iPhone

iPhone6sをスマホ下取りを利用してお得な価格でGETしよう

iphone-518101_640
昔に比べて、現代の携帯電話は値段が高騰しているため、一度購入してからは簡単には機種変更はしないですよね。
それでも新しいものが気になるのは仕方ないこと。
それなりの値段を出して購入したスマホを、ただ単に機種変更したり、新規で他の端末を購入するのはちょっと待ってください。
今はスマホを下取りをしてくれるショップが多数あります。
今回は、現在お使いのスマホを下取りに出してお得な価格でiphone6sをゲットする方法について紹介致します。

下取り対象スマホを確認

現在、iPhoneやandroidなどのスマホに限らず一部ガラケーでも下取りをしてくれるショップが多数あります。
街の下取りショップや、インターネットでの受付をし、宅配で下取りに出すことも出来るショップもあります。
また、各キャリアでも下取りキャンペーンを行っていることが多い為、そういったものを利用するのも良いでしょう。
まず確認したいのが、ご自身の携帯電話が下取り対象かどうかということです。
例えばiPhoneの中でも、iphone6sや5は買い取り可能だが、古いモデルは下取り対象外なこともあります。
画面が割れていると下取り不可、付属品が無いと下取り不可ということもありますが、これはショップによっても異なります。
キャリアショップでは、下取り不可だったが、下取り専門ショップでは電源が入らない程壊れていても下取りしてくれるということもあるので、無理かもしれないと思っても一度ショップを探してみると良いでしょう。

下取りする際に気を付けること

携帯電話というのは、個人情報の宝庫です。
電話帳はもちろんのこと、メールや携帯電話で撮影した写真、アプリに入力した情報など、そのままの状態で下取りに出すのは絶対に厳禁です。
携帯電話を下取りに出す際は必ず初期化をしてから下取りに出しましょう。

初期化について

前述したように、スマホを下取りに出す際に気を付けてほしいのは、データを必ず消して、初期化をしてから渡すということです。
しかし、個人のやり方で完全にデータを消すことが出来るのでしょうか?
可能であれば、専用のソフトを購入して初期化をすることが一番です。しかし、データ消去ソフトというのは安価ではありません。
そうなると、安全なのはショップでの初期化です。下取りに出すショップには完全にデータを消せるソフトがあります。
ショップに持ち込む前に、まずは自分自身で携帯電話の初期化をすること。
そして、しっかりとデータを消去してくれる信頼できるショップへ下取りに出すようにしましょう。

下取りされたスマホはどうなるの?

自分が使っていたスマホを下取りに出した後はどうなるかというと、大きく分けて2種類のルートがあります。
1つ目は、中古品として売買されるということ。
画面が割れていたり、電源が入らない状態のものは下取り不可とされているところでは、中のデータを完全に初期化してから中古品として売り出されます。
日本だけではなく、新興国にも売り出されています。
例えば、新興国では最新のiphone6s新品の値段は月の給料の2倍にもなる価格で販売されているため、簡単には購入することが出来ません。
そういった国では、最新モデルだけではなく、以前のモデルの中古品でも需要が多くありますのでiphone6sが発売されても、iPhone5以前のモデルの下取りもなくならないというわけです。
2つ目は、内部の部品を取り出してリサイクルされるということです。
前述と違い、画面が割れていても、電源が入らなくても下取り可能というショップではこの様に部品だけを使用するということがあります。

キャリアショップの下取りについて

docomoやSoftbank、auと日本の主なキャリアショップでは、スマホの下取りキャンペーンを行っています。
どの機種がどのくらいの値段で下取り可能かというのは、その時により異なりますので、必ず確認をしましょう。
下取り可能な機種でも、状態によっては不可と判断されることもあります。
例えば、docomoでは下取りについて以下の様な条件があります。
・携帯電話機などの購入時に、ドコモのスマホを下取りに出すこと
・正規店で購入されたものであること
・購入代金の未払いがないこと
・故障、水濡れ、大きな外観破損がないこと
・改造していないこと
など。
また、キャリアショップでは、下取りキャンペーンを行っていない時期もありますので要注意です。

下取りショップの下取りについて

キャリアショップでは、ポイントでの還元になることがあります。
現金で下取り代金を受け取りたいという方は、リサイクルショップなどの買い取りショップを利用すると良いでしょう。
下取りショップには、直接店舗に出向いて申し込む方法と、オンラインで申し込み、宅配便などで端末を送付して買取をしてもらう方法があります。
ショップに出向く時間がないという方には、オンラインで申し込みが出来るのはとても良い点ですよね。
しかし気を付けたいのが【実際の下取り価格】です。
先に申し込みをしていた情報では買い取り価格が高額だったのに、実際に端末を送付したら、傷などの理由によりかなり減額されてしまうということもあります。
業者によっては、最低価格として提示している価格も実は新品同様の状態での下取りの価格ということがある為、要注意です。
スマホの下取りを出すショップは、実績のあるしっかりとした店舗を選ぶようにしましょう。

まとめ

iPhone最新機種の発売当初は、在庫が足りなく入荷待ちもしばしば。
iphone6sの購入をあきらめていた方も今なら、どこでもすぐに購入することが出来ます。
今お使いのスマホを下取りに出す際は、端末の初期化をすること、信頼できるショップを選ぶことを忘れずに、お得にiphone6sを手に入れましょう。

関連記事

iphoneの料金を徹底比較!こんなに差が出る5つの買い方
【徹底レビュー!】iPhone6(6s)を使ってみて分かった4つのこと
ソフトバンクのiPhone6sに機種変更!一番お得な方法解説

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧