iPhone

スペック丸裸!iPhone6とiPhone6sの違いがわかる最新情報

apple-inc-508812_640
iPhoneシリーズが次々と発表されていますが、現在のシリーズ最新は【iPhone 6s】ですよね。
docomoやソフトバンク、auでもCMを次々に流していますのでテレビでも見かけることも多いことでしょう。
街中でも、発売当初の比べ在庫を確保している店も多く、どこの店を回っても在庫切れで買うことが出来ないといったことはなく、落ち着いてきました。
そろそろ、新しいiPhoneを購入しようかな?と検討中の方、iPhone 6sのスペックが気になりませんか?iPhone 6とiPhone 6sの違いはなんでしょうか?
今回は、iPhone 6とiPhone 6sの違いを徹底的にご紹介致します。購入時のご参考にしてみてください。

iPhone6とiPhone6sの外見

12
iPhone6とiPhone6sの違いと言っても、今までのシリーズからすると【s】が付くだけでは大して変わらないんじゃないの?と、考える方の多いことでしょう。
パッと見て変わらないと感じる、iPhone6とiPhone6sの違いですが見た目も実は変わっているんですよ。
まず、iPhone6には無かった新色の【ローズゴールド】が仲間入りしました。可愛らしいピンクですが、落ち着いている色なので男性にも人気が高いようです。

液晶画面の大きさは、iPhone6とiPhone6sの違いは無く、1,334 x 750の4.7インチになります。
しかし、外側の大きさには少し変更がありました。

  • iPhone6は、幅67.0×高さ138.1×厚み6.9 mm
  • iPhone6sは、幅67.1×高さ138.3×厚み7.1 mm

と、0.2mmほどの変更です。
たった0.2mmなので、カバーを付けてしまえば感じることが無い位の違いにはなりますが、重さも多少重くなっています。

  • iPhone6は、129g
  • iPhone6sは、143g

と、14g増量しています。

iPhone6sが重くなった理由

14gというと、あまり実感がわかないと思いますが、500円玉2枚分の重さがほぼ14gです。小さなiPhoneではこの違いは結構大きいと感じるかもしれません。
iPhone6とiPhone6sの違いは、あまりにも軽く弱さが心配されたアルミボディの強度を上げることで重さも増したと考えられていましたが、実はディスプレイの重さが重くなっています。
アルミボディ自体は、iPhone6よりも強度は増しているが重さは軽くなっています。
なぜ、外見の一番大きい部分を占めているアルミパーツが軽くなったのにディスプレイが重くなったのかと言いますiPhone6sから搭載された新機能【3D Touch】の為の容量性圧力センサーとTaptic Engineによるものです。
見た目ではアルミパーツを使っているiPhone6とiPhone6sの違いは大差はありませんが、小さなパーツ類での違いがあると言えるでしょう。

何といっても3D Touch

iphone-1032782_640
iPhone6とiPhone6sの違い、そしてiPhone6sから加わった最大の特徴というとやはり【3D Touch】ではないでしょうか。
前述した様に、パーツを軽くしてもディスプレイだけは重くなってしまったのは、この3D Touchを何としても取り入れたかったからだと言われています。
iPhone6まではなかったこの機能ですが、どの様な動作をするかと言うと、アプリなどアイコンを強く押し込む動作になります。
この動作で各機能のショートカットが現れる『クイックアクション』はとても便利な機能と言えるでしょう。

クイックアクション

クイックアクションは、対応しているアプリはまだ少なく、iPhoneに元から入っているアプリでも未対応のものもあります。
例えば、ボイスメモはクイックアクションを使うことで一度立ち上げなくても、ダイレクトに録音を始めることが出来ます。Safariでは、ブックマークの表示やリーディングリストを表示することが出来るなど様々な機能が追加されています。
どれも、一度アプリを立ち上げてからならメニューで開くことは出来るのですが、ワンアクションで始めることが出来る為素早い操作が可能になります。

意外と便利なメールやLINEのピーク&ポップ

LINE
メールをちらっと見て、返信したつもりになってしまううっかりさんにおすすめなのが【ピーク&ポップ】です。
メールで、一度タップすると内容が表示され未読のマークが無くなってしまう為、返信したつもりになる方もいらっしゃることでしょう。
しかし、3D Touchを使えば未読のマークを消すことなく内容を表示することが出来る為、後で未読マークがついているメールをゆっくりと返信することが出来ます。
また、大人気アプリの【LINE】ですが、一度会話をタップすると既読のマークが付きます。
しかし、既読しても返信をあとにしようと思っていたのにすっかりと忘れてしまい、既読したのに返信が来ないと文句を言われてしまうこともあることでしょう。
3D Touchを使えば、これもまたメールの様に既読マークを付けずに内容をチラ見することが出来ますので、改めて後で既読し返信をするということが出来るようになります。
3D Touchが使えるようになったというのは、iPhone6とiPhone6sの違いのなかでかなり大きな特徴と言えます。

重要項目、カメラの性能

13
実際にiPhone6とiPhone6sの違いを考えると、CMでも紹介されているように【カメラの性能】が大きく飛躍しています。

iPhone6sのメインカメラ

一昔前のiPhone4sより、一貫して800万画素から変更のなかった外側についているメインカメラがiPhone6sではついに1,200万画素へと進化したのです。一気に400万画素も増えたというのはかなり大きな進化になります。
と言いましても、カメラの性能は画素数だけで決まるものではありません。iPhone4sからiPhone6まで800万画素で、画素数は変わらなかったものの、随分と綺麗に撮影できるようになりました。
これは、iPhone発売当初にはガラケーにも負けてしまう程夜景や暗いところでの撮影に弱かったカメラ性能がかなり向上したことによるものでしょう。

フロントカメラも性能UP

iPhone6とiPhone6sの違いは、メインカメラだけではありません。
iPhone同士で顔を見て話すことの出来る【FaceTime】に使用する、フロントカメラも120万画素から500万画素まで大幅に性能が上がりました。
メインカメラでの撮影じゃないと、綺麗に撮影出来ないなんて時代はもう終了です。フロントカメラで、いつでもどこでも綺麗に撮影することが出来るようになりました。

動く写真Live Photos

カメラ機能でiPhone6とiPhone6sの違いを語る上で、なんといっても気になるのは画像を押しっぱなしにすると動いている映像ではないでしょうか。
これは【Live Photos】という、iPhone6sに新しく搭載された機能で、『シャッターを押す前後の1.5秒の映像と音声を記録する』機能です。
但し、こちらの機能はまだ外部のサービスで対応していないものが多く、これから期待出来る機能になります。
もちろん、ご自身で見る分には楽しめることでしょう。

まとめ

iPhoneとiPhone6の違いというのは、大きくこれが変わったというのは【3D Touch】のみかもしれません。しかし、細かく見てみると様々な違いがあります。
3D Touchも、慣れるまでは多少の操作性にやりづらさを感じる面もあるかもしれません。一度慣れてしまえばワンアクション減らせるというのはかなり大きな利点と言えるでしょう。
iPhone6sの在庫も落ち着いてきた今こそ、iPhone6sの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

iPhone6sPlusとiPhone6s、大きさ以外に何が違うのか徹底比較
どっちがいい?iPhone6sとiPhone6sPlusの違い4パターン
【徹底レビュー!】iPhone6を使ってみて分かった4つのこと
【衝撃レビュー】iPhone6Plusを使って分かった4つのこと

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧