかず、非常に無駄な時間を費やしてしまったのです。
しかし、方法をしっかりと理解したという友人は簡単にデータ移行をしたというのです。時間をかけるにかけた自分が情けなくなりましたね。
皆さんももしiPhoneへデータ移行するという際は、ポイントをしっかりと抑えておきましょう!今回はそんなiPhoneへのデータ移行のポイントをご紹介していきます!

iTunesでiPhoneからiPhone6sへ簡単データ移行

apple-691471_640
まず初めに、iPhoneからiPhone6sへデータ移行をしたいという方へ簡単にその方法をご紹介しておきましょう。

1. iTunesを開く

まずは、PCにあるiTunesを開きましょう。もしも、iTunesがないという場合であればインストールをしておきましょう。

2. PCとiPhoneを接続

次に、お手持ちのiPhone(iOS)をPCとUSBにて接続しましょう。すると、画面にお手持ちのiOSが表示されます。

3. バックアップを取得する

そうすると、画面下の方にバックアップを保存するというボタンがあります。そこをクリックすると、バックアップデータというものがPC内に保存されるのです。

4. 新たなiPhoneへデータ移行を行う

例としていうのであれば新たにiPhone6sへ買い替えたというのであれば、iPhone6sをPCと接続し、バックアップデータを移行するのです。
※この時注意しなければならないのは、アプリのデータは残らないということです。アプリ内のIDなどをメモしておかなければ、データは完全に消えてしまうのでご注意ください。(GameCenterにログインしている場合、GameCenterと連動しているアプリは別です)

電話帳データは忘れず移行!

アンドロイドからiPhoneへのデータ移行で意外にも簡単に出来るのがこの電話帳データの移行なのです。
方法としては二つあります。
・Googleアカウント連携による方法
・ファイルにまとめてクラウドストレージかメールによって移行する方法
前提として言えるのはGoogleアカウントがあり、同期させていたという方であれば確実に前者を利用するのが簡単だと言えるわけです。
やり方としては、設定アプリを開き、「メール/連絡先/カレンダー」から「アカウントを追加」を選択し、Googleアカウントによってログインするだけです。
すると、iPhoneへと電話帳データがコピーされますのでそれで完了となります。
もう一つのファイルにまとめる方法ですが、電話帳からのエクスポートが一般的な方法になります。
電話帳からSDカードへデータをエクスポートし、そのSDカードをカードリーダーにてPCに読み込ませた後は、そのデータをメールでiPhoneへ送信します。
受信したファイルよりコピーを完了させれば終了となります。こちらの方法は、Googleアカウント連携よりもややこしいと感じる方がおられますので前者をお勧めいたします。

写真データの移行

10
忘れがちですが、忘れてしまっては思い出がパーになってしまうこの写真データの移行ですが、iTunesを利用して簡単にデータ移行が可能です。
まずはPC内に好きなフォルダを作成しておきましょう。そしてそこにSDカードのデータをコピーした後は、iTunesに接続したお手持ちのiPhoneへ同期すれば簡単に写真データを送ることが出来ます。
ここで言えることはiPhoneを使いこなすうえでは、iTunesは必須となってくるということですね。

ラインのデータは引継ぎを忘れずに!

LINE
アンドロイドユーザーがiOSユーザーへと移行したときに毎回困ってしまうのがラインのアカウントにログイン出来ないという事例です。
これは出来ないのではなく、していないのです。
要は、自分で事前に準備さえしていれば簡単にログイン出来るということなのです。というのも、今はラインの設定画面からアカウント引継ぎが出来るのです。
アカウント引継ぎを行うとそれから24時間以内は、他の端末にラインの引継ぎが可能になります。しかしここで大事なことは、それが必要な場合以外は行わないということです。絶対に守ってくださいね!

まとめ

いかがでしたか?
大切なポイントとしては一つ目は、大事な人たちの連絡先や思い出を絶対に失わないようにしてほしいということです。記憶は残りますが、記録は消えれば戻ってきません。残せる記録は逃さずに残しておくようにしましょう。
そしてもう一つは、アプリなどの今まで積み上げてきたものを捨ててしまうことのないようにしましょう。自分から捨ててはないといっても、引継ぎが出来ていなければ、それは捨てたと同じ事になってしまいます。
確実に残し、引継ぎ楽しんでいってほしいと思います。
是非、今回のまとめを参考にiPhone6sにデータ移行を行いましょう!

関連記事

【iPhone機種変更】よく耳にするデータ移行トラブル上位3位
面倒なiPhoneデータ移行がラクラク!簡単な方法3選
iPhoneへのデータ移行はご注意!機種変更前にしておく事

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧