iPhone

iPhone6sに乗り換える時に注意したい事。5つの備忘録

train-731357_640
アップル社から販売されているiPhoneシリーズ。世界中にファンが多い人気のスマートフォンです。
日本でiPhone6sの発売を行うのは、主要キャリアと言われるソフトバンク、au、docomoの3社です。
番号を変える事なくキャリアの乗り換えが可能なMNPの開始により、iPhone6sを購入する際にキャンペーンを活用してMNPでよりお得に購入しようと検討している人も多いのではないでしょうか。
今回はMNPを行う際に、注意しておくべきポイントをご紹介します。

解約するタイミング

MNPで乗り換えをして他社でiPhone6sを購入する場合、今まで使っていたキャリアを解約する事になります。
乗り換えをする前に、今使っているキャリアの契約プランを確認しておくことが大切です。
料金プランの多くは、最低でも2年間使う事を条件として安く利用できるようになっています。そのため、2年以内に解約をすると解約金として9,500円が発生してしまうのです。
乗り換えによるキャンペーンでお得になるためにも、解約金の発生しない契約更新月を調べておくことも大切です。
さらに日割り計算になるので、できるだけ月の早い段階で乗り換えの手続きを行う方が金額を抑える事が可能だと思います。

バックアップを取っておく

乗り換えの場合も、それぞれのキャリアで下取りを行ってくれます。下取り価格は、iPhone6sの購入代金から割引されるのでお得になるキャンペーンです。
下取りを行う際は、iPhoneを初期化しなければいけません。初期化すると中に入っている情報がすべて消えてしまうため、電話帳などのデータをiPhone6sへ移行できなくなってしまいます。
あらかじめバックアップを取っておくと、下取りやデータの移行がスムーズに行えます。
また万が一の際にも、日ごろからバックアップを取る習慣を付けておくとあわてる事もありません。
バックアップはパソコンがある場合はiTunesを利用しましょう。
パソコンがなくてもWi-Fi環境であれば、iCloudで簡単に行えます。フリーのWi-Fiスポットも増えているので、賢く活用しましょう。
電話帳以外のデータもバックアップしておくと安心です。画像などのバックアップはSNSを活用することも出来ます。
LINEのトークルームのアルバム機能、フェイスブックのアルバムを自分だけに公開しておくなどして画像のバックアップを行えます。
乗り換えで下取りを依頼する際に、バックアップが完了していなくても後日郵送での対応も可能です。郵送の場合は全ての手続きが完了してから、割引が適用されます。

手数料が発生する

乗り換えをする際に、手数料が発生することを知らない人も意外と多いようです。
まず今まで使っていたキャリアを解約する際、同一の番号を引き継ぐためにMNP転出番号を発行してもらわなければいけません。
MNP転出番号の手数料として、2,000円から3,000円が必要です。さらに乗り換えた先のキャリアで、同一の番号で契約をします。新規契約事務手数料として3,000円が必要です。
つまり乗り換えをする際には、5,000円から6,000円の手数料が必要になるということです。
最後の請求金額、最初の請求金額と併せて手数料は請求されます。乗り換えをした月の請求金額は、いつもより高額になるので注意しておきましょう。

有料コンテンツなどに加入していないか

映画などを見るためのコンテンツなどに、加入している人も多いのではないでしょうか。
また契約した際のキャッシュバックの条件として加入したコンテンツから、退会し忘れていていつの間に有料になっている可能性もあります。
乗り換えをする前に、有料のコンテンツに加入していないのかチェックをしておくことも大切です。
使っていないコンテンツにお金を払い続けるのは、わずかな額であったとしても年間を通せば大きな額になるはずです。

アプリの管理をしておく

ゲームのアプリやSNSなど、さまざまなアプリを楽しんでいる人が多いと思います。乗り換えをしてiPhone6sに移行しても、アプリを使いたい場合情報を引き継げるようにしておくと安心です。
ゲームなどを引き継ぐために、パスワードなどを入力しておくとiPhone6sでも今まで使っていた状態でアプリを楽しめます。
SNSのアプリなどもパスワードなど情報を入力しておくことで、乗り換えをしたiPhone6sでも同一のアカウントを利用可能です。
乗り換えをする前に、まだ通信が行える状況の間にアプリの情報を引き継げるようアドレスやパスワードの入力をしておきましょう。

まとめ

iPhone6sの予約も始まり、発売を楽しみにしている人も多いと思います。主要キャリア3社共に、販売に向けて新たな料金プランやキャンペーンを打ち出しています。
他社から乗り換えをする事によって、対象となるキャンペーンも豊富です。
ソフトバンクやauは加入するプランによって、毎月の支払い料金がお得になったりプランの基本料金がお得になります。またdocomoでは毎月の支払い料金がお得になるとともに、その場で最大10,800円の乗り換えボーナスももらえます。
こうしたキャンペーンをより賢く活用する為に、下取りの割引も早くから適用されるように、契約更新月を調べたりバックアップを行っておくことが大切です。
今までのiPhoneと比較しても、さまざまな面でより進化を遂げたと言われるiPhone6s。毎月の支払い価格を乗り換えで購入することで、抑える事が出来れば嬉しいですよね。

関連記事

iPhone6sでドコモに乗り換える時に注意したい5つのこと
iPhone6sに乗り換えて賢くMNPキャッシュバックを貰う方法
iPhone6sの最新価格で見る!ソフトバンクへの乗り換え方法5選
iPhone6sをGETするなら今!手頃な値段で手に入れる裏技

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧