iPhone

iPhone6sPlusとiPhone6s、大きさ以外に何が違うのか徹底比較

justice-311699_640
アップル社から販売されているiPhoneシリーズには、世界中にたくさんのファンがいます。
ユーザーが多く、新型の発売となれば大きな盛り上がりを見せています。日本時間の9月10日にアップル社が発表した新型iPhone6sとiPhone6sPlus。
日本では、主要キャリアと言われている、ソフトバンク、au、docomoの3社から発売が決定しています。
予約も開始され、大きな賑わいを見せています。iPhone6sとiPhone6sPlusでは、どちらにしようか迷っている人も多いのではないでしょうか。
今回はiPhone6sとiPhone6sPlusが大きさ以外にどのような違いがあるのか?を見ていきたいと思います。

より丈夫に

あまりの大きさに落としてしまう事の心配をしている人も多いのではないでしょうか。iPhoneの画面を割ってしまった経験がある人も、意外と多いと思います。
iPhone6sも同様に、今までと比較しても丈夫に作られているので大きくても安心して持ち歩けます。
優れた点を取り込み、さらに次のレベルへと進化させているiPhone6sとiPhone6sPlus。
素材には今まで使われていたアロイの中で最も強い、7000シリーズアルミニウムが採用されています。航空宇宙産業で使われているものと同じグレードのアルミニウムなので、比較してみても丈夫だという事が分かります。
iPhone6s、iPhone6sPlusのどちらにも採用されているRetinaHDディスプレイは、世界中にあらゆるスマートフォンと比較してももっとも丈夫なカバーガラスで作られています。
新しいガラスは、特殊な二重イオン交換プロセスを使って作られています。これによって、分子レベルで強化されたスマートフォン業界を比較してみても、もっとも丈夫といえるガラスが生まれたのです。

より美しく

強化されたディスプレイで、より美しい映像を楽しめたら嬉しいですよね。
映画などの動画配信サービスが充実している今、iPhone6sと比較して大きなディスプレイを持っているiPhone6sPlusで映画などの動画を楽しみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
1,920×1,080の解像度は、動画はもちろんアプリもより快適に楽しめます。さらに撮影した写真や動画、あらゆるものをいきいきとシャープに映し出すディスプレイとなっています。
高いコントラスト、デュアルドメインピクセル、正確に再現された色。
アップル社が「完璧なものと完璧なもの。2つのサイズを用意しました。」と表現するのも納得です。
今までと比較してみても、さまざまな事をより快適に楽しめるようになっています。

より効率よく

iPhone6sと比較しても、大きなディスプレイを持っているiPhone6sPlus。
大きいからと言ってメールなどの基本的な操作が、使いにくいと意味がありません。大きなディスプレイを活かして、より効率よく使える工夫がされています。
iPhone6sと比較したときの大きな違いは、ディスプレイを横向きにした際の操作ではないでしょうか。
もともと内臓されている基本的なアプリである、メール、カレンダー、メッセージなどは大きなディスプレイを最大限に活用できるよう最適化されています。
通常の縦向きの状態から横向きに切り替えるだけで、iPhone6sと比較してみると全く新しい眺めがディスプレイに広がります。
また縦向きの状態で使う際も、簡易アクセスが使えます。ホームボタンを軽く2回タップすると、画面に表示されているアイコンが全体的に下がります。iPhone6sと比較しても、親指の届く範囲が同じくらいになるのではないでしょうか。

より快適に

新しいiPhone6sとiPhone6Plusに搭載された新しい機能。今までのiPhoneと比較しても、大きな違いと言えるのは次世代のMulti-Touchである3DTouchと連携するように特別設計されている点にあると思います。
iPhoneがタップする圧力を読み取る事が出来るので、効率良く使えばミス操作や無駄を減らせるでしょう。
たとえばウェブページの閲覧をする際、アクセスしようとしているURLをタップすることで、サイト内の表示を確認することが出来ます。
カメラで写真を撮ろうとする際に撮影イメージを確認したり、メールを開封する前にPokeで内容を確認したりとさまざまな使い方をする事が出来ます。
容量性センサーが、ガラスに加えられた圧力を測定します。画面の反応を見るだけではなく、まったく新しいTapticEngineからの反応を感じる事も出来るのです。
効率よく使う事で、今までとは比較できないような体感が出来るのではないでしょうか。

高性能を支える進化

ディスプレイをプレスするだけで、見たい内容を表示できるようになる革命的な圧力感知テクノロジーが搭載されているiPhone6s、iPhone6sPlus。
今までのものと比較してみると、より複雑な端末の作りになっているように感じると思います。しかしそれらを支えるチップも、高性能なA9チップになっているので安心です。
独自のチップをiPhoneのために設計することにより、パフォーマンスを実施の使い方に合せる事が可能です。
iPhone6s、iPhone6sPlusでインターネットサーフィンやアプリを使う際、写真を撮る時など日常で行う事を、一段と快適に行えるようになっているのです。
今までと比較しても、より滑らかで快適な動作を体感できるといえます。より優れたパフォーマンス能力を発揮して、効率的に駆動するようになっています。

まとめ

iPhone6sとiPhone6sPlusを比較した際のサイズ以外に大きな違いは、端末を横向きにした際の操作だと思います。
それ以外の点に関しては、どちらにも今までのiPhoneシリーズの中で最高の性能が搭載されています。
数値ではアンドロイドより劣っていたカメラの性能も向上しています。
操作性も滑らかに、さらにさまざまな数値が向上している新型のiPhone6sとiPhone6sPlus。わたしたちのスマホ・ケータイ生活もより快適なものになるでしょう。

関連記事

どっちがいい?iPhone6sとiPhone6sPlusの違い4パターン
【徹底レビュー!】iPhone6を使ってみて分かった4つのこと
【衝撃レビュー】iPhone6Plusを使って分かった4つのこと

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧