iPhone

知ってて安心!詳しく教えます、iPhone6sアプリ削除方法

2015年9月に発売されたiPhone6sですが、前モデルiPhone6と外観はほとんど変化がありませんでしたが、本体筐体に使われる材質一つにまで変更が加えられ、これまで以上に頑丈になり、プロセッサーも変更されたことにより、大幅にスペックが向上したiPhoneです。
この新しくなったiPhone6sを使い始めた方の中には、アプリが削除できないという状況に陥ってしまう方が多いようです。
ここでは、iPhone6sでアプリが削除できなくなってしまう原因と解決方法を詳しく教えます。
iPhone6sに変えてからアプリの削除が上手くいかないという方や、これからiPhone6sを購入しようとお考えの方にとっても参考になりますので是非ご一読いただけたらと思います。

iPhoneの基本操作iPhoneでアプリを削除するには

iphone6s
まず、iPhoneの基本的な操作についてですが、AppStoreからダウンロードしたアプリはホーム画面上にアイコンとして表示されています。
起動したい場合には対象のアイコンをタップすることで起動することができます。
そして、不要になったアプリはいつでもiPhoneから削除することができますが、その手順はホーム画面上にあるアプリのアイコンをどれでもよいので長押しします。
すると、ホーム画面上のアイコンの左隅に「×」マークが現れアイコンがブルブルと揺れ始めます。この状態になったら削除したいアプリのアイコンに表示されている「×」マークをタップします。これでアプリの削除は完了します。

iPhone6sでアプリが削除できない理由

iphone-1032778_640
iPhone6sを使い始めた方が、アプリを削除しようとしても上手くいかない状況を確認すると、ホーム画面上にあるアイコンを長押ししたタイミングで何やら見たことのないメニューが表示されるという現象が起こっているようです。
これはiPhone6sから新たに搭載された機能によるものです。

新たに搭載された機能【3D Touch】

iPhone6sになって新たに搭載された機能である3D Touchとは、液晶画面内部に搭載されている感圧センサーの働きにより、通常のタップ操作の後に更に、強く液晶画面を押し込むことで、その圧力の強弱によってiPhone6sの操作をするというものです。
弱く押し込むpeekと、更に強く押し込むpopという動作があり、ホーム画面上にあるアプリのアイコンを押し込む事で、その押し込む強さに応じて、peekまたはpopに対応したメニューや動作をすることになります。

3D Touchの主な機能

折角なので、3D Touchの便利な使い方をいくつか紹介しておきます。
◇カメラ機能
カメラアプリのアイコンを押し込むと、「セルフィーを撮る」「ビデオ撮影」「スローモーション撮影」「写真を撮る」というメニューの中から予め使いたい機能を選択してから起動することができます。
◇電話アプリ
電話アプリのアイコンを押し込むことで、よく使う項目に登録されている連絡先の一覧がメニューに表示されるので、ダイレクトに電話をかけることが可能になります。
◇メールアプリ
メールアプリを開いた状態で、メールの件名を軽く押し込む動作で、メールのプレビューを見ることができます。そして、更に強く押し込む動作をすることで対象のメールを開くことができます。
このように、iPhone6sではいままでのタップ、スワイプ、ピンチなどの平面的な操作に加えて立たり的な動きも取り入れて操作をすることにより、タップしてメニューを選択するという動作が少なくなり、今まで以上に快適な操作が可能になったということができます。

iPhone6sでアプリを削除できない状況を回避するには

iphone-1032779_640
本題に戻りますが、iPhone6sよりも前の機種と同様にアプリを削除しようとしてアイコンを長押しした結果、ここまで紹介してきたような3D Touch機能が動作してしまう原因として考えられることは、長押しの時に力が入ってしまい、iPhone6sが3D Touchの操作と認識してしまっているということです。
そのため、このような状況を回避するためには、iPhone6sの機能を正しく理解し長押しと3D Touchの押し込む操作を使い分ける必要があります。
コツを少し紹介しますと、長押しは指で画面を「押す」というよりは、指を画面に軽く「置く」という感覚で操作することです。むしろ、操作の名称を「長押し」ではなく「長置き」にするべきでしょう。
使い始めにはこの長押しと押し込む操作の使い分けが難しいかもしれませんが、異なる動作について認識しながら練習するとすぐに慣れるでしょう。

3D Touchの感度を調節する

とは言っても、3D Touchの感度にどうしても慣れることができないという場合には、感度を調整することも可能です。3D Touchの感度を調整するための操作方法は以下のようになります。
設定アイコンをタップし、アクセシビリティーを選択します。
3D Touchの感度の項目があるので、「弱い・中・強い」からお好みの感度を選択します。

まとめ

ここまで、iPhone6sでアプリが削除できなくなる場合の原因と対処法を紹介してきましたがいかがでしょうか。
iPhone6sでアプリを削除できない場合、iPhone6sから新たに搭載された機能である3D Touch機能が動作してしまっているという事が原因となっている事が多いという状況です。
回避法はとしては、そのような機能があるという認識を持つことと必要に応じて適切な感度に調整するということになります。
iPhone6と見た目は同じですが、別物と言って良いほどに進化したiPhone6sですので、現在iPhone6を利用している方であっても、改めてiPhone6sの購入を検討してみるのも良いかもしれません。

関連記事

iPhone6sでアプリを間違って削除したらするべき3つのこと
たった3分でわかるiPhone6sでアプリの削除するための方法
1分で分かる!iPhone6sでアプリを完全に終了する方法

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧