iPhone

iPhone6sでドコモに乗り換える時に注意したい5つのこと

junction-663367_640
アップル社から発売されている、iPhoneシリーズは日本でも人気の高いスマホです。2015年9月25日に日本でも最新モデルであるiPhone6sが発売され、大きな話題となっています。
ソフトバンク、au、ドコモの主要キャリアと言われる3社すべてから発売されるiPhone6s。
MNPを使えば番号を変える事なくキャリアの乗り換えも可能なため、iPhone6sの販売に向けてそれぞれのキャリアでさまざまなキャンペーンが行われています。
安定した電波環境で人気のドコモ。iPhone6sをMNPでドコモから購入しようと検討している人も多いのではないでしょうか。
そこで今回はドコモに乗り換える際に注意すべき点をまとめてみました。

MNPの際に発生する手数料

iPhone6sをMNPを使ってドコモから購入する場合、のりかえボーナスなどのキャンペーンが適用されお得に購入することが可能です。
しかし乗り換えをする際には、手数料が発生するので注意しておきましょう。
まずはドコモに乗り換えを行う前に契約しているキャリアで、MNP転出番号を貰います。この際にMNP転出手数料として2,000円から3,000円が発生します。
次にこの番号をもとに、ドコモでiPhone6sの契約を行います。この際に新規契約事務手数料として3,000円が必要です。
手数料分、請求金額が高額になるので注意しておきましょう。

キャリアを解約するタイミング

多くの場合、スマホの契約プランは2年間となっています。最低でも2年間使う事を条件に、毎月の利用料金が安くなっているプランがメインです。
ドコモに乗り換えをしてiPhone6sを購入する場合はタイミングが重要です。
契約プランの途中で解約した場合、解約金として9,500円が発生します。契約プランの契約更新月に解約すると、解約金が発生せずよりお得にiPhone6sの購入が可能です。乗り換えをする前に、自分の契約プランを理解しておくことが大切です。
また2年以上使っていれば、いつ解約しても解約金が発生しない訳ではありません。多くの場合、自動更新となっているので再び2年間の契約プランになります。そのため解約金が発生しないのは、契約更新月の1か月のみという事になります。
また日割り計算で請求になるので、ドコモへの乗り換えはなるべく月の初めに行った方がお得です。iPhone6sが対象となるキャンペーンも豊富なので、契約更新月に乗り換えを行い、できるだけ費用を抑えておきたいところです。

端末料金の残額

多くの人が、スマホを購入した際にその場で支払いを行っていないのではないでしょうか。それはスマホそのものの料金も、分割で支払いをすることがメインとなってきたからです。
スマホの料金はキャリアの月々サポート、さまざまなキャンペーンを活用して分割で支払う事によってお得になっています。
しかし2年以内に解約してドコモへ乗り換えをする場合、端末料金の支払いを一括で行わなければならない場合もあります。
今までは月々サポートが適用された金額の支払いでしたが、途中で解約するとキャリアのサポートも受けられません。2年未満で解約する場合は、端末料金の支払い残高にも注意が必要です。
ドコモのiPhone6sは下取りキャンペーンなども行われています。下取り金額分、iPhone6sをお得に購入することが可能です。
こうしたキャンペーンの対象となるiPhone6sをよりお得に購入するためにも、乗り換えであれば残額が0になって行った方がお得です。

事前にバックアップをとっておく

ドコモで実施されている下取りのキャンペーン。
端末を下取りに出す際には、初期化を行います。初期化をするとすべてのデータが消去されます。そのため、新しく購入したiPhone6sに電話帳などのデータ移行をするためにバックアップが必要になります。
バックアップの方法はさまざま。iPhoneのバックアップをする際にパソコンがあればiTunesで、パソコンが無くてもiCloudを活用して行えます。
またアンドロイドもGoogleアカウントやJSバックアップアプリなどを使って、バックアップが可能です。iPhone6sで復元させたいデータは、事前にバックアップを行っておきましょう。
ドコモでiPhone6sを購入する際にバックアップが完了していなくても、後日郵送での対応も行っています。郵送の場合は、すべての処理が完了してiPhone6sから下取り金額の割引が開始されます。できるだけすぐに毎月の利用料金を抑えるためにも、事前にバックアップを行っておいた方がよいといえます。
またバックアップをする際に、アプリなどのデータも引き継ぎの準備をしておくと良いと思います。ゲームのアプリなどお気に入りであれば尚更、ドコモのiPhone6sでも楽しみたいという人も多いはず。iPhone6sで情報を引き継げるように、パスワードなどを入力しておくと安心です。

有料コンテンツの解約

ドコモへ乗り換えをすると、今まで使っていたキャリアの有料コンテンツなどが使えなくなる事も。
有料のコンテンツに加入している場合は、iPhone6sの購入前に解約することを忘れないようにしましょう。動画を見るためのサイトなど、特に注意が必要です。

まとめ

ドコモのiPhone6sを購入する際はさまざまなキャンペーンがあります。
さらに乗り換えでiPhone6sを購入することで、対象となるキャンペーンの幅も広がります。
キャンペーンの対象となるからこそ、乗り換えのタイミングなどにも注意しておきたいところです。
よりお得にドコモのiPhone6sが購入できるように、自分の契約内容を今一度確認しておきましょう。

関連記事

iPhone6sをお得価格でGETできる下取りキャンペーン
iPhone6sをスマホ下取りを利用してお得な価格でGETしよう
話題のiPhone6sはいつ買う?キャンペーン価格を比較しよう
iPhone6sをGETするなら今!手頃な値段で手に入れる裏技

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧