iPhone

9つ以上の特典で一見快適?でも落とし穴満載のiPhone6s脱獄

iPhone6sを利用されている方の中には「Jailbrake」(ジェイルブレイク)あるいは「脱獄」という言葉を聞いた事があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
よく「脱獄してiPhoneが使いやすくなった」という内容の情報を目にするため、気になっている方もいらっしゃるかと思います。
一定の手順を踏むことで誰でもできるiPhone6sの脱獄ですが、その行為自体が良いことなのか悪いことなのか不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは脱獄でiPhone6sが快適になる特典9つと、脱獄の落とし穴について紹介しています。
iPhone6sを使っていて「Jailbrake」または「脱獄」が気になっているという方はここでお伝えする内容を参考に脱獄するかどうかを検討していただけたらと思います。

脱獄とは

Jail
iPhone6sの脱獄ですがJailbrakeともよばれています。Jailとは刑務所を表しており、Jailbrakeとは脱獄という意味になります。
ではなぜ脱獄と呼ばれるかですが、iPhoneはAndroidに比較するとアプリやユーザーが手を加えられる部分が制限されています。そのためiPhoneはAndroidに比較するとカスタマイズ性の面で劣っているとされています。
その固く制限された状態が刑務所に例えられ、この刑務所のような制限の壁を超えて、標準機能では変更できない項目を自由に変更したり、AppStoreには存在していないアプリを利用できたりするようにiPhoneに変更を加え、自由になれる状態を脱獄と呼んでいます。

iPhone6sを脱獄する特典とは

iphone
脱獄がどのようなものであるのかお伝えしましたが、脱獄することにより具体的にどのような特典があるかということが、最も気になる部分だと思います。
iPhone6sを脱獄することによって得られる特典9つを以下で紹介します。

ホーム画面のカスタマイズができる

通常iPhoneのホーム画面は壁紙を変更できる程度で他の項目を変更することはできません。
しかし脱獄することによりホーム画面のアイコンなどを自由にカスタマイズすることが可能になります。

カメラアプリのシャッター音を消す

iPhone6sのカメラは撮影時に必ずシャッター音が鳴る設定になっており、シャッター音を消したり音を小さくするなどの設定はできません。
しかし、脱獄をすることによりシャッター音を消すことが可能になります。
これで、小さなお子さんが寝ている時の写真を撮影したい時もスクリーンショットを撮るときに周囲に気まずい思いをせずに済みます。

テザリング機能を利用する

iPhone5s以降のiPhoneはテザリングに対応しているため、あまりメリットが無いように思えますが、キャリアで購入したiPhoneの場合、テザリングの利用に際して申し込みが必要な場合があります。
しかし、脱獄することにより、申し込みをしていないiPhone6sであってもテザリングが利用可能になります。
しかし、パケット定額の範囲内となるかは不明なため利用する場合には事前に調査をすることをお勧めします。

SIMロックを解除できる

通常キャリアからiPhone6sを購入した場合には、購入したキャリア以外のSIMカードが使えないようにSIMロックがかけられています。
このSIMロックも脱獄することで解除することができてしまいます。

アプリ起動時のアニメーションを高速に

iPhone6sてアプリを起動したり終了したりする場合には、なめらかなアニメーションでスムーズに切り替わるようになっています。
しかし、セッカチな方の場合にはこれらのアニメーション動作も煩わしく思えることでしょう。
脱獄するとこれらのアニメーションもカットしてアイコンをタップしたら瞬時にアプリが起動するように変更を加えることも可能になります。

画面の向きを任意の方向に回転できる

通常iPhone6sの画面の方向を変えたい時には、画面の回転ロックを解除してiPhone本体を傾ける動作が必要になりますが、脱獄をすることでジェスチャー操作で好きな方向に画面を回転させることが可能になります。

ジェスチャーで操作が可能になる

iPhone6sでアプリの起動など、特定の機能を呼び出すためにはホーム画面からアイコンをタップするという動作が必要になります。
一部通知センターから起動できるものもありますが、通知センターを呼び出してからアプリを起動するという2つのアクションが必要になります。
しかし、脱獄をすることにより、画面上の任意の場所をタップあるいはスワイプ操作をすることにより特定のアプリや機能を呼び出すことが可能になります。
エミュレータを使うことができる パソコンではゲーム専用機のエミュレータを利用して、自身で吸い出したゲームソフトをパソコンで楽しむという使い方をされている方もいらっしゃいます。
通常iPhone6sではこのようなエミュレータをインストールすることはできませんが、脱獄することによりゲーム専用機のエミュレータソフトをインストールすることが可能になります。

Androidを実行できる

iPhoneには通常はiOS以外のOSをインストールすることはできません。
しかし、iPhoneを使っている方でもAndroidのある機能を使いたい、あるいはAndroid特有のアプリを使いたいという方もいらっしゃるかもしれません。
iPhone6sを脱獄することで、iPhoneにAndroidをインストールして利用することも可能になります。

脱獄による落とし穴とは

OK76_iphone6hikusugi20141221141320500
iPhne6sを脱獄することによるメリットを見てみると、気軽に脱獄してみたくなってしまいますが、脱獄することによる落し穴も存在しています。
以下は脱獄することによるデメリットになります。

セキュリティーが低下する

iPhoneのアプリは通常Appleの審査を通過したもの以外はAppStoreに登録できないため、アプリにウィルスが混入する可能性は低く仮にウィルスが混入したとしても、iPhone自体ががアプリが本体の根幹部分を操作がすることを認めていないため、事実上ウィルスが活動することができないという状況になります。
しかし脱獄することで、未認証のアプリをインストールできることになり、ウィルスへの感染の可能性が高まります。また、iOSによる制限も解除されているためウィルスがより活動しやすい状況になってしまいます。
そのため、ウィルス感染を原因とするiPhone本体内に保存されている個人情報などの流出に繋がる可能性も高くなります。

Appleの保証やサポートの対象外となる

脱獄をするという行為自体、Apple社が認めているものではないため脱獄の過程で操作を失敗してしまったとしても復旧のためのサポートを受けることはできません。
また、最悪の場合、起動すらできない状況に陥ってしまいます。
そのような場合でも保証や修理なども受けることもできなくなるため、全て自己責任で解決する覚悟がなければ脱獄をお勧めすることはできません。

アプリ間の相性問題が発生する場合がある

脱獄アプリは様々なものがあり、追加したい機能を持ったアプリを次々インストールしていくと、iPhoneが正常に起動しない、あるいはクラッシュするなどの問題が発生する場合にがあります。
これはアプリ間の一部機能の競合などによるもので、原因となるアプリを削除しない限り解消しない場合もあります。
そのような状況に陥ったとしても原因を一つひとつ調査して解決する覚悟も必要になってきます。

まとめ

ここまで、iPhone6sを脱獄した場合の特典と落し穴について紹介してきましたが、いかがでしょうか。
脱獄による特典はとても多く、魅力的であるため脱獄をしてみたいとお考えになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、脱獄自体をApple社が認めている行為ではないため、万一失敗してしまった場合にはiPhone6sが台無しになってしまいます。
ここでは脱獄の推奨は致しておりませんが、リスクを冒してまでも自由を手に入れたいという方は、自己責任において脱獄を行っていただきますようお願いいたします。
また、脱獄する場合にはiOSのバージョンごとに手順が若干異なるため注意が必要です。

関連記事

もう通常のiPhone6sに戻れない?業界騒然の「脱獄」とは
5分で分かる!iPhone6sのリアルレビュー総まとめ
【iPhone6sの辛口レビューと評価】使ってみて分かった4つのこと

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧