iPhone

iPhone6sをSoftBankでゲット!ここで買う理由3つ教えます

calculator-178127_640
アップル社から販売されているiphone6sは日本でも人気の高い端末です。
iphone6sは今までのiPhoneシリーズと比較してみると、圧倒的に薄く、ディスプレイは広く進化をして驚いた人も多いのではないでしょうか。
iphone6sは、日本での主要キャリアと言われているSoftBank、au、docomoの3社すべてから販売されています。
さらにはアップル社からSIMフリーのiphone6sも販売されている今MNPを使えば番号を変える事なく乗り換えも出来るので、どこで購入すべきか迷ってしまいますよね。
そこで今回はSoftBankでiphone6sを購入するとお得になる理由をまとめてみました。

自宅のインターネットや家族まとめて契約する

iphone6sには、たくさんのデータを入れておくと思います。
万が一iphone6sを水没させてしまった場合やデータを誤って消去してしまった場合などバックアップを取っておくと安心です。
iphone6sのバックアップは、インターネットに接続したパソコンにiTunesをインストールすると簡単に行うことができます。
iTunesがあれば、iphone6sに音楽を同期させる事も簡単に出来るのです。
SoftBankには、インターネットもまとめてお得に使えるプラン、スマート値引きがあります。
iphone6sとパソコン1台ずつを10GBで契約した場合、毎月2,000円もの割引があるのです。本人だけではなく、固定電話や家族全員の料金がお得になるので嬉しいですよね。
さらに家族でSoftBankのiphone6sやアンドロイドを使用している場合、データを分け合う事も出来ます。データ容量を超えてしまうと、通信制限が掛かり低速になってしまいます。
追加でデータを購入する場合、1GBあたり1,080円にもなるのです。家族で購入して無駄なくデータ容量を使えるのでお得です。

下取りキャンペーンを活用する

SoftBankを使っていて機種変更をしてiphone6sを購入する場合、また他社からMNPを使ってSoftBankのiphone6sを購入する場合、今まで使っていた端末は不要になってしまいますよね。
SoftBankの下取りキャンペーンを活用することで、新しく購入するiphone6sの価格がお得になるのです。
機種変更の場合、iphone6sの16GBであれば実質の購入金額が0円になります。
以前使っていたものがSoftBankのiPhoneであれば、容量に関係なく24,840円の割引となります。
iphone6sの端末料金を分割して支払う場合、毎月1,035円の割引が2年間続きます。iphone6sの購入代金ではなく、Tポイントの付与にすることも可能です。
SoftBankのiPhoneでなくても、下取りをしてもらう事は可能です。iPhone5sの64GBなどは、下取り最大額の22,560円となります。iPhoneだけではなく、他社のアンドロイドスマホも下取りをしてもらえるのは嬉しいですよね。
下取りの手続きをする際には、初期化をしなければいけません。初期化をするとiPhoneなどの中に入っているデータは全て消えてしまいます。
iphone6sに移行したいデータがある場合は、あらかじめバックアップを取っておくことが大切です。パソコンがあればiTunes、パソコンが無くてもiCloudを利用すればiPhoneからiphone6sへのデータの移行は簡単に行うことができます。
アンドロイドからiphone6sの場合は、Googleアカウントを使ったり、JSバックアップアプリを利用してバックアップをとっておきましょう。
iphone6sの購入手続きをする際にバックアップが完了していなくても、下取りを行う事は可能です。
SoftBankの店頭で同意書や申込書を貰い、後日郵送で対応します。郵送の場合、割引が開始されるのはSoftBankへ端末が届き下取りの処理が完了してからになります。

他社からの乗り換えでもっとお得に

番号を変える事なく、他社への乗り換えが出来るMNPサービス。
SoftBankにはMNPを利用して、iphone6sなどを購入した人が対象となる「のりかえ割」があります。
iphone6sをSoftBankのどのプランで契約するかによって特典に違いはあります。
スマ放題の場合は、ソフトバンクカードへの10,800円一括でプリペイドバリューチャージ、通信料金から1,000円×10か月の分割割引。
またホワイトプランにパケットし放題フラットを追加したプランの場合、ホワイトプランの基本使用料が2年間0円、ソフトバンクカードへの2,160円×10か月の分割チャージから選択できます。
どちらのプランに加入しても選べる特典として、SoftBankの人気キャラクターであるお父さんのロボット掃除機があります。
iphone6sを他社からの乗り換えで契約することによって、お得になるのは嬉しいですよね。

乗り換えのタイミング

他社からSoftBankへの乗り換えは、のりかえ割でお得になります。せっかくSoftBankにお得なキャンペーンがあるのなら、出来るだけ費用は抑えたいですよね。
乗り換えをする際には、タイミングがとても重要。
スマホの料金プランは、2年縛りと言われる事もあります。つまり最低でも2年間使う事を条件として、お得に使えるプランが豊富なのです。
2年以内に解約してしまった場合、解約金として9,500円が発生します。2年以上使っていればいつでも良いわけではなく、自動更新となっている場合がほとんど。解約金が発生しないのは、自動更新月のちょうど2年の年だけです。
このためSoftBankへの乗り換えはタイミングが大切なのです。
他にもiphone6sを乗り換えでSoftBankから購入する場合は、手数料が発生します。以前使っていたキャリアに、MNP転出手数料として2,000円、SoftBankに新規契約事務手数料として3,000円が必要です。

まとめ

手数料分を考えても、のりかえ割の特典の方がお得になると思います。
しかし解約金まで考えると、ためらう人も多いのではないでしょうか。
通信環境が安定しているSoftBankで、快適にそしてお得にiphone6sを利用するにはタイミングが大切なポイントといえます。

関連記事

?iPhone6sの最新価格で見る!ソフトバンクへの乗り換え方法5選
ソフトバンクの下取りプログラムでiPhoneをお得にGET!
ソフトバンクのiPhone6sをお得な料金プランで賢く運用!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧