iPhone

iPhone6sに機種変更をスムーズにやるためのポイント3選

number-437920_640
大きなシェアを占めるスマートフォンですが、その中でも世界中で人気を誇るのがiPhoneです。
今話題となっているiPhone6sは今までより機能性アップということで大きな話題となっています。
中には今からiPhone6sの購入を検討している方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は『iPhone6s』に機種変更をスムーズに行うためのポイントを3つご紹介させていただきます。

バックアップ

まず最初にご紹介するのは、基本中の基本『バックアップ』です。機種変更をする際、絶対にはずせない場所ですよね。
メール機能やアルバム、音楽などももちろんですが今や重要なのは『アプリ』です。ラインなどの連絡ツールアプリから、ゲームアプリなどもあります。
ゲームアプリなんかは地味にデータがなくなるとへこみますよね。筆者も経験があります。もう一度ダウンロードして最初からやりましたがかなりへこんだものです。
アイフォンだとバックアップは基本的に『アイクラウド』を使用される方が多いかと思います。
ただし新しいiPhoneを利用する際に以前の機種のデータを復元して利用するので、無駄なものまで一緒にバックアップ&復元するのは時間の無駄です。
何十GBもデータをバックアップしておいて復元させるのはかなり時間がかかります。なのでいらないアプリやデータはなるべく削除しておくのが吉でしょうね。
そして注意すべきはiPhoneのバックアップ時に「暗号化」をするということ、アプリ内のアカウント以降に特殊な操作が必要な場合があるという2点を注意して新しいiPhoneに機種変更をしてみてください。
iCloudからの復元など他にも方法はありますが、上記2点を抑えておけば限りなく現状のiPhoneに環境を新しいiPhoneに移行させることができます。
新しいiPhoneを手に入れる前に、バックアップはお早めに。

2.アプリの引継ぎ

これはバックアップと平行して行っておくべきなのですが、意外に忘れがちなのが『アプリの引継ぎ』です。
これをしておかないと、アプリのバックアップが取れていたところで実際使えませんからね。
ラインは『設定』から引継ぎ用の設定を行えますが、忘れてはならないのがゲームアプリの引継ぎです。
パズ○ラやチェ○ンクロ○クルなどのゲームアプリは引継ぎIDが発行され、それを覚えていないとゲームをプレイできなくなります。
なのでしっかり覚えておきましょう。筆者もメモをなくしてやらかしたことがあります。結構、へこみます。

3.保険

Appleが提供する保険とキャリアが提供する保険の2種類があります。保険に入る場合はどちらかを1つを選択して加入することになります。
iApple独自の保証サービス「Apple Care+」と、ドコモならドコモ独自の保証サービス「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」が用意されています。
保証サービスを利用しない場合、購入してから1年間だけ自然故障のみしか無料で修理を受け付けてもらえません。
つまり、過失による破損は1年以内であっても有償修理となります。過失による破損も保証してくれるのが、この保証サービスなのです。
Phoneを使う上で気になるのは、長く使っているとバッテリーがへたってきて全然もたないということです。実はこれも保証サービスを使うことで解決することができます。
仕様の50%以下の性能まで悪化している場合、無料で交換してもらえるのです。それ以外でバッテリーを交換したい場合は8,400円の費用がかかります。
Apple Care+では修理している間、代替機を貸し出すというサービスはありません。その代わりエクスプレス交換サービスというものを行っており、新品と交換する場合Appleから先に交換品が送られてきます。
その後、故障した製品をAppleに送るという流れになっていて、製品を持たない期間がないように工夫されているのです。
このサービスがあるから修理というより新品と交換する方が多いのでしょうか。
注意点としては、たとえばドコモショップの場合だと購入当日のみ分割払いでしか受け付けてもらえないということです。また、Apple Storeで加入する場合は一括払いのみしか受け付けてくれません。
機種変更をする際、この保険に入るかどうかをちゃんと決めておく、あらかじめ調べておくというのは大切なポイント。
意外に皆さんこちらを怠ってしまいショップで唸るはめになるというパターンをよくみかけます。なのでやはり、機種変更をスムーズにおこなうためにしっかり確認しておきたいところですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回はスムーズに機種変更するための要点を3つご紹介しました。
バックアップ。アプリの引継ぎ。保険加入をどうするか。
ドコモの場合はアカウントを取得しておかないといけなかったり、キャリアによってしておいた方がいいというポイントが変わりますのでそれぞれ、キャリアごとの条件なども要チェックです。

関連記事

iPhone6sに賢く機種変更する方法とは
iPhone6sの機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選
iPhoneへのデータ移行はご注意!機種変更前にしておく事

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧