iPhoneを新規契約で購入する時に知ってると得する情報3選


スマホを乗り換えるなら!

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割や限定キャンペーンなど、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら

大手キャリアの料金の違い

docomo

iPhone7 32GBモデル

◇通信料金
カケホーダイライトプラン:1,700円
SPモード:300円
データMパック(5GB):5,000円

月額通信費合計:7,000円 税込:7,560円
2年間の通信費合計:181,440円(税込)

◇機種代金
3,429円×24回 合計:82,296円(税込)
月々サポート適応後
648円×24回 合計:15,552円(税込)

◇2年間の費用合計額:196,992円

 

au

iPhone7 32GBモデル

◇通信料金
スーパーカケホ:1,700円
LTE NET:300円
データ定額5(5GB):5,000円

月額通信費合計:7,000円 税込:7,560円
2年間の通信費合計:181,440円(税込)

◇機種代金
3,300円×24回 合計:79,200円(税込)
毎月割適応後
450円×24回 合計:10,800円(税込)

◇2年間の費用合計額:192,240円(税込)

 

SoftBank

iPhone7 32GBモデル

◇通信料金
通話し放題プラン:1,700円
S!ベーシックパック:300円
データ定額 5GB:5,000円

月額通信費合計:7,000円 税込:7,560円
2年間の通信費合計:181,440円(税込)

◇機種代金
3,660円×24回 合計:87,840円(税込)
毎月割適応後
450円×24回 合計:10,800円(税込)

◇2年間の費用合計額:192,240円(税込)

 

通話定額プランにした場合の通信費は3社とも違いはありませんが、機種代金の部分で多少の違いが出てきます。

端末の総額を見るとauとSoftBankが安いため、トータル費用はauとソフトバンクが安いという結果になります。

そのため、端末価格だけではなく、通信費や月々の割引額も含めて検討することをお勧めします。


スマホの乗り換えで失敗する人の共通点

「機種変更してみたら、思ったより料金が高かった…。」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させらて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときには『おとくケータイ』などのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月が最もおとくな時期です。

→ おとくケータイで乗り換えキャッシュバックをもらう
→ソフトバンクはこちら
→ドコモはこちら
→auはこちら
1 2 3 4 5 6

絶対お得に乗り換える!携帯キャッシュバック比較表

1. 通常のショップで契約すると、有料オプションの強制加入や、不要なセット品、頭金・キャッシュバックなどあらゆる面でをします!
2.下記で紹介するようなオンラインショップを利用することで、有料オプションなどの強制加入をさせられず、長い待ち時間もかからないため、最もおすすめできる方法です。

おとくケータイ

評価

★★★

特徴

  • 最高額キャッシュバック保証
  • 全国に店舗あり

デメリット

  • 実際のデモ機を触れない

ソフトバンクオンライン

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

ドコモオンラインショップ

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない

au online shop

評価

★★★

特徴

  • ショップ店員からの営業無し!
  • 直営のため入荷が早い
  • 店頭の待ち時間が無い

デメリット

  • MNPでもキャッシュバックが少ない