iPhone

5分で使い方をマスター!初心者向けのiPhone6s基本操作集

iPhone6sユーザーの皆様の中には初めてのスマホがiPhone6sの方やAndroidスマホからiPhone6sに機種変更された方も少なくないかと思われます。
「iPhone6sをゲットしたものの、何から始めたらいいかわからない・・」という事もあるのではないでしょうか?
そんなiPhone6s初心者の方々に役立つ基本操作をお伝えいたします。

基本用語について

iphone how to
iPhone6sが初めてのスマホという方も少なくないかと思われますので、まずはスマホの基本用語とその操作を解説いたします。

タップ

パソコンでいえばクリックに該当します。項目を押すことを「タップ」といいます。
これは全ての動作の基本です。アプリの起動も「タップ」しておこないます。

ダブルタップ

ダブルタップはパソコンならばダブルクリックに該当します。
二回続けて iPhone6s の液晶画面を押すことをiPhone6sではダブルタップと呼びます。

ホールド

ホールドはアプリなどを押したままにすることです。
ロングタップ呼ぶこともあるようです。

ドラッグ

ドラッグはアプリなどを移動させる際に、アプリをホールド(長押し)したまま左右に移動させることです。
このホールドの状態でアプリを長押ししたまま左右に移動させれば、アプリの場所を移動することができます。
アプリを一つのフォルダにまとめたい場合は、まとめたいアプリ上にアプリを持っていき、そのまま指を離せば、自動的にフォルダが作成され、アプリが格納されます。
ホールドについての注意点ですが、アプリを「ホールド」したままにしておくと、アプリが揺れ始め、その左上に×マークが表示されます。この状態で×を押すとアプリが削除されます。
パソコンと違って、ショートカットではなく直接アプリが削除されてしまいますので気をつけてくださいね。

スワイプ

スワイプはiPhone6s の画面を指でなぞることです。
ホーム画面のページ移動や、ロック解除の時などに使います。

フリック入力

フリック入力はスワイプよりも指の移動距離が短い感じです。
フリック入力は慣れるまではやや大変かもしれませんが、慣れるとガラケーでの入力方法よりも楽に感じるようになると思います。
無料のフリック入力練習アプリなどもあります。Appストアでチェックしてみてくださいね。

ピンチインとピンチアウト

ピンチインはiPhone6sの液晶上で開いた二本の指をくっつけてつまむような操作です。画面の縮小などで使用します。
ピンチアウトはピンチインの逆の操作で、画面の拡大に使用します。 Map や Safari などの使用時には必須です。

シェイク

シェイクはその名の通りiPhone6sを振る事です。
このシェイクをすると、入力を取り消すことができます。

マナーモード

マナーモードに切り替えるには、iPhone の左側面上部にあるスイッチを下に下げます。
するとオレンジ色が見えるかと思います。これでiPhoneがマナーモードになります。

基本操作その1:AppleIDを作成する

apple-691471_640
それではiPhone6sの実践編に参りましょう。
iPhoneを使う際、まず最初にすべき作業は「Apple ID」の作成です。Apple IDは後述の iCloud の使用、アプリのダウンロードや楽曲購入の際などにアプリや楽曲の購入に紐付けさます。
このApple IDがあればiPhone を機種変更した際などでも同じApple ID でログインすれば購入履歴などは引き継がれます。(※注意:Apple ID を新規に作り直すと履歴は引き継がれませんので気をつけて!)
手順は、iPhone →設定→iCloud →Apple IDの新規作成となります。
初期設定の段階でApple ID がdocomoやau、ソフトバンクのキャリアメールになっている場合はMNPで携帯キャリアを変更した際にトラブル発生するケースが少なくないとの事ですのでご注意を。
結構、面倒かもしれませんがApple ID をGmailなどに変更しておく事をオススメします。

基本操作その2:Wifiの設定

wifi
続いて、Wifiを設定します。
ホーム画面から【設定】をタップし、次にWi-Fiをタップします。するとWi-Fi画面が表示されますので、Wi-Fiのスイッチをタップ→オンにします。
下にiPhone6sが探知したWi-Fiネットワークの一覧が表示されます。接続したいネットワーク名をタップ→パスワードを入力→接続をタップ。
Wi-Fiに接続されると、画面上部のキャリア名の横にWi-Fiマークが表示されます。これでWi-Fiの設定はOKです。

基本操作その3:セキリュティ対策をしっかりと

security-265130_640
続いてセキュリティの強化です。iPhone6sにはTouch IDという指紋認証機能が搭載されています。
設定方法はiPhone →設定→ Touch ID とパスコードの順に設定します。
さらに紛失時の対策として「iPhoneを探す(Find my iPhone)」を設定します。この「iPhoneを探す(Find my iPhone)」とはiPhone6sを紛失した際などにGPSで場所がわかるだけでなく、遠隔操作でデータ消去も可能です。
また紛失したiPhone6s画面上に連絡先等のメッセージを表示させる事もできるので、拾ってくれた人が連絡をしてくれる可能性も高くなり、手元にiPhone6sが戻ってくる可能性も高くなります。

基本操作その4:Siriの設定

iphone-1032779_640
ご存知の方も多いかと思われますが、まずは簡単にSiriについて説明をいたします。
Siriの正式名称はSpeech Interpretation and Recognition Interfaceという長~い名称です。
調べたい事(駅近くのレストランを調べたい等)や電話をかけたい時などに話かけると検索してくれたり、電話をかけてくれる頼りになるバーチャルアシスタントアプリです。
設定方法は、設定→一般→Siriの順にタップ。という手順になります。スイッチをオンして使用できるようになります。次に「Hey Siriを許可」をオン。これで「Hey Siri」と呼びかけるだけでiPhone6sに触れずにSiriを起動する事ができます。
初期設定のSiriは女性ですが、男性に変更することも可能です。言語も英語、フランス語、ロシア語、ドイツ語など16か国語に対応しています。

基本操作その5:辞書登録とコピペ

iphone6s
今までガラケーやAndroidスマホを利用していた方々の中からはiPhone6sは辞書登録やコピペの仕方ができるのか?という質問も少なからずありますが、安心してください。
iPhone6sもPCやガラケー、Androidと同様に辞書登録もコピペも可能です。iPhone辞書登録の方法はiPhone →設定→キーボード→ユーザ辞書→右上の+をタップという手順です。
文字のコピーは、コピーしたい文字の部分を軽くタップor長押しでコピーのダイアログが出てきます。ペーストはペーストしたい部分で画面を軽くタップすればペーストのダイアログが出てきます。

iPhone6sの新機能

iPhone6sには新機能「3D Touch」スクリーンが搭載されています。
これはタッチの圧力を読み取り操作に反映してくれるという機能です。従来の操作(タップ、スワイプ、ピンチ)に加えPeekとPopというアクションが追加されています。
このPeekとPopを使うと、さまざまなコンテンツを、裏技不要で実際に開くことなくプレビューすることができ、そこから操作できます。
また、3D Touchを使った便利な操作に「クイックアクション」というものもあります。ホーム画面上で、特定のアプリのアイコンを押し込むことにより様々なショートカット機能が使用できます。

まとめ

基本用語~基本操作を紹介してみましたが如何でしたでしょうか?
ここに挙げた以外にも色々な機能がありますが、iPhone6sの操作は決して難しくなく、使用していく度に楽しくなってきます。
たくさん使って慣れ親しんでいってくださいね。

関連記事

iPhone6sを使いこなせ!進化した使い方はこれだ!!
今更聞けないiPhoneの便利な使い方小技~裏技5選
【保存版】3分でわかるiPhoneのテザリング設定方法と使い方
必見!3分で分かる!いざという時のfind my iPhoneの使い方

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧