iPhone

iPhone6s の本体価格、大手3社の価格の調査結果は?

おそらく世の中のスマートフォンユーザーのなかで、iPhoneをご存知でない方はいらっしゃらないはずでしょう。
それもそのはず、iPhoneシリーズはスマートフォン市場において、数多くあるスマートフォンのなかでトップを誇るシェアで、かつ昨年発売されたiPhone6sの売り上げ台数はスマートフォン史上初のトップの記録だそうです。
iPhone6sはdocomoにSoftBankにauと3社の通信キャリアから取り扱いがされており、iPhone6sを購入しようと思えば、どの通信キャリアが良いのか悩まれるでしょう。
今回は通信キャリア3社のiPhone6sの本体価格に注目をしていきたいと思います。
サービスやiPhone6s自体のスペックはどの通信キャリアにおいても、違いはそうはありません。ならば、比較するべき対象はiPhone6sの本体価格というわけです。
どの通信キャリアがもっともお得なのか、チェックしていきましょう。
 

iPhone6sの本体価格を3キャリアで徹底比較!!

auやdocomo、SoftBankの3社の通信キャリアでどんな料金プランがあるのか、どういうキャンペーンが実施されているのか、わかりにくい通信キャリアのiPhone6sの本体価格に関する月額料金をまとめてみました。
基本的には、すべての通信キャリアを比較するよりもまずは、ご自分に関係のある通信キャリアの項目を見ていただければ大丈夫です。
auとSoftBankは3つ、docomoは2つの料金プランがありますのでどれがいいのかをここで決めましょう。
ポイントはたとえば、音声通話やインターネットの利用をどれだけするのか、あとは適用できるキャンペーンがあるかどうかをチェックしていき、iPhone6sの本体価格とあわせて通信キャリアを決めていければ良いかと思います。

SoftBankのiPhone6sの本体価格はいくら?

iPhone6sの本体価格を少しでも安くしたいのであれば、SoftBankがiPhone6sの本体価格に対して行なわれておりますキャンペーンやサービスからご紹介しましょう。
まず、のりかえ割サービスです。
これは、MNPでSoftBankに移れば、スマ放題またはスマ放題ライトでデータパック5GBを契約した人は1年間は毎月864円引き、データパック10GBを契約した人は1年間毎月1,836円引きされるものです。
ホワイトプランの場合は1年間毎月1,008円引きとなります。
その他のキャンペーンやサービスとしましては、スマート値引き増額キャンペーンがあります。
こちらのサービス内容はわスマート値引きの割引金額を増額するものです。
新規またはMNPでスマ放題の5GBプランを契約の場合は2年間毎月500円増額、10GBプラン以上を契約の場合は2年間毎月1,000円増額ということです。機種変更の場合は1年間478円増額となります。
本体価格についてですが、SoftBankでは一括価格は、16GBで93,600円、64GBで106,560円 、128GBで119,520円です。
分割価格は、16GBで3,900円、64GBで4,440円、128GBで4,980円です。
ここから月々割は、16GBで2,835円、64GBで2,835円、128GBで2,835円となります。
購入サポートは、いずれも417円です。
2年間月負担は、16GBで648円、64GBで1,188円、128GBで1,728円となります。

docomoのiPhone6sの本体価格はいくら?

docomoのiPhone6sの本体価格についてですが、まずは、各種キャンペーンについてご紹介しましょう。
まず、U25応援割サービスです。これは、25歳以下ならば毎月540円引きされるサービスです。そのため、26歳を超えると終了となります。
その他では、ドコモにチェンジ割サービスもあります。これは、MNPでdocomoに移った場合は1年間は毎月1,458円引きされます。
また、のりかえボーナスもございます。MNPでiPhone6sやiPhone6s Plusをご契約されれば機種代金から10,800円引きされます。
もちろん、docomo既存ユーザーに対してもキャンペーンはあり、ゼロから機種変キャンペーンです。
現在、docomoで機種変更を希望しiPhone5cまたはiPhone5sを使っている場合、iPhone5cは5,400円の下取り額に、プラス2年間毎月855円引きです。
iPhone5sは9,720円の下取り額にプラス2年間毎月675円引きとなります。
つづきましてiPhone6sの本体価格についてですが、分割価格は、16GBで3,888円、64GBで4,158円 、128GBで4,158円です。
月々サポートは、16GBで2,808円、64GBで2,538円 、128GBで1,998円です。
購入サポートは、docomoはありません。
2年間月負担は、16GBで1,080円、64GBで1,620円、128GBで2,160円となります。

auのiPhone6sの本体価格はいくら?

iPhone6sの本体価格の前に、auの各種キャンペーンをチェックしていきましょう。
まず、auにかえる割スーパーです。
こちらのキャンペーンは、MNPでauに移れば、カケホまたはスーパーカケホでデータ定額5GBをご契約した人は、1年間毎月864円引き、データ定額8GBや10GBや13GBをご契約した人は1年間毎月1,836円引きされるものです。
LTEプランの場合は、1年間毎月1,008円引きとなります。
そして、スーパー機種変更キャンペーンですが、機種変更の場合で今使っているスマートフォンを下取りに出した場合、下取り額にプラスして10,000円分をau WALLETにチャージすることができます。
つづきましてiPhone6sの本体価格についてです。
一括価格を見てみましょう。16GBで84,240円、64GBで97,080円、128GBで109,920円です。
分割価格は、16GBで3,510円、64GBで4,,045円、128GBで4,580円です。
毎月割 は、16GBで2,840円、64GBで2,840円、128GBで2,840円です。
購入サポートdocomo同様にauもありません。
2年間月負担は、16GBで670円、64GBで1,205円、128GBで1,740円です。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回はdocomoとauとSoftBankの3社の通信キャリアから、iPhone6sの本体価格を徹底的に比較していき、もっとも安い通信キャリアについてご紹介してきました。
結論としては、機種代金としてはdocomoへのMNPが最安という結果になりました。
月々サポートの額がかなり多いためだす。
各社後出しのキャンペーンとかがあってややこしいですが、あなたにあった通信キャリアでiPhone6sを手に入れましょう。

関連記事

絶対知るべき!各社iPhone6sの値段が違う理由5つ
ドコモ?au?ソフトバンク?iPhone6sの価格を徹底比較!
iPhone6sの値段が高騰する前に入手するための3ステップ
iPhone6sをGETするなら今!手頃な値段で手に入れる裏技

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧