iPhone

下取りで断然お得に!iPhone5sからiPhone6s買い替え指南

根強い人気を誇るiPhone。
iPhoneユーザーの方々の中には「iPhone5sからiPhone6sに変更しようかな。でも、まだ早いかな?何かお得に買い替える方法はないかな?」と悩んでいる方も多いと思います。
そんな方の為にiPhone5sからiPhone6sへの買い替えのお得な方法をお伝えします。
 

下取りによる買い替えは断然お得!

iphone-658842_640
iPhone5sからiPhone6sへの機種変更は、64GBだと、どのキャリアも24カ月利用前提の実質価格も約40,000円前後と少し高額です。
16GBならやや、安くはなりますが、OSやアプリ、写真の高画素化などなどの為、空き容量の確保という問題がありますので、できれば64GB以上を確保しておきたいところです。
そこで、お得になるのはドコモ・au・ソフトバンクの各キャリアが提供しているiPhoneの下取りによる買い替えです。
故障していない、破損のないiPhoneを下取りに出すと実質2〜3万円ほど割引されます。iPhone5sからiPhone6sならば実質1万円台で機種変更が可能になる事もあります。
機種変更手数料もドコモとauが2160円、ソフトバンクが3240円とMNPするよりは安くすみます。
特に、auやソフトバンクのiPhone5sは中古ショップの買い取り相場よりも高い金額の割引を受ける事ができるようです。但し、正常に動作する場合に限らられます。
1万円台でiPhone5sからiPhone 6sへスムーズに移行できる下取りサービスは、かなり魅力的だと思われます。

ドコモ、一部量販店での場合

ドコモでは正規に購入したiPhoneで、水濡れや故障がないものを下取りしドコモショップと一部量販店の店頭では、下取り金額をiPhone5sからiPhone6sの支払額から直接割引でき、下取プログラムと下取りプログラムが適用された場合に24カ月分の月々サポートを増額する、ゼロから機種変キャンペーンがあります。
ゼロから機種変キャンペーンを利用すると、iPhone5sからiPhone6sへの下取りによる機種変更の場合は「-675円×24カ月」で合計1万6200円で購入できる事になります。
通常、ドコモで64GBのiPhone6sに機種変更すると約40000円ほどかかりますが、iPhone5sのユーザーならばiPhone5sを下取りに出し「下取りプログラム」と「ゼロから機種変キャンペーン」の割引サービスを利用し、iPhone5sからiPhone6sへの機種変更の実質金額を25000円程度安くする事も可能です。iPhone 6s(16GB)なら実質0円で購入できます。
ただ、前述の通り、空き容量の確保という観点からも「写真もとって、色んなアプリいれて、ゲームして・・ガンガン使うぞ!」という方には16GBは向かないと思います。
しかし、主な利用がネットの閲覧やSNSでやりとりする程度で十分という方には16GBも良いかもしれません。
また、ドコモは本体が画面割れしていても動作が正常で水漏れなどの問題もなければ「下取りプログラム」の対象になります。
「ゼロから機種変キャンペーン」分の割引額も減額されません。iPhone5sからiPhone6sへの変更ならば、下取りプログラムは割引額は減額されますが、ゼロから機種変キャンペーンの割引額は減額されません。
但し、注意すべきは下取りプログラムはドコモショップ店頭か一部の家電量販店の店頭での手続き以外では郵送手続きとなります。さらに割引額も約1200円分減額されてしまします。
加えて、ゼロから機種変キャンペーンは24カ月間の月々サポートの増額で提供されるものなのでその辺りはややデメリットもあります。
しかしドコモには毎月一定額を払えば次の機種変更が24ヵ月に満たなくても残りの分割支払い額を一定額割り引く機種変更応援プログラムというキャンペーンも実施しています。
このプログラムでは注意すべき点もあります。例えば13ヵ月目に機種変更すると、下取りで割引されるはずの残り11ヵ月分の割引が消滅してしまう事です。
機種変更応援プログラムの利用を検討されるならば、ドコモの下取りを利用するよりも、中古ショップで売って現金化した方が得なケースもあると思われます。

auの場合

auの場合は機種変更価格はドコモやソフトバンクと変わりはないのですが、スーパー機種変更キャンペーンはiPhone5sの下取りだと割引額が他社より5000円程高いようです。
なのでauユーザーでiPhone5sからiPhone6sへの機種変更を考えている方は是非とも利用する価値はあるかと思われます。その他の機種も500円ほど割引額が大きくなっています。
割引額が多い「スーパー機種変更キャンペーン」の第一条件は外観の破損、故障、水濡れがない事です。
「外観の破損」がどの程度までなのかは分からないですが、キャンペーンの利用の前にauに確認しておいた方が良いでしょう。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクもドコモやauと割引額は殆ど変わりません。下取り金額はややauより安いようです。
ソフトバンクの場合は、機種変更下取りプログラムというサービスとなっています。こちらも第一条件は、外観の破損や故障、水濡れのないiPhoneです。
iPhone6s、iPhone6s Plusへの機種変更を割り引き下取り額は割引は24カ月に分けて通信料金から自動的に割り引く、または、 Tポイント一括付のどちらかを選択できるサービスとなっています。
ソフトバンクの下取りは店頭下取り対応のソフトバンクショップか、郵送で対応できます。
ソフトバンクの場合は郵送でも下取り額の減額がないとの事なので、この点でソフトバンクユーザーさんはお得ですね。
割引額の付与方法はTポイントでの付与がお得かもしれません。
通信料金からの自動割引だと24か月以内に途中解約すると割引額が消滅してしまうようですので、コンビニやネットショップでも使えるTポイント一括送付の方をオススメします。

まとめ

以上、下取りサービスによるお得なプランを注意点などをあげて見ました。
利用しているキャリアや、利用される方の性格やライフスタイルによって何が一番か?迷うことも多々あるかと思われますが、下取りサービスは様々な観点からもお得な購入方法ではないかとおもわれます。
お得な下取りサービスを利用して、iPhone5sからiPhone6sへ機種変更しちゃいましょう!

関連記事

iPhone6sに機種変更なら要注目!総務省勧告のポイント3点
iPhone6sに賢く機種変更する方法とは
iPhone6sの機種変更なら絶対公式サイトを利用すべき理由8選
iPhoneへのデータ移行はご注意!機種変更前にしておく事

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧