iPhone

iPhone6からiPhone6sにスムーズに移行する為のチェックポイント

iPhone6Sの発売からかれこれ半年以上経ちました。
ひとつ前のモデルであるiPhone6から変えた方も多いんじゃないでしょうか。最近は1年ちょっとで新しいiPhoneへ変える方も増えてきているので、iPhone6からiPhone6Sのニーズは非常に高そうです。
新しい機能も加わり心機一転、のその前にスムーズにiPhone6からiPhone6Sへ移行する準備はできているでしょうか?買ってからバタバタ準備するのもすごく二度手間な感じになってしまいますよね。
特に、今回は大きなモデルチェンジも無いので安心して移行をしようとして上手くいかない、というトラブルに遭遇された方も多かったようです。
今回は、iPhone6からiPhone6Sへ変えたときに慌てなくていいように、スムーズに移行を行うためのポイントを確認していきましょう。
 

事前準備

apple-691471_640
まずは事前準備をしましょう。

  • 移行はパソコン(iTunes)?Wi-Fi(iCloud)?
  • iOSは最新?
  • ID、パスワードは確認できていますか?

上記3点確認しておきましょう。確認したら、次に進みます。
ID・パスワードはSNSやゲームなどそれぞれで設定が必要になるものがあります。
AppleIDはもちろんですが、移行が上手くいかなかったりの危険性も踏まえて事前に確認できるものは確認しておきましょう。
※パソコンでの移行の場合、不要になることが多いですが確認しておくに越した事ないので念には念を入れておきましょう。

iOS更新

最新でない方は更新しましょう。更新はパソコンかWi-Fiで行います。

パソコン

パソコンを立ち上げiTunesを起動させます。起動を確認したらiPhone6をつないでまずは更新を行いましょう。
更新が必要な場合つないでスグに「更新があります」と表示が出てきますので、あとは画面に従って更新していきます。

Wi-Fi

Wi-Fi環境での場合は、iPhoneの端末の「設定アプリ」からおこないます。
「設定アプリ」の「一般」→「ソフトウェアアップデート」を確認します。
更新がある場合は画面に最新のiOSのバージョンが表示され「ダウンロードしてインストール」というボタンが現れます。
※Wi-Fi環境でない場合はボタンが押せません。Wi-Fi環境かどうか確認して更新しましょう。
どちらの更新も1時間ほどかかる場合もあるので、寝る前など端末を触らないタイミングでの更新を行ってください。
更新完了後、簡単な初期設定を行います。画面に従って入力を行いホーム画面がでてきたら完了です。

バックアップを取る

iphone-926663_640
では実際にバックアップを取っていきます。こちらもパソコン、Wi-Fiでやり方が異なります。
推奨はパソコンでの移行ですが、パソコンが無い場合はWi-Fiでバックアップを取りましょう。
Wi-Fi環境もお持ちでない方は各会社が提供するWi-Fiスポットを利用してバックアップを取りましょう。
※フリーのWi-Fiスポットは速度が速くありませんので、時間がかかるのを覚悟しておいてください。

パソコン

iOS更新と同じ要領で立ち上げ、iPhoneを繋ぎます。
この時、iTunesが最新でない場合は必ず更新を行っておいて下さい。移行が上手く行えない原因となってきます。
繋いだらiTunes画面上部に表示されるiPhoneのアイコンを押して概要をみます。詳細情報が出てくるのでバックアップを取るアプリで間違いないかしっかり確認しておきましょう。
次に画面中段に表示されるバックアップ欄を確認します。「このコンピュータ」にチェックを入れ、次に「バックアップを暗号化」にチェック入れておきましょう。
するとスグに復元するときのパスワードを聞かれます。任意で設定しておきましょう。もちろんで簡単なものはなるべく避けておきましょう。
パスワードの設定が終わるとすぐにバックアップが開始します。ゲージが満タンになったら完了となります。終了したらiPhoneは外しても大丈夫です。
「バックアップを暗号化」のチェックは忘れずに行ってください。LINEの履歴やiPhoneに設定されているパスワードなどもバックアップを行ってくれます。

Wi-Fi

Wi-Fi環境のバックアップはiCloudにて行います。
「設定のアプリ」から「iCloud」の項目を確認しましょう。
この時iCloudの設定がまだの方はAppleIDとパスワードの入力画面が出てきます。未設定の方は打ち込んでサインインを完了しておきましょう。
「バックアップ」の項目をタップします。「iCloudバックアップ」をオンにしておきます。
出来たらいったん前に戻ります。バックアップを開始する前に少しチェックしましょう。
項目の横のスイッチが緑色になっていればオンになっています。保存したい項目がオンになっているか確認しましょう。
次に「容量」タップします。通常無料で5Gまで保存できます。以前から利用している方は、前の端末が保存容量を食っているかもしれません。ストレージ管理を押して中を見てみましょう。
以前の端末があり、不要な場合は項目をタップして「バックアップを削除」しておきましょう。
次はバックアップを取る端末の項目を選び、アプリごとのバックアップを確認します。
特に写真は容量を確認してオンオフしましょう。
どうしてもバックアップ取りたいが、容量が足りない場合はiCloudの容量を追加購入しましょう。月額制なので新しいiPhoneに移し終えたら無料に戻しましょう。購入はストレージ管理から行えます。
「バックアップ」の項目に戻り「今すぐバックアップを作成」で開始します。
Wi-Fiの状況によりますが、時間がかかります。寝る前などに行っておきましょう。
これで、事前準備が完了しました。

iPhone6Sに移行する

iphone-6-658844_640
実際に移行していきますが、その前にiPhone6SもiOSが最新か確認しましょう。
ここが一番のポイントになります。購入時は最新のiOSになっていないことが多く必ず更新を行いましょう。最新だと思ってしまって復元をすると処理しきれずフリーズになったりの原因となります。
更新する際は面倒ですが、簡単な初期設定を行ってホーム画面が開けるところまで行きましょう。AppleIDやパスコードの設定は不要ですので、未設定で進めていきましょう。iOS更新は先ほどの手順を参考にして下さい。
更新が完了したら、一旦リセットしてしまいましょう。「設定のアプリ」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップしてリセットします。
※この間にメッセージアプリに受信したものは消えてしまいます。保存しておきたいものは写メるなどしておきましょう。
初期設定を再度行います。AppleIDやWi-Fi設定など任意の設定を行います。
パスコードの設定まで終わらせると、「Appとデータ」という項目になるのでここで取ったバックアップから復元を行います。

パソコン

パソコンから戻す方は「iTunesバックアップから復元」を選択後、iTunesを起動したパソコンに繋ぎます。
バックアップを選択画面が出てくるので日時などを参考に元を選択します。暗号化を設定した方はパスワードを入力すると開始します。
再起動を繰り返したりして「スライドでアップグレード」という表示が出たらスライドし、パスコードやiCloudのパスワードを入力します。その後も利用に合わせての初期設定を行い完了です。

Wi-Fi環境

Wi-Fi環境で戻す方は「iCloudバックアップから復元」を選択します。
サインイン画面が出るのでAppleID・パスワードを入れサインインします。利用規約に同意し日時を参考に元のバックアップデータを選びましょう。AppStoreなどににログインするため再度パスワード入れると、復元が始まります。
こちらも時間がかかるので終わるのを待って、その後初期設定を行い完了します。
Wi-Fiでの復元時はLINEやゲームアプリ、SNSなど再度ログインが必要になります。ログインしてやっとすべて完了となります。

トラブル時は

よくあるトラブルを簡単にまとめます。

iOSが最新でなくフリーズしてしまった場合

パソコンに繋いで更新をかける形になります。
強制終了をかけ、DFUモードに入れて繋ぐなど専門知識が必要な場合もあります。
まずはappleに相談しましょう。

パソコンで戻した時に、アプリが消えている場合

AppStoreから再インストールしてください。
バックアップ時にちゃんとデータがバックアップ取っているものは、再インストールで開けばデータ移行できています。
それでもおかしい所があれば、再度リセットして復元しなおしましょう。

まとめ

以上ですが、少し内容がたくさんあったかもしれません。
ただ、事前準備さえしっかりしておけば、そこまで難しいものではありません。
準備と移行手順、注意事項を参考にして頂いてスムーズに移行を行ってくださいね。
面倒に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、しなくてより面倒な事になる前に必要な項目をピックアップした内容ですのでやってみてください。
ということで、今回はiPhone6からiPhone6Sへのスムーズな移行するためのチェックポイントでした。

関連記事

iPhone6からiPhone6sに移行する時に覚えておきたい3ステップ
iPhone6sに賢く機種変更する方法とは
話題のiPhone6sはいつ買う?キャンペーン価格を比較しよう

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧