iPhone

iPhone6sの予約注文、家電量販店でもやってくれるの?

keyboard-690066_640
アップル社から発売されているiPhoneシリーズは、世界中でも人気の高い端末です。
2015年の9月に販売されたiPhone6sも、記録を更新する売れ行きとなっているようです。
日本では主要キャリアと言われている、ソフトバンク、au、docomoの3社すべてから発売されています。
さらに新色として加わったローズゴールドは、発売前から予約の時点でも人気カラーとなっていました。
家電量販店でも広く扱われているスマートフォン。予約をして人気のiPhone6sを購入することは出来るのでしょうか。

家電量販店で購入する

iPhone6sを購入する際、多くの人が実際にキャリアの店舗へと行くのではないでしょうか。
しかし家電量販店でも、予約ができるのがiPhone6s。最近の家電量販店には、主要キャリアだけではなく、アップルや格安スマホなど多くの携帯が販売されているのです。
iPhone6sの販売に向けて、家電量販店に入っているキャリアもさまざまな取り組みを行っています。予約専用のブースを設けていたり、イベントを行うなどiPhone6sの購入を促すようなキャンペーンを実施しています。店舗では行われていない、特別な割引や特典がある可能性もあるのです。
予約することは可能ですし、また在庫が店舗よりも多く残っている可能性もあるのです。
キャリアが実施する割引のキャンペーンも適用されますし、近くに家電量販店がある場合そちらで予約をしてみるのも良いのではないでしょうか。

家電量販店のメリット

家電量販店でiPhone6sを予約する場合、どういったメリットがあるのでしょうか。
やはりメリットとして挙げられる最大の魅力は、主要キャリアの比較が出来る点だと思います。それぞれの店舗を巡らなくても、ワンフロアで価格の比較が出来るのは嬉しいですよね。
また最近では予約だけをしておき、iPhone6sの月々の支払い価格を比較して購入する人も増えているようです。3社すべてから販売されることもあり、iPhone6sに向けてキャリアもキャンペーンを充実させています。
またお互いにけん制し合うのか、はっきりした価格が予約の段階で明らかになっていない事もあります。そのため、家電量販店などで予約をしiPhone6sの価格を検討し、納得したキャリアで購入する人もいるようです。
これには、番号を変えることなく乗り換えができるMNPが可能になった事が多いと思います。乗り換えによってiPhone6sを予約購入した人を対象としたキャンペーンも、それぞれのキャリアで行われています。こうしたキャンペーンを活用することで、さらにiPhone6sをお得に購入することができるのです。
さらにiPhone6sにカバーを付けて使う人がほとんどだと思います。iPhone6sを家電量販店で予約購入した場合、カバーなどの付属品もまとめて購入することが可能です。
さらにはポイントが貯まる事もあります。iPhone6s分のポイントが貯まるのはお得ですよね。

乗り換えをする際に注意したい事

今まで使っていた端末と同じキャリア、さらには違うキャリアなど複数で予約をしていた場合、他社での契約がお得だったため、乗り換えを行う人もいると思います。
しかし乗り換えをする際には、注意すべきポイントがあるのです。
予約をし、実際に購入をする際には今まで使っていたキャリアを解約することになります。この際、契約更新月でなければ解約金として9,500円が発生するのです。予約をした段階ではなく、実際に購入する月が解約する月になります。その前に、自分の契約がどうなっているか確認しておきましょう。
スマホの多くのプランが、最低でも2年間使う事を条件とし安く使えるようになっています。この場合途中で解約すると、解約金が発生するのです。解約金が発生しないのは、契約更新月の1か月のみです。
この契約更新月が予約をした月ではなく、実際に解約する月であるようにしましょう。また残額は日割り計算となる事が多いので、月の始めに解約するとよりお得です。
注意したいのは、2年以上使っているといつでも良いという訳ではありません。2年以上でも自動更新となり、再び2年間の契約プランなので注意しましょう。予約をする前に、契約プランの確認をすることは大切です。

乗り換えに必要な手数料とは

予約をする前に契約プランを確認する。実際に購入する月が、契約更新月であるなどiPhone6sを乗り換えで購入する人も多いと思います。
iPhone6sを対象とした乗り換えキャンペーンも多く、端末の購入代金や毎月の利用料金がお得になるのでは。
しかしiPhone6sを乗り換えで購入する際に、確実に発生する手数料があるのです。まずは今まで使っていたキャリアにMNP転出手数料として2,000円から3,000円が必要です。さらに発行してもらったMNP転出番号をもとに、新しく契約するキャリアへ新規契約事務手数料として3,000円が必要になってきます。
予約をする際に、だいたいの料金シュミレーションをする人が多いはず。キャンペーンの割引だけではなく、支払うべき手数料にも注意しておきましょう。

まとめ

家電量販店の場合、3つのキャリアをまとめて在庫状況を入口などに展示されている事が多いです。
カラーや容量ごとに分けてあるので、欲しいカラーや容量が決まっている場合、在庫の確認もしやすいのでしょう。
また欲しいキャリアのiPhone6sの在庫がない場合や欲しいカラーや容量のiPhone6sがない場合は、予約することも可能です。
家電量販店によっては、ディスプレイの保護フィルムなどを貼ってくれるサービスを実施している事も。店舗だけではなく、家電量販店の予約も検討してみましょう。

関連記事

予約にメリットがあるの?iPhone6sを考えてる人必見!
売り切れ続出のiPhone6sを予約で早くGETできるショップ
iPhone6sを誰よりもいち早く予約できるお得なショップ5選
予約を取るならこの時間で!iPhoneの契約にかかる時間は?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧