iPhone

iPhone6sの自慢はなに?気になる機能と価格をご紹介します

shopping-879498_640
アップル社が日本時間の9月10日、新型のiPhone6sの発表を行いました。
アップル社の正式な発表がある前から、ネットなどでは新型に関する噂が多く飛び交っていました。
それだけ世界中にファンが多く、関心が高いiPhone6sはどういった機能が搭載されているか?また価格は、どのようになっているのか?とても気になるところです。
今回は日本では主要キャリアとされている、ソフトバンク、au、docomoの3社から発売された新作iPhone6sの機能や価格について見ていきたいと思います。

iPhone6sのデザインの魅力と容量

前作のiPhone6と比較しても、見た目に関しては大きな変化がないように感じます。
サイズ感がほぼ同じでも、ボディにはしっかりとこだわりを持って制作されています。
素材に使われているのは最も強い7000シリーズアルミニウムとなっています。航空宇宙産業で使われているものと、同じグレードのアルミニウムが採用されているのです。
またスマートフォンの中でも最も丈夫なカバーガラスで作られているiPhone6s。安心して持ち歩くことが出来るのではないでしょうか。
さらには新色として、ローズゴールドが追加されています。iPhone5sでゴールドが追加され在庫切れが続出したように、ローズゴールドの在庫切れも予想されています。
また16GBの廃止が噂されていましたが、容量に関しては前作と同様に、16GB、64GB、128GBの3種類が用意されています。
アップルが制定している価格に関しては、税抜で16GBが86,800円、64GBが98,800円、128GBが110,800円となっています。
16GBと64GBの価格が12,000円ほどしか変わらない点から、今まで16GBを使っていて容量のグレードアップを検討している人も多いことでしょう。

タップする力で自在に操り高性能に進化したiPhone6sを支えるチップ

iPhone6sの操作は、指でタップをするのが基本です。今までにない新機能として、iPhone6sは指でタップした圧力を感知できるようになっています。
タップ、スワイプ、ピンチといったおなじみのMulti-Touchジェスチャーに加えて、3DTouchではPeekとPopが登場しています。これによってiPhone6sに新しい次元の機能性がもたらされているのです。
3DTouchを使う事で、iPhone6sが微かなタップを返しプレスによってできる事を目でみるだけではなく、感じる事が出来るようになっています。
メールを開く前のPokeでの確認、写真を撮影する前にイメージの確認、ウェブサイトを開いた時のイメージなど、ミス操作やトラブルをうまく活用することで防げるのでは?
繊細かつ高性能に進化しているiPhone6sを支えるのは、スマートフォン史上もっとも先進的なチップであるA9チップです。
64ビットアーキテクチャを持った第3世代のApple製のチップが搭載されているiPhone6s。モバイル用チップの最先端にA9チップは位置しており、一世代前のものと比較するとCPU全体のパフォーマンスが最大70パーセント向上しています。
グラフィックパフォーマンスは、最大90パーセントも高速になっているので、驚異的な速さで快適にiPhone6sを使えることでしょう。

数値でも大幅に進化をしたカメラ機能

iPhoneのカメラ性能は、数値をアンドロイドと比較してみると劣っている事が多かったといえます。
ありのままに操作ラグなども少ないですが、よりキレイな写真をスマホで撮影したいと思った時に不満に感じていた人も多かったのではないでしょうか。
iPhone6sは、カメラに関する数値もより高性能になっています。iSightカメラを使うと、12メガピクセルの美しい写真が撮影可能になりました。
写真の美しさを決めるのはメガピクセルだけではないので、iPhone6sには最先端のセンサー、新しい画像信号プロセッサ、先進的なピクセルテクノロジー、FocusPixel、強化されたローカルトーンマッピング、光学式手ぶれ補正機能を追加しています。
ユーザーが撮りたい写真を、手軽により美しくiPhone6sで撮影できるように進化しています。SNSの普及などでより重視された自撮りもより美しく、インカメラの性能も進化をしています。

キャリアで購入した場合の価格

MNPによって、番号を変える事なくキャリアの乗り換えも可能になった今、3社すべてから発売されるiPhone6sは、ユーザー獲得の鍵を握っているといっても過言ではありません。
実際、それぞれのキャリアでiPhone6sが発表され予約が開始されるまでに、さまざまなキャンペーンがスタートしました。
機種変更をしてユーザーを逃さないように、クーポンも発行されています。こうしたキャンペーンを活用することでiPhone6sの価格を下げる事が出来るのです。
それでは実質の負担価格は、いくらくらいになるのでしょうか。

ソフトバンク

ソフトバンクのiPhone6sを乗り換えや新規で購入する場合の実質負担価格は、16GBで648円、64GBで1,188円、128GBで1,728円となっています。
機種変更の場合の実質価格は、16GBで1,065円、64GBで1,605円、128GBで2,145円です。

au

iPhone6sをauから機種変更や乗り換えで購入する場合の実質負担価格は、16GBで670円、64GBで1,205円、128GBで1,740円です。
機種変更での購入する場合の実質負担価格は、16GBで1,075円、64GBで1,610円、128GBで2,145円となっています。

docomo

iPhone6sをdocomoで購入する場合、新規で契約すると25歳以下はさらにお得になります。
実質の負担価格は、16GBで1,080円、64GBで1,620円、128GBで1,620円となっています。
乗り換えの場合は、16GBが432円、64GBが972円、128GBが1,512円です。
機種変更の場合の実質負担価格は、16GBで1,080円、64GBで1,620円、128GBで2,160円となっています。

まとめ

このように、キャリアのキャンペーンを活用すると、実質の負担価格をかなり抑える事ができます。
乗り換えの場合がお得にはなりますが、乗り換えには手数料が必要です。
また家族で同一のキャリアを利用したり、自宅のインターネット回線とまとめて契約すること、価格を抑えるポイントとなってきます。

関連記事

iPhone6sに乗り換えて賢くMNPキャッシュバックを貰う方法
最新が良い!価格は抑えたい!それならiPhone6sを狙おう
iPhone6sをGETするなら今!手頃な値段で手に入れる裏技
iPhone6sPlusは手に入れた?最新価格とキャンペーンを紹介

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧