iPhone

最高の1台を最良の値段で。iPhone6s価格をじっくり検討する

10
様々なスマートフォンが売り出されている中、次にスマートフォンを買うならば、どんな機種を買おうかと悩んでいる方多いのではないでしょうか。
スマートフォンの中でも常に人気の高いiPhoneシリーズですが、現在iPhone6sがシリーズ最新機種として売り出されています。
しかし、決して安いとは言えない端末価格ですから出来るだけ価格を抑えて手に入れたいと願うのがユーザーの心でしょう。
今回は、iPhone6sの端末代金を抑えた購入方法についてまとめてみましたのでiPhone6sの購入を考えている方はご参考にしてみてください。

自分の使い方に合う適切な容量を知る

11
iPhoneは、今のところ発売されているシリーズでは他のスマートフォンの様にSDカードなどで容量をあとから増やすことが出来ません。
その為、購入時にどのくらいの容量が必要になるかを考えて選ぶ必要があります。
当たり前ですが、iPhone6sの容量が小さければ小さいほど端末代金の値段は安くなります。
しかし、後から容量を増やすことが出来ないので容量いっぱいになってしまった時に悩むことが考えられます。

最小容量16GB

  • 写真をあまり撮影せず、アプリもあまりダウンロードしない。
  • 不必要なデータは削除する。
  • 端末の値段を出来るだけ安くしたい。

という方は、一番容量の小さな16GBをおすすめします。
また、写真を撮影することは好きだけれども基本的にはパソコンに移動するという方も16GBが良いでしょう。要は、iPhone6sの中にデータを多く残さなければ良いのです。
アプリでも容量が小さなもの、大きなものがあります。
グラフィックが綺麗なゲームアプリなどは大きな容量を必要とするため、iPhone6sの容量を圧迫する原因のひとつになります。
その様なアプリを多く利用するという方は16GBのiPhone6sでは足りないと感じるかもしれません。

使いやすい64GB

ビジネスシーンでもプライベートでも、使用しやすいのが中間の容量の64GBです。
簡単には埋まってしまわない容量なので、音楽をたくさんiPhone6sの中に入れてもすぐには圧迫することがありません。
端末の値段ももちろん16GBよりは高額になりますが、容量は4倍になるので納得できる値段に設定されています。
大きなデータを扱うビジネスでも、問題なく使用することが出来ますし、たくさんの音楽をiPhone6sに保存して楽しむことが出来ます。
誰にでもおすすめ出来るのは64GBと言っても過言ではないでしょう。

悩まず保存の出来る最大容量128GB

  • とにかくたくさん写真を撮影したい、音楽を持ち歩きたい。
  • あまりパソコンに写真やデータを移動する機会がない。
  • 何年もずっとiPhone6sを使い続けたい。
  • 端末の値段はあまり気にしていない。

といった方におすすめなのは、最大容量の128GBです。
すぐに機種変更を考えていない方は、その分保存するデータも必然的に多くなってくることでしょう。
その時に、小さな容量では圧迫されてしまい、昔のデータは削除するかパソコンなどに頻繁に移動しなくてはならなくなります。
また、ビジネスシーンで大きな容量のデータを扱うことが多い方にも、おすすめです。
出先でパソコンを開くことが出来ない、そんな時でもiPhone6sがあれば確認することが出来るというのは強みになるでしょう。

端末購入時に実際必要な金額とは

iphone all color
iPhone6sの購入時に必要な金額は、当たり前ですが家電量販店や各キャリアショップなどの店舗に行けば端末代金はわかりますよね。
しかし、そこには様々なプランが書いてあったり【実質支払金額】という様な言葉が合ったり、一体自分がいくらで購入できるのかわからないという方が多いでしょう。
実際iPhone6sの値段はいくらで、実際支払う値段がいくらなのかを確認してみましょう。

Softbank

前述しました様に、iPhone6sの端末の値段は、iPhone6sの容量によって変わります。
Softbankでは以下の値段に設定されています。()の中の値段は2年分割の場合の月々の支払料金です。
16GB:93,600円(3,900円×24回)
64GB:106,560円(4,440円×24回)
128GB:119,520円(4,980円×24回)
ここから、割引が適用されますが、新規での契約なのかMNPでの乗り換えなのか、はたまた機種変更なのかによって割引価格も変わります。()の中の値段は合計割引金額です。

●MNPの場合

16GB:-3,468円×24回(-83,232円)=432円
64GB:-3,468円×24回(-83,232円)=972円
128GB:-3,468円×24回(-83,232円)=1,512円
月々の割引金額は変わらない為、端末代金によって支払い価格が変わります。
こちらが、他の割引プランが無かった場合の実際に支払うことになるMNPで購入した場合のiPhone6sの端末の値段になります。

●新規契約の場合

16GB:-3,252円×24回(-78,048円)=648円
64GB:-3,252円×24回(-78,048円)=1,188円
128GB:-3,252円×24回(-78,048円)=1,728円
こちらが、他の割引プランが無かった場合の実際に支払うことになる新規契約で購入した場合のiPhone6sの端末の値段になります。

●機種変更の場合

16GB:-2,835円×24回(-68,040円)=1,065円
64GB:-2,835円×24回(-68,040円)=1,605円
128GB:-2,835円×24回(-68,040円)=2,145円
こちらが、他の割引プランが無かった場合の実際に支払うことになる機種変更で購入した場合のiPhone6sの端末の値段になります。

au

auでは以下の値段に設定されています。()の中の値段は2年分割の場合の月々の支払料金です。
16GB:84,240円(3,510円×24ヶ月)
64GB:97,080円(4,045円×24回)
128GB:109,920円(4,580円×24回)
auでもやはり月々の割引が適用されますが、新規での契約、MNPでの乗り換え、機種変更なのかによって割引価格も変わります。()の中の値段は合計割引金額です。

●MNPの場合

16GB:-3,060円×24回(-73,440円)=450円
64GB:-3,060円×24回(-73,440円)=985円
128GB:-3,060円×24回(-73,440円)=1,520円
auもSoftbankと同じく月々の割引金額は変わらない為、端末代金によって支払い価格が変わります。
こちらが、他の割引プランが無かった場合の実際に支払うことになるMNPで購入した場合のiPhone6sの端末の値段になります。

●新規契約の場合

16GB:-2,840円×24回(-68,160円)=670円
64GB:-2,840円×24回(-68,160円)=1,205円
128GB:-2,840円×24回(-68,160円)=1,740円
こちらが、他の割引プランが無かった場合の実際に支払うことになる新規契約で購入した場合のiPhone6sの端末の値段になります。

●機種変更の場合

16GB:-2,435円×24回(-58,440円)=1,075円
64GB:-2,435円×24回(-58,440円)=1,610円
128GB:-2,435円×24回(-58,440円)=2,145円
こちらが、他の割引プランが無かった場合の実際に支払うことになる機種変更で購入した場合のiPhone6sの端末の値段になります。

docomo

docomoでは以下の値段に設定されています。()の中の値段は2年分割の場合の月々の支払料金です。
16GB:93,312円(3,888円×24ヶ月)
64GB:99,792円(4,158円×24回)
128GB:99,792円(4,158円×24回)
あれ?と思った方も多いと思いますが、実は、docomoでは64GBと128GBの値段が一緒です。
docomoでも割引が適用されます。やはり新規での契約なのかMNPでの乗り換え、機種変更なのかによって割引価格も変わります。()の中の値段は合計割引金額です。

●MNPの場合

16GB:-3,456円×24回(-82,944円)=432円
64GB:-3,186円×24回(-76,464円)=972円
128GB:-2,646円×24回(-63,504円)=1,512円
docomoでは、他2社と異なり、月々の割引金額が容量によって変わります。
こちらが、他の割引プランが無かった場合の実際に支払うことになるMNPで購入した場合のiPhone6sの端末の値段になります。

●新規契約の場合

16GB:-2,808円×24回(-67,392円)=1,080円
64GB:-2,538円×24回(-60,912円)=1,620円
128GB:-1,998円×24回(-47,952円)=2,160円
こちらが、他の割引プランが無かった場合の実際に支払うことになる新規契約で購入した場合のiPhone6sの端末の値段になります。

●機種変更の場合

16GB:-2,808円×24回(-67,392円)=1,080円
64GB:-2,538円×24回(-60,912円)=1,620円
128GB:-1,998円×24回(-47,952円)=2,160円
こちらが、他の割引プランが無かった場合の実際に支払うことになる機種変更で購入した場合のiPhone6sの端末の値段になります。
docomoでは、新規契約と機種変更での値段は全く同じになります。

まとめ

iPhone6sを契約する上で、3社を比べてみましたが、実際に支払う金額としてはそこまで大差はありません。
けれども、携帯代金というのは毎月かかってくるものです。塵も積もれば山となると言われるように少しの金額が長期で考えると大きな差になります。
今契約しているキャリアとの付き合いが長ければ、長期割引が引き続き適用されることもあります。お住まいの地域の電波状況が強いキャリアもあるでしょう。
どこのキャリアと契約し、どのプランを選ぶのかじっくりと検討してみるのが良いでしょう。

関連記事

絶対知るべき!各社iPhone6sの値段が違う理由5つ
ドコモ?au?ソフトバンク?iPhone6sの価格を徹底比較!
iPhone6sの値段が高騰する前に入手するための3ステップ
iPhone6sをGETするなら今!手頃な値段で手に入れる裏技
最新情報を見逃すな!iPhone6sをお得な価格で購入すべし

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧