iPhone

ドコモ?au?ソフトバンク?iPhone6sの価格を徹底比較!

23
日本でもっともスマートフォンシェア率が高いとされているのが、アップル社のiPhoneシリーズ。そのiPhoneを日本で最初に発売したのは、ソフトバンクでした。
その後au、ドコモからも販売が開始されたiPhone。MNPを使えば番号を変える事なくキャリアの乗り換えが可能になり、ユーザー獲得に向けた競争の鍵を握ると言っても過言ではない存在に。
2015年9月に発売されたiPhone6sも、記録を更新する売れ行きとなっています。最新モデルのiPhone6sの価格は、3社に違いはあるのでしょうか。

キャンペーンが強化される新型の発売の時期

世界中から注目されている、iPhoneの新型。iPhone6sの発売前にも、新型のモデルに関する噂が多く飛び交いました。
アップル社の正式な発表があり、それぞれのキャリアで予約が開始。そして発売というこの流れ。この季節はキャンペーンが強化される期間であるといえます。
iPhone6sは発売が間もないので、価格が高いのではと気にしている人もいると思います。しかしキャンペーンが強化される発売間もない時期こそ、価格がお得になっている可能性もあるのです。
キャリア同士の競争も、ますます激しくなっています。充実したキャンペーンを活用して、価格を抑える事が出来るのは嬉しいですよね。

乗り換えでお得になるキャンペーン

20
価格がお得になる、iPhone6sも対象となるキャンペーンにMNPによって契約した人を対象としたものがあります。
他社から乗り換えをする際に電話番号をそのまま使えるMNPの開始によって、iPhone6sを購入する際にキャリアを気にしない人も増えています。
ソフトバンクやauの場合は、iPhone6sを契約するプランに応じた価格の割引があります。毎月の支払い価格を抑える事が可能に。
ドコモでは、その場でキャッシュバックも。その分iPhone6sの購入価格を抑える事が出来ます。

乗り換えの際の手数料

番号を変える事なく乗り換えが可能なMNPには手続きが必要です。個人情報である電話番号の手続きなので、慎重に行わなければなりません。
MNPの手続きは無料ではなく、手数料が発生することを覚えておきましょう。
まずは今まで契約していたキャリアに、MNP転出手数料として2,000円から3,000円。新しく契約するキャリアに対して、新規契約事務手数料として3,000円が必要です。
手数料として5,000円から6,000円が必要ですが、これはキャンペーンでお得になる価格で充分にまかなう事が出来ると思います。
ただ最後の請求と最初の請求が、いつもより高額になるという事を頭に入れておくと安心なのでは。

乗り換えはタイミングが大切

手数料の価格であれば、iPhone6sを乗り換えで契約した際のキャンペーン金額で充分にお得に。しかし気を付けたいのは、解約金です。
契約プランの多くは2年単位。2年以内に解約してMNPをすると、解約金として9,500円が発生してしまう事も。せっかくキャンペーンによってiPhone6sの価格を抑える事が出来ても、解約金の支払いは避けたいですよね。
解約金が発生しないのは、契約更新月のタイミングです。この月にMNPをすると出来るだけ価格を抑える事が可能に。また最後の月の請求は日割り計算となる事が多いので、月の始めに手続きを行うとますますお得です。
2年以上使っているからといって、いつでも解約をして大丈夫という訳ではないので注意が必要です。
2年以上使っていても、契約は自動更新。契約更新月の1か月の間にMNPを行って、お得な価格でiPhone6sを手に入れるように契約プランを確認してみましょう。

下取りでiPhone6sの価格を抑える

24
ソフトバンク、au、ドコモの主要キャリアすべてが行っているのが、下取りのキャンペーンです。
機種変更の場合も乗り換えの場合も、今まで使っていた端末を下取りしてくれます。下取り価格の分iPhone6sの価格から割引されます。
下取りの条件や価格はキャリアによってさまざま。ホームページなどからチェックすることが出来ます。

下取りの前にやっておく事

下取りをする際には初期化をして、データをすべて消去します。個人情報がたくさん詰まっているので、その方が安心ですよね。
しかしiPhone6sに電話帳などのデータを移行しなければ、使う事が出来ません。
iPhone6sにデータを移行するために、まずは今使っている端末のバックアップを取っておく必要があります。iPhoneからiPhone6sへ移行であれば、iTunesやiCloudへのバックアップを行います。
アンドロイドからiPhone6sへ移行であれば、JSバックアップアプリやGoogleアカウントを使ってバックアップを行います。
バックアップが完了していなくても、後日郵送にて下取りに対応してくれる事も。郵送の場合、価格の割引が適用されるのは全ての処理が完了してから。
できるだけ早い段階から価格の割引をスタートさせるためにも、その場で手続きが行えるように事前にバックアップしておくと良いのでは。
また何かあった時に慌てなくて良いように、バックアップを日頃から習慣にしておくことも大切です。

自分に合った料金プランを

22
お得にiPhone6sを使うには、自分に合った料金プランで契約することが大切です。
価格がお得になるキャンペーンの条件である料金プラン。それが自分に適しているものなのか、使い方を考えてから契約をするようにしましょう。
通話をする機会が多い場合は、24時間通話が無料で行える料金プランが適していると思います。
このプランの特徴は、データ容量を選べるという点。小容量から大容量まで、自分に合ったものを選べます。パケットし放題を必要ないと考えている人にとっても、価格がお得になる料金プランです。

通話やデータ容量を節約する工夫を

iPhone6sで通話をする機会は少ないけれど、時にする電話をお得にすることが出来れば良いですよね。
LINEユーザー同士であれば、LINEアプリを使えば無料で通話が出来ます。LINE通話を使えば、固定電話などもお得になります。
またデータ容量を小容量で契約して、自宅にWi-Fi回線を整えるのもデータ容量の節約に繋がります。
Wi-Fiはフリースポットも増えているので、多くインターネットを使い制限が来たときに活用するのも良いのではないでしょうか。

【まとめ】価格に差がないからこそ気を付けたい事

キャンペーンが充実している今、キャリアごとに価格に大きな差はありません。料金プランも、似ているものがいっぱい。
だからこそ、乗り換えで契約をするのか、そのまま同じキャリアで機種変更でiPhone6sを購入するかがポイントになってくると思います。
家族で同一のキャリアを利用する、自宅のインターネットもキャリアでまとめる事で、毎月の支払い価格をお得にすることが出来ます。
契約する際にはiPhone6sと何かをまとめるのかも、検討してみるのもよいでしょう。

関連記事

最新情報を見逃すな!iPhone6sをお得な価格で購入すべし
話題のiPhone6sはいつ買う?キャンペーン価格を比較しよう
iPhone6sをお得価格でGETできる下取りキャンペーン
iPhone6sの価格で勝負している注目ショップ5店を紹介

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧