iPhone

お得に買う!iPhone6sの値段を比較すべき理由5つ

iphone6sが発売されてから約9ヶ月ほど経過しました。
今までのiphoneより少し画面が大きめ・新機能の搭載などで注目されたiPhone6sですが、そろそろ値段も安くなっているのではないか?と機種変更を検討している方も多いのではないでしょうか。
そんなiphone6sの各キャリアの値段を比較してみましょう。

① 機種の値段が安くなるキャリア

iphone-569065_640
新規・MNPで端末代金を比較すると、唯一8万円台で16Gが購入できるようになっている、一括で支払う金額はauが一番安いようです。
128Gについては、端末代金はドコモが一番安くなっているようです。
ただ、機種代金を分割で支払う場合には、2年間の縛りで月々の割引をした場合の実質負担額は圧倒的にドコモがお得となっています。
ドコモでは新規の契約とMNPの契約で機種代金が異なっていて、MNPの場合の割引額が高いため、機種代金のみで比べるとMNPで他キャリアからドコモに乗り換えるのがお得といえるようです。
また機種変更の値段を比べると各キャリア横並びで、特に大きな違いはなさそうです。
ドコモでは2月に機種変更の値下げを行い、指定の機種のみが対象になりますが、これにより、iphone6sはかなりお得になりました。
また、「家族まとめて割」によって1回線ごとにちょうど機種代金と同じ分だけの割引が適用するため、家族と一緒に契約をすると、iphone6sの値段はさらに安くなります。

② 高額キャッシュバックを受けられる可能性

Cashback Image
インターネットでiphone6sを購入する場合、高額なキャッシュバックがついてくることがあります。
各キャリア公式のHPのほかに、ソフトバンクへの機種変更では2万円から3万円の高額キャッシュバックを現金振り込みで受け取ることができます。
各キャリアの公式HPでもキャッシュバックが受けられますが、これは1万円台が上限のようです。
おとくケータイ.net
スマホルーム

③ 月々の利用料をお得にするには?

同じiphone6sでも、各キャリアによって月々の利用料は変わってきます。

・ソフトバンクの場合

ソフトバンクの場合、スマ放題とホワイトプランがあります。
スマ放題は通話が低額のため、通話をよく使う人にとっては大変お得なプランとなっています。また、ホワイトプランは通話が従量制のため、通話をあまり使わない人や、使わない月と使う月がある人にとってはお得となります。
また、データの低額パックですが、2016年4月から1Gの小容量の低額パックが導入されました。
スマホを持ってもほとんどデータ通信を使わない方やWIFIをメインで利用する人にとっては大幅に料金を抑えることができるプランとなっています。
月々の利用料の目安はスマ放題を契約した場合7023円(データ通信料2G)~27,543円(データ通信料30G)となっています。

・ドコモの場合

ドコモの場合、一番スタンダードなカケホーダイ&パケあえるの場合大体8000円前後の利用料からとなります。
ソフトバンクと比較して大きな違いはなく、7023円(データ通信料2G)~13827円(データ通信料13G)となっています。
またドコモではシェアパックというデータを家族で分け合えるお得なプランがあるため、データをあまり使わない家族と一緒にシェアパックを組むと、データ通信料が割安になると考えられます。

・auの場合

auでは「カケホとデジラ」が設定できます。
これは24時間au間・他キャリアとの間・固定電話への通話が定額で2700円、データ通信料2Gで7020円と、ほかのキャリアより少しだけお得となっています。こちらも4月以降は1Gのデータパックが使えます。
また、LTEプラン、LTEフラットという料金設定もすることができます。
これは通話をたまにしか使わない人向けのプランで、6934円+通話料となっています。
ラインやスカイプなど無料で通話ができるアプリがたくさんあるので、アプリで通話する場合などにもこのプランはおすすめといえます。

④ 中古

iphone-651353_640
中古のiPhone6sもお得に購入できます。
またそれまで使用していたスマホを下取りしてもらうこともできます。

⑤ Simフリーのiphone6sでお得に?

Simフリーのiphoneもあります。
simフリーのiphoneとは、端末のみを購入し、好きな会社のsimカードを用いて通信や通話を行うことです。
こちらの価格は16Gで9万円くらいからとなっており、機種代金さえ支払えば、あとは格安SIMを用いて大幅に通信料を削減することができそうです。
simフリー版の端末代金は高額ですが、appleローンを用いることで24回までの分割手数料が0円で楽に購入することもできるようです。この場合、64Gの端末代金を月々8000円で支払うことができます。
Simフリーの端末を購入し、MVNOにMNPした場合、MNPの割引がきくため月々合計で6000円台で済むようです。

まとめ

スマホの中でも高額なiPhone6s。
通話・通信料だけでなく、キャッシュバックや機種代金も気になるところですね。
ご自分のiphoneの使い方に合った買い方で、お得にiphone6sを購入しましょう。

関連記事

これを見れば即決!iPhone6sを1番お得な値段で手に入れよう!
最高の1台を最良の値段で。iPhone6s価格をじっくり検討する
絶対知るべき!各社iPhone6sの値段が違う理由5つ

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧