iPhone

iPhone内の連絡先⇒iTunesへ移行する際の5つの注意ポイント

iPhoneの最新機種をすぐに手に入れたい、だけど、データの移行が面倒だし気軽に新しくできない!とお困りの方いらっしゃいませんか。
そうでなくとも、機種変更の度に、連絡先や画像、音楽を移行するのは非常に手間がかかり面倒ですよね。
しかしながら、現在は昔と違い、iTunesやCloudを上手く活用することで、データ移行などの手間が大幅に削減できるようになりました。
そこで今回はiPhone内の「連絡先」を、iTunesに移行する手順と、注意すべきポイントについて説明いたします。

1、連絡先の移行手順

data

1-1、連絡先移行を始める前に

まず、連絡先をiTunesに移行する流れを見ていきますが、その前に連絡先移行に使用するパソコンの環境を事前に確認しましょう。対応していないOSやネット環境をご利用の場合、データが消失してしまったり、上手く移行できない場合があります。
確認するポイントは以下の5点です。
確認①Windows7以降のOSであるかどうか。
確認②iTunesは最新のバージョンかどうか。
確認③iTunesの連絡先が混同しない様に、ユーザーが分けられているか。
確認④Outlookを同期先に利用する場合、Outlook2003以降であるか、また初期設定(スタートアップ)が行われているか。
確認⑤パソコンの同期先(OutlookやWindowsアドレス帳)に連絡先データが入っていないかどうか。(重複して登録される可能性があります)
これらの環境が整った状態で、連絡先の移行を始めましょう。

1-2、実際の移行手順

iphone6s
さて、それでは実際に連絡先を移行していきましょう。

手順①iCloudの連絡先同期を「オフ」にする

連絡先同期が「オン」のままではiTunesからの同期ができませんので、「設定」→「iCloud」→「連絡先」のボタンを切り替え「オフ」に→「iPhone上の、以前同期したiCloud連絡先をどうしますか?」で「iPhoneに残す」を選択する、といった手順で連絡先同期を「オフ」にしておきましょう。

手順②iTunesの「自動同期」を停止しましょう

iPhoneをiTunesに接続すると自動的に同期が開始され、データが消失してしまったり重複する可能性がありますので、この設定を停止しておきましょう。
iTunesの画面「編集」→「設定」→「デバイス」から「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックし「OK」をクリックして完了です。
これでiPhoneを接続する準備が整いましたので、接続して移行していきます。

手順③パソコンにiPhoneを接続して連絡先を移行する

付属のUSBケーブルでパソコンにiPhoneを接続し、「情報」→「連絡先の同期先」にチェックします。
・希望の同期先が表示されている場合→「詳細」の連絡先にチェックが入っていないことを確かめ、「同期/適用」を選択すると、同期が開始されますので、完了までお待ちください。
・希望の同期先が表示されていない場合→希望の同期先を選択し、「切り替える」を選択してから、「詳細」の連絡先にチェックが入っていないことを確かめ、「同期/適用」を選択すると、同期が開始されますので、完了までお待ちください。
以上の手順で連絡先はiTunesに同期することができます。
手順の中でご説明した注意点について以下にまとめましたので、もう一度おさらいしていきましょう。

2、連絡先を移行する際の注意点

iphone6s

注意点①パソコンの環境を必ず確認しましょう

これを怠った場合のデータの消失や重複は保証できませんので、各自ご自分のパソコン、インターネット環境を確認しましょう。

注意点②Cloudの連絡先同期を必ず「オフ」にしましょう

「オン」の状態ですと、連絡先の同期にチェックができません。

注意点③iPhoneを接続する前に必ず「自動同期」を停止しましょう

こちらがオンのままですと、データが消失したり、重複したりすることで、スムーズに移行ができない場合があります。

注意点④同期先の切り替えが必要な場合は、希望の同期先を選択しましょう

希望の同期先を選択し忘れると、どこに同期されたのか分からなくなってしまいます。

注意点⑤同期できたかどうか、各同期先の「アドレス帳」から確認しましょう

同期できているかどうか確認しないでいると、もし同期が失敗していた場合取り返しがつかなくなります。
以上の5点をしっかりと確認して、確実なデータ移行を済ませましょう。

正しい操作で正しいデータ移行を

いかがでしたでしょうか。
iTunesやCloudを使い慣れていない方や、そもそもデータの移行やバックアップなんてやったことない!という方にとっては少々難しい操作もあったかと思いますが、このようなバックアップの操作に慣れていれば、機種変更時の各種データの移行がスムーズになるだけでなく、意図せずデータが消失してしまったり、重複してしまった場合に、パニックになることなくデータの復元を行えるようになります。
ですので、是非この一連の作業に慣れることができるよう、連絡先以外のバックアップをとってみるのもいいでしょう。
快適にiPhoneを利用するためには、単純ではありますがこういった細かい作業が非常に重要です。正しい操作で、スムーズな移行、確実な復元を!

関連記事

iPhone7に変えた!連絡先移行のキャリア別完全マニュアル
教えて欲しい!iPhoneからiPadに連絡先を移行する方法
iTunesのバックアップからiPhoneの連絡先を復元する方法
iPhoneへのデータ移行はご注意!機種変更前にしておく事
 

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧