iPhone

もう通常のiPhone6sに戻れない?業界騒然の「脱獄」とは

アップル社が2015年9月に発売した、iPhone6s。
主要キャリアと言われている、ソフトバンク、au、ドコモの3社すべてから発売が開始されました。
さらには、アップルストアからSIMフリーモデルも発売されており、ますます人気が高まっています。
シンプルでありながら、高機能なiPhone6s。シリーズで根強いファンも多いです。
しかし日本で使うには、何かと制限がある場合も。そんな中で、注目されているのが脱獄という方法。
iPhone6sを脱獄で使う事で、どういったメリットがあるのでしょうか。
 

iPhoneの脱獄とは

55
iPhone6sの脱獄とは、いったいどういった事を指すのでしょうか。
脱獄は、JailBreakと言われています。脱獄する事で、アップルの許可を受けていない非公式アプリの動作を可能にする事ができるのです。
通常のiPhone6sでは、iOSデバイスにインストール可能なアプリはAppleStoreにあるものだけ。
しかし特定のツールを利用して、制限を開放。これでiPhone6sが脱獄された状態になり、さまざまなアプリなどがインストール可能になります。

違法性はないのか

iPhone6sは、日本人が一番使っていると言えるほど。しかし脱獄している人は少ないです。脱獄に不安を抱いているのは、日本人だけとも言えるかもしれません。
iPhone6sを脱獄することが、違法にならないか不安に思う人も多いのではないでしょうか。
違反行為ではあるものの、日本国内の場合は脱獄という行為時代に違法性はないといわれています。日本ではいわゆる、グレーゾーン。
しかし、AppleStoreにある、有料のアプリを無料で手に入れるようにできているものがある、海賊版などには充分な注意が必要です。これは違法になってしまいます。

脱獄をするメリットとは

iPhone6sの脱獄には、多くのメリットが。一度、脱獄して使うともう脱獄なしではiPhoneを利用できないという人もいるほどです。
iPhone6sを脱獄して利用した場合、アイコンのデザインや大きさの変更が可能です。ホーム画面やロック画面に天気や時計といったウィジェットなどを配置できます。またロック画面やホーム画面などのデザインの変更も可能です。
さらに、iPhone6sのマルチタスクを一括終了。アプリごとにパスコードロックを付けたり、デバイス内部のファイルなどを変更・削除が可能。
カメラのシャッター音を向こうにしたり、スクロールの高速化。さらにはメール印象の非表示や、ポップアップでの返信などiPhone6sを自分が使いやすいようにカスタマイズが可能です。
それでいてセキュリティも向上するので安心して利用出来ます。

デメリットも理解しておく

メリットがたくさんある、iPhone6sの脱獄。
しかしデメリットがもちろんある事を理解して、それを解決する手段を確保しておく事が大切です。
脱獄している状態なので、アップルのサポートを受ける事はできません。サポートセンターなどもないので、トラブルの際は自分で対応しなければいけません。
また脱獄時に誤った方法だと、デバイスの動きが重たくなったり、セキュリティが低下してしまう可能性もあります。なので、自身できちんと脱獄時の注意点を調べておく事が大切です。

脱獄の流れは

56
メリットとデメリットをきちんと理解したら、iPhone6sの脱獄の流れを理解しましょう。
まずは自分の環境に合う脱獄ツールは何かを調べ、パソコンでダウンロードします。このツールを使って、iPhone6sの脱獄を行います。
脱獄が完了したら、iPhone6s内にCydiaというアプリがインストールされます。ここから好きなアプリなどをインストール可能です。
脱獄の手順そのものは、とても簡単。しかしツールには多くの種類があるので、きちんと対応しているものを選びましょう。
Cydiaにリポジトリと呼ばれるダウンロード先を追加すれば、標準でCydiaに入っている脱獄アプリ以外のものもインストール可能です。
また一度脱獄したiPhone6sも、復元すれば脱獄状態が解除できるので安心です。

脱獄前にやっておくべき事

脱獄をする前に、どういった事をしておくと安心なのでしょうか。
iPhone6sの脱獄は、自己責任。まだまだiPhone6sの初心者であれば、むしろやめておいた方が良いと言う意見も多いです。
脱獄の初心者の場合は、きちんと事前準備をしておく必要があります。
脱獄アプリを入れる前に、自分の環境に対応しているかをチェックする必要があります。そのため、iPhone6sのデバイスやiOSのバージョンを理解しておく事が大切。そして常日頃、バックアップを取る習慣を身に付けておきましょう。
またiPhone6sを脱獄した場合、一切機能しなくなってしまう可能性もあると言われています。
文鎮化と言われるこの事態は、復元をすると高い確率で復活するそうです。復元する為にも、バックアップがいかに重要かが分かるのでは。

知識を付けてから脱獄をする

iPhone6sの脱獄をするうえで大切なのは、知識です。万が一発生したトラブルに対応できる知識があると安心です。
ネットで調べると、脱獄を経験した人がどいうったトラブルに合ったのか、またどういった手段で解決したのかを知る事が出来ると思います。
脱獄は、自己責任。そう言われると、とても危険な事のように感じる人も多いはず。
もちろんデメリットもありますが、使い方によっては大きなメリットがある事も間違いありません。
iPhone6sをより便利にするために、脱獄をしてみるのも選択肢の1つではないでしょうか。

関連記事

5分で分かる!iPhone6sのリアルレビュー総まとめ
【iPhone6sの辛口レビューと評価】使ってみて分かった4つのこと
iPhone6sを徹底解析!ユーザーのレビューは高評価か低評価か
必見!3分で分かる!いざという時のfind my iPhoneの使い方

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧