iPhone

安く持ちたい!iPhone6の一括0円だと料金はいくら?

38
iPhone6sが発売されて、一つ前のiPhone6が安く購入することが出来ました。
そこで安く購入したいとお考えの場合、一つ前モデル購入を検討されている方も多い様です。
街の家電量販店や、各キャリアショップで見かける【本体価格○○円、分割支援金○○円、実質○○円!!】といった記載は実際のところ、自分がいくら支払うものなのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
今回は、iPhone6を購入する際に、【一括0円】と記載されている場所で購入した場合実際に支払うのは一体いくらになるのかをまとめてみました。
購入時のご参考にしてみてください。

なぜ、iPhone6は一括0円で売られているのか

iphone-651353_640
iPhone6も、発売当初は16GBでも安くて70,080円、64GBですと83,280円、128GBだとなんと94,080円の価格で売られていました。
そのiPhone6が今や、一括0円で購入できるのはなぜでしょうか?
一番の理由としては、iPhone6sの発売になります。
人は誰しも、新しいものが発売されるとついついそちらに目がいってしまいますし、欲しくなるのは新しい機種ですよね。そうなると、今まで発売されていたものは型落ちと呼ばれ売れ行きががくんと落ちてしまいます。
そこで、在庫が残ってしまわないように価格を安くしてユーザーの購入意欲をわかせる作戦に出るというわけです。

どこなら一括0円?

iPhone6sの発売に合わせて、発表されてから様々な店舗で割引やキャッシュバックなどの広告が並びました。
そして、最近よく見かけるのがiPhone6の【一括0円】の文字です。
TwitterなどのSNSでもiPhone6を一括0円で購入したという報告も多く見かけます。更に割引クーポンまでもらえたということもあるようです。
これらは、各キャリアショップや家電量販店、街中の携帯電話ショップなどが個別に行っているキャンペーンになるため一体どこで購入すれば一括0円で購入できるのか悩んでしまうことでしょう。
実は、今現在はほぼどの店舗で購入しても一括0円で購入出来ることが多いというのが事実です。特に、Twitterでのみおとくな情報を流している店舗も多くあります。
店頭では教えてくれない情報でも、Twitterのみで流していることがあります。iPhone6を安く購入したいとお考えの方は、是非購入前にTwitterでお近くのお店の情報を調べてみると良いでしょう。
しかし、よく耳にする実質0円と一括0円の仕組みをしっかりと理解していないと、おとくな条件で購入することが出来なくなってしまいます。
実質0円と一括0円とはどういった違いなのかを次項で説明致します。

実質0円と一括0円の違い

39
実質0円というのはよく耳にすると思います。一括0円というのは似ているようで、内容は全く異なります。
この違いをあまり理解されていらっしゃらない方が多いようですが、この違いを理解しているかしていないかによっておとくに購入出来る方、逆に損をしてしまう方が出てきます。
今までにも確認してきた方もいらっしゃるとは思いますが、この機会にもう一度おさらいしてみましょう。

実質0円とは

iphone-830480_640
家電量販店や携帯電話ショップでよく見かける【実質0円】のポップですが、実質0円というのはあくまでも機種代金が無料になるわけではありません。
現在、各キャリアでは月々の利用料金から毎月一定の金額を割引をするというサービスを提供しています。
docomoでいうと月々サポート、auならば毎月割、ソフトバンクでは月々割という名前の割引サービスになります。どのキャリアでも、このサービスでの割引金額を基本料金やデータ通信費から引いてくれるということです。
例えば、docomoでiPhone6の月々サポートを受けるには機種変更のみでしか受けれないという条件はありますが、以下の通り毎月の割引があります。
iPhone6 16GB:63,504円(2,646/月×24回)
iPhone6 64GB:65,448円(2,727/月×24回)
iPhone6 128GB:67,392円(2,808/月×24回)
iPhone6を使う上では、基本使用料金やデータ使用料金を考えると月々安くても5,000円程度はかかります。そこから、2,500円ほどの割引があるというのは大きいですよね。
そして、ここからが実質0円の本題になりますが、例えばiPhone6の128GBを67,392円で購入したとしましょう。
そうすると、月々サポートにより、月2,808円の割引が2年間24回されることによって最終的に67,392円の割引になるというわけです。
しかし、この月々サポートの金額というのはあくまでも2年間継続して使うことが前提の話です。1年で機種変更したり、解約した場合は残念ながらその時点で割引がなくなってしまいます。
2年間使い続けることで、iPhone6本体の値段を24分割して毎月割引きになり総額が0円になるということです。これが、実質0円の正体です。
つまり、実質0円というのは【2年間使えば実質機種代金0円】ということになります。

一括0円とは

iphone-926663_640
実質0円に対して、一括0円というのは【最初に支払う機種代金が0円】ということになります。
説明するところがないほど、はっきりとしていますが【iPhone6 一括0円】という広告を見かけたら、機種代金の支払いは無料だと思って間違いありません。
ただし、注意してほしい点があります。
一括0円にするために、オプションの加入が必須の店舗が多くあります。
それらのオプションは、基本的には入ってすぐに解約すれば1ヶ月分で済みますので多くても1,000円程度ですが、オプションの解約を忘れて何ヶ月もそのままですと毎月オプション代がかかってきますので、余計な出費になります。
もし、オプション加入が必須の場合は、各キャリアのインターネットサイトからオプションの解約することが出来ますので、忘れないようにチェックすることをおすすめします。

まとめ

先日、ちょうどiPhoneの新モデルの発表がありました。
こうなると、どこの店舗でも続々と旧モデルのiPhone6の割引が始まります。
今が、iPhone6をお得に手に入れるチャンスです。
一番お得な時に購入できるように、Twitterなどの情報も見逃さないようにしましょう。

関連記事

iPhone6sを一括0円で買う時に絶対注意すべきこと5点
SoftBank乗り換えでiPhoneを一括0円でGETする為のポイント
最新情報を見逃すな!iPhone6sをお得な価格で購入すべし

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧