iPhone

今なら絶対iPhone6sプラスを選ぶべき!おススメの要点5つ

スマホの購入や機種変更を検討される方も多いと思われます。
中でもiPhoneユーザーの方々は「iPhone6sプラスにしようかな?もうちょっと待とうかなぁ」と迷われてる方々がいるのではないでしょうか。
今回はiPhone 6sプラスのオススメ要点を5つ紹介します。
 

オススメその1:処理速度がとにかく早い!

image19
 
iPhone 6sプラスのコアチップは最新のA9チップが搭載されていて処理速度も早いです。モバイルゲームもサクサク、高画質のゲームも滑らかに動きます。
iPhone 6sプラスより速いチップを搭載したスマートフォンもありますが、iPhoneの設計はは、ハードウェアのみならずソフトウェアもAppleよるもので、当然、アップルによって最適化されています。
なので実際の使用感は非常に速さを感じます。本当にヌルヌルサクサクって感じです。
また、LTE通話ができるVoLTEにも対応しています。

オススメその2:持ちやすい、操作しやすい

iPhone6sプラスは画面が大きくなりましたが、これまでのiPhoneシリーズの中で最も薄いです。薄い為、持ちやすくのケースに入れても厚くならないです。
またiPhone6sプラスは角が丸くなっています。このことも薄さと相まって持つ際の指への負担が減ってるようです。大きなり、若干重くなったiPhone6sプラスですが、重さ大きさも苦にならないです。読書などで長時間手にしていても負担は少ないです。
さらに画面が大きい為、ホーム画面上でアイコンをたくさん並べることができます。
これまでは、横4つ、縦6つが限度でしたが、iPhone6sプラスでは横4つ縦7つ置けます。一つの画面におけるアイコンが4つ増えたので、その分、ページ数が少なくて済みます。
また、iPhone6sプラス以前ののiPhoneのホーム画面は縦画面のみでしたが、iPhone6sプラスでは横画面に対応します。
横画面になることで、複数ページのフォルダの中身が横に並んで表示され、アプリ横画面を活かしたレイアウトになるアプリもあります。
RetinaディスプレイもでiPhone6sプラスはさらに高解像度化してい細かい文字もくっきり、はっきり鮮やかにと表示され電子書籍の文字も非常に読みやすいです。
片手での操作の場合、画面が大きくなると画面の上部に指が届きにくいですが、iPhone6sプラスはホームボタンを2回タップすると画面が下に降りくるので、簡単に上部にタッチすることもできます。

オススメその3:カメラ機能のさらなる向上

iphone-393081_640
iPhone6sプラスはカメラ機能もしました。画質は最高です。通常の写真は勿論、パノラマ写真も高画質に撮影できます。
さらに新機能Live Photoが追加されました。写真撮影時の前後数秒間を動画で保存してくれるというものです。タップしている間に再生されます。
写真撮影時にLive Photoのボタンをオンにすれば自動で動画を作成されます。ちなみに、この機能で撮影された写真はi-Phone 6sプラスのみならず全デバイスで閲覧できます。
インカメラもグレードアップし自撮りをするときは強く光りフラッシュのようにつかえます。
またiPhone6sプラスには光学手ブレ補正システムが搭載されています。
「手ブレ補正なんて、あたり前でしょ。」と思われる方も多いと思いますが、この光学手ブレ補正という機能は、カメラにおいて大切な光の量とシャッタースピードの速さを緻密に計算され手ブレを起こりにくくするという素晴らしい機能なのです。
この機能により高画質な写真撮影が期待出来ます。

オススメその4:iPhone6sプラスの新機能「3D Touch」スクリーン

12
i-Phone6sプラスの新たな機能ひとつとして「3D Touch」スクリーンが搭載されています。タッチの圧力を読み取り操作に反映してくれるという機能です。
従来の操作(タップ、スワイプ、ピンチ)に加えPeekとPopというアクションが追加されました。このPeekとPopを使うと、さまざまなコンテンツを、裏技不要で実際に開くことなくプレビューでき、さらにそこから操作できます。
受信ボックスにあるメールを軽く押し込むと、Peekし、メールを開けずにプレビューを見る事ができます。そして、そのまま深く押込むとPopとなり、メールが開かれます。
またメールでURLが送られてきた時に、アドレス部分をpeekすると、サイトの内容を見ることができます。PopするとSafariが起動しサイト全体を見る事ができます。
住所が送られてきたときは、住所の部分をpeekするとその住所の周辺地図を簡易に表示しますさらに、popすると地図アプリが起動、その住所周辺を詳細に見ることができます。
さらにカメラ撮影時には、の画面左下に表示される直近撮影の写真のサムネイル部分を深く押込むとPeek画面が表示、押し込んだままスワイプすると撮影した写真を素早く確認することができます。
また、iPhone 6sプラス搭載のLive Photosモードで撮影された写真やデフォルトで入っているLive壁紙は3D Touchの機能で再生できます。
3D Touchを使った便利な操作に「クイックアクション」というものもあります。ホーム画面で特定のアプリのアイコンを押し込むことにより様々ななショートカット機能が使えます。
例えばセルフィーを撮りたい時などはホーム画面からカメラのアイコンをpeekし、ショートカットメニューのが表示されます。この時に「セルフィーを撮る」を選ぶことにより、インカメラが起動します。簡単スムーズに自撮りができます。
電話のクイックアクションも便利で、「よく使う項目」に登録しているの3人までがショートカットメニューとして表示されます。家族、恋人、友人、会社仲間など特によく電話をかける人のショートカットを配置しておけば、すぐ電話したいときなどに便利です。
この3D Touchに対応したアプリはカメラや電話、メールなどが中心ですが、Evernote(ドキュメント管理ツール)やDropbox(クラウドサービス)、Instagramなど対応アプリは増えつつあります。

オススメ5:指紋センサーの感度アップ!

i-Phone 5sから搭載されている指紋センサーですが、iPhone6sプラスでは従来の2倍の早さで指紋の読み込みができるようになりました。
様々な指紋読み取り機能を搭載した機械にことごとく、読み取りにくい指紋と判断?されていた筆者の指ですが、本当に「すっ」となでるだけでパパっと反応してくれます。

まとめ

ここにあげた5つのオススメポイント以外にも、他のiPhoneより大きなバッテリーの内蔵によるバッテリーの持ちのよさや気圧計の搭載により自分がいる位置の標高がわかるようになっています。
持ちやすい、見やすい、高機能なiPhone6sプラスは是非是非オススメです。

関連記事

大きくて使いづらい?iPhone6sPlusを楽に使う方法5選
iPhone6sPlusとiPhone6s、大きさ以外に何が違うのか徹底比較
どっちがいい?iPhone6sとiPhone6sPlusの違い4パターン
【徹底レビュー!】iPhone6を使ってみて分かった4つのこと
【衝撃レビュー】iPhone6Plusを使って分かった4つのこと

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧