iPhone

iPhone6sとアンドロイドの違い徹底比較!スペックの3番勝負

皆さんは、現在どちらのスマートフォンをお使いになられておりますでしょうか。
スマートフォンには大きく分類しますと、二つのOSがあります。一つは、SONYやサムソンやSHARPなどの大手人気メーカーのスマートフォンに対応しているAndroidです。
Androidは、OSはGoogleとなります。そのため、Google関連のアプリケーションの豊富さや高スペックさが目立ちますし、なによりもSONYやサムソンなど人気のメーカーが多いためスマートフォン本体の種類も非常に豊富なことで有名です。
もう一つはAppleが提供しておりますiOSです。Appleといえば、元はiPodシリーズのミュージックプレイヤーが有名ですが、スマートフォンの普及とともにiPhoneシリーズにも特化しております。
先日はiPhoneSEが発売されましたが、今回はiPhone6sのスペックをAndroidのスマートフォンと比較しながら、ご紹介いたします。
 

iPhone6sのスペックを徹底調査!Androidとの違いをチェック!

auとdocomoでも発売されているiPhoneシリーズですが、その中でもiPhone6sは高い人気を誇っております。
まず、シンプルで使いやすいこと、そしてデータのバックアップや移行も行いやすいことや、スペックの高さなどそうした点などから、iPhoneシリーズには根強いファンが多いことも大きなポイントです。
しかし、長い間、iPhoneが評価され続ける理由はどこにあるのでしょうか。iPhone6sが多くの人から愛される理由は、何があるのでしょうか。
iPhone6sのスペックをAndroidのスマートフォンと比較しつつ、チェックしていきましょう。

カメラ性能について

38
まず、ご紹介いたしますiPhone6sのおすすめのスペックは、カメラ性能です。
数値だけを見れば、iPhoneのカメラ機能はAndroidのスマートフォンよりも劣ってしまいます。しかし、それでもカメラの評価が低くないのは、感度のよさにあるといえるでしょう。
薄くなったiPhone6sは、カメラ部分が本体から飛び出しておりますが、評価は良くなっております。誰もがさらに美しい写真が撮れるように、新しいテクノロジーがiPhone6sには搭載されております。
大きな1.5ミクロンのピクセルと開口部、8メガピクセルのiSightカメラ、FocusPixelsを搭載した新しいセンサー、進化した顔検出、露出コントロールといった機能が追加されているためです。
そのため、カメラでの撮影が得意でない人も、目で見たままの様子を撮影できるとiPhone6sが高く評価されているわけです。
iPhone6sのカメラで撮影をしたい場合、暗く感じる場所や明るすぎる場所を指でタップすることで明るさの調整を行えます。
また、露出調整の機能が追加されているので、仕上がりの明るさも細かく調整可能です。
さらにiPhone6sでは、より細かな編集機能が充実しております。簡単に写真をキレイに撮影したい場合、右上の編集をタップし、右上に表示されるペンマークをワンタップするだけでコントラストがアップした明るい写真になります。
これはiPhone6sだけではなく、iPhoneはバージョンアップをしてカメラの進化が楽しめます。

アイコン表示の利便性

iphone-830480_640
つづきましてご紹介いたしますiPhone6sのおすすめのスペックは、ホーム画面のアイコンを大きく表示できることです。
iPhone6sでは、細かい表示の設定が行える点も評価されております。画面が大きくなったiPhone6sに表示されるアイコンを、標準サイズよりもさらに大きく表示することが出来るのです。
設定のアプリケーションから、画面表示と明るさから画面表示の拡大と進みます。上部にある標準か拡大を選択して右上の設定をタップするだけでアイコンを大きく表示できるのです。
アイコンを拡大すると、より画面が大きく感じられて見やすいと評価されております。

メッセージ機能

つづきましてご紹介いたしますiPhone6sのおすすめのスペックは、メッセージ機能です。
iPhone6sで特に評価されていることは、メッセージのやり取りがよりスムーズに行えるようになったという点です。
iPhone6sでアプリケーションを操作している際や、インターネットサーフィンをしている際など、メッセージやメールなどの通知はロック画面やホーム画面の上部に表示されます。これを、お知らせバナーと言います。
今まではお知らせバナーを見るだけだったのですが、iPhone6sでは即座に返信が出来るようになり高い評価を受けているのです。
さらに、メッセージアプリで使えると評価されてるのが「詳細」という機能です。メッセージアプリでやり取りをしてる画面を開くと、右上に詳細があります。
この詳細の中にある、現在地を送信をすれば友達との待ち合わせの際などに役立ちます。
さらには位置情報を共有からは、1時間、明け方まで、無制限、と時間を決めて位置情報の共有が可能です。
おやすみモードをオンにしておけば、チャットの通知を消音にすることもできます。特別なメッセージを、自分の声をそのままに送る事も出来ます。
また、お誕生日おめでとうといった言葉も、ボイスメッセージとして録音して送る事も出来るのです。
メッセージをたくさん使う人にとって、特に評価が高まっています。

歴代iPhoneシリーズとの違い

iphone-1177153_640
つづきましては、Androidのスマートフォンとだけではなく、歴代のiPhoneシリーズとiPhone6sを比較したときの使いやすさについてもふれておきましょう。
iPhone6sは、大きくなった分使いやすい工夫が施されております。これまでのiPhoneシリーズは、若干の大きさに変化はありましたがサイズとしてはだいたい片手で収まる大きさでした。
そんな中で、iPhone6sは一気にディスプレイを大きくし端末が薄くなりました。大きくなったiPhone6sに驚いた人も多いのではないでしょうか。
しかし大きくなった分、使いやすいように工夫がされております。
これまで端末の上にあった電源ボタンは、横に配置されており片手でも届くようになっています。また、iPhone6sのホームボタンを軽く2回タップすると、全体的にディスプレイが下がる仕様となっております。
この簡易アクセス機能は、iPhone6sが使いやすくなると評価されているポイントでもあります。全体的にディスプレイが下がる事によって、アプリケーションに片手でも届くようになるのです。
簡易アクセスを使えば、女性でも使いやすくなると評価されています。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、今人気のスマートフォン・iPhone6sのスペックについてお話しをしてきました。
現在、iPhone6sのご購入を考えていらっしゃるのであれば、ぜひともチェックしておくべきことです。

関連記事

5分で分かる!iPhone6sのリアルレビュー総まとめ
【iPhone6sの辛口レビューと評価】使ってみて分かった4つのこと
iPhone6sを徹底解析!ユーザーのレビューは高評価か低評価か
どっちがいい?iPhoneSEとiPhone6sの違い4選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧