iPhone

iPhone6sの料金プランで迷った人の3つチェック方法!

「iPhone6sを買いたいけど、料金プランが分かり辛くて何を選べば良いのかわからない。」そう思った事はありませんか?
確かに携帯電話の料金プランは複雑で、パッと見ただけではどれを選んだら良いのか分かり辛くなっています。しかし実は、コツさえ分かればiPhone6sで自分に適した料金プランを選択するのはそう難しくありません。
チェックするポイントは① 通話、② データ量、③ 通話とデータ量の組み合わせのたったの3つだけでOK。それだけで最適なプランが選べます。
それでは早速、自分の利用状況をチェックしながら最適なプランを選んでみましょう。

チェックポイントその1 通話時間

iphone-651349_640
まずは通話のプランから見ていきましょう。
iPhone6sで選べる通話プランは3つ(ドコモは2つ)。自分の通話状況にあったプランを選択しましょう。

1.通話かけ放題プラン

時間、回数共に無制限で通話かけ放題のプラン。
通話する機会の多い方、長時間の通話をする方向けのプラン。料金は各社共通で2700円。
・プラン名
docomo:カケホーダイプラン
au:カケホ
Softbank:スマ放題

2.5分以内通話かけ放題プラン

5分以内の通話であれば回数無制限でかけ放題のプラン。
5分以上の通話は20円/30秒の通話料がかかるので、通話は良く使うけど1回あたりの通話時間が少ない、という方向け。料金は各社1700円。
・プラン名
docomo:カケホーダイライトプラン
au:スーパーカケホ
Softbank:スマ放題ライト

3.通話従量制のプラン

基本料金が安い代わりに、定額通話が無く20円/30秒の通話料金がかかるプラン。
但し同一キャリア内であれば1時~21時は無料で通話出来るので、同一キャリアの方との通話が多い方や、通話が少ない方におすすめです。
料金はau、Softbank共に934円(ドコモでは提供無し)。
このプランの注意点として、データ定額サービスが必ず7GB、5700円のプランで固定される事。よって合計額は934円+5700円=6634円となります。
・プラン名
au:LTEプラン
Softbank:ホワイトプラン
通話プランはこの3つです。
この内3つ目の従量制プランはデータ定額サービスが1つに限定されるので、「自分から発信して通話する事は殆ど無いが、インターネットは多用する」という方以外には適していません。
よって、基本的には通話定額の1か2からプランを選択していけば問題有りません。

チェックポイントその2 データ定額サービス

iphone-830480_640
次にご自身のインターネットの利用量に合わせてデータ定額サービスを選んで行きましょう。
まずは各社が提供するiPhone6s対応のデータ定額サービスの料金を紹介します。

キャリア毎のデータ定額サービス料金

データ量/キャリア docomo au softbank
1GB/なし 2900円 2900円
2GB/3500円 3500円 3500円
3GB/なし 4200円 なし
5GB/5000円 5000円 5000円
8GB/6700円 6700円 6700円
10GB/9500円 8000円 8000円
13GB/なし 9800円 なし
15GB/12500円 なし   12500円
20GB/16000円 なし 16000円
30GB/22500円  なし 22500円
※データ量を追加する場合は各社1000円/1GB
上記を参考に、自分の利用データ量に一番近い定額サービスを選びます。
利用データ量が良くわからない、という場合は各社HPで調べる事が出来ます。方法は以下を参照して下さい。

docomoの場合

1.My docomoを開き、IDとパスワードを入力してログイン
2.「料金の確認・お支払い」をクリック
3.「利用明細・履歴の確認」から「Xiデータ通信量確認(当月ご利用分)」を選択し、
「1ヶ月間の合計通信量」の項目から利用データ量を確認

au

1.auお客さまサポートを開き、IDとパスワードを入力してログイン
2.「今月の通話料・通信料照会ページ」から当月に利用データ量を確認

Softbank

1.My SoftBankを開き、携帯電話番号とパスワードを入力してログイン
2.「データ通信量の管理」の「ご利用状況の確認」を選択し、「基本データ量」と「通信速度低速化までの残りデータ量」の項目を確認して利用データ量を計算
上記の方法で自分が一ヶ月あたりどれ位のデータ量を使うのか確認し、自分の利用状況にあったデータ定額サービスを選択しましょう。
尚、各社とも規定のデータ量を越えると通信速度制限がかかるようになっているので、余裕を持って大きめのプランを選択するのがオススメです。(例:利用量が平均3.5GB程度なら5GBのプランがオススメ)
スマホは使った事が無いから自分がどれ位データを使うかわからない!という方は、まず5GBのプランで契約し、自分の利用量がどれ位か見ながらプランを変更して行くと良いです。

チェックポイントその3 最適な組み合わせを選択する

iphone-518101_1280
それでは最後に、通話プランとデータ定額サービスを組み合わせて自分に最適な組み合わせを選びましょう。但し、組み合わせる際に2つ注意点があります。
1.5分以内通話かけ放題プランの場合選べるデータ定額サービスに制限があります。docomo、Softbankでは2GBのプランが、auでは1GB、2GBのプランが選択出来ません。
2.上にも書きましたが、通話従量制プランの場合データ定額サービスの選択は出来ません。必ず7GB、5700円の定額サービスで固定となります。
それでは、上記の内容を踏まえて自分に最適なプランの組み合わせを考えて行きましょう。
具体的なモデルケースを2つ提示しておきますので参考にしてみて下さい。

・モデルケース1

設定:docomoを利用。通話は毎月10時間以上で長電話も多い。データ利用量は少なく、毎月4GB前後。
選択プラン:カケホーダイプラン+5GB定額サービス(docomoでの名称はデータMパック)
<解説>
通話時間が長いという事でカケホーダイプランを選択。データ定額サービスは余裕を持って5GBのものを選択。

・モデルケース2

設定:Softbankを利用。通話は毎月数分程度。データ利用量は毎月1GBを切る。
選択プラン:スマ放題ライト+1GB定額サービス
<解説>
通話が少ないという事で5分以内通話無料のプランにするか、通話従量制のプランにするかで迷う所。
データ利用量に注目すると1GB利用の未満ということで、
5分以内通話無料プラン→1700円+2900円(1GB定額サービス)=4600円
通話従量制プラン→934円+5700円(7GB定額サービス)=6634円
よって、より料金が安くなる5分以内通話無料プラン選ぶのがベター。

まとめ

如何でしたでしょうか?
iPhone6sの料金プラン選択は一見難しく見えますが、基本的には通話量とデータ利用量に合ったプランを選ぶだけです。
自分の利用量さえ把握してしまえば、プラン選択はそんなに難しくありません。
iPhone6sを購入の際には是非この記事を参考に、自分に最適なプランを選んでみて下さい。

関連記事

使いたい放題に使ったらiPhone6sの料金1か月一体おいくら?
比べてお得!ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone料金プラン
iPhone6sはドコモで決まり!衝撃の最新料金プラン3選
iPhone6sはauで!知って損無し料金がお得なプラン3選
ソフトバンクiPhone6sの料金は3つのテクでここまで安くなる!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧