iPhone

これでお悩み解決!iPhoneデータ移行&復元の5ステップ

みなさんは機種変更する時、データの移行や復元を自分でやりますか?それとも機種変更時に訪れたショップでやってもらいますか?
インターネットで何でもできる時代になりました。iPhoneの機種変更も、家から出ずとも簡単に手続きできるようになりましたね。
しかしながら、ネット経由で機種変更する場合、新しいiPhoneの説明や、データ移行のお手伝いをしてもらうことができません。
ショップに行く手間を無くしたい、だけどいまいちデータの移行や復元方法がわからない、そんな方のために分かりやすくその手順をまとめましたので、ご紹介します。

PCを使った移行&復元(iTunes)

pc
まずはPC(iTunes)を使用したごく一般的な移行、復元方法を見ていきましょう。

手順①古いiPhoneのバックアップをとる

古いiPhoneをライトニングケーブルでiTunesに接続し、iTunesを起動します。
iPhoneの端末ページから「概要」を選択し、「バックアップ」の中の「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェック。
バックアップ先はお好みの場所で良いですが、わからなければ「このコンピュータ」にしておくのが無難でしょう。

手順②バックアップの暗号化

バックアップを暗号化することで、バックアップ内容がパスコードで保護されますし、メールやアプリのパスワードやIDも保存されるため、たとえばLINEのトーク履歴などが失われることなく引き継がれます。
オンにしておくことをおすすめします。設定したパスコードは復元の時に必要になるので忘れないようにしましょう。

手順③新しいiPhoneを接続する

新しいiPhoneを接続し、「新しいiPhoneへようこそ」の画面からバックアップ元のデータを選択し、「このバックアップから復元」を選択します。
暗号化の際に入力したパスコードを入力すると、バックアップが開始されます。
「新しいiPhoneへようこそ」が表示されない場合は端末ページを選択し、「概要」から「バックアップを復元」を選択すればバックアップを開始できます。

手順④バックアップを復元し、iPhoneをアクティベートする

新しいiPhoneの初期化が完了すると、設定のガイドが新しいiPhoneの画面に表示されます。ガイドに従いApple IDのメールアドレスを設定し、必要があればTouch IDを設定します。
最後に表示される「さあ、はじめよう!」をタップすると通常のホーム画面になり、バックアップしたアプリや写真などがiTunesからダウンロードされます。
転送から完了まで20分から30分ほどかかります。

手順⑤各種ダウンロードや引継ぎを行う

バックアップでは引き継げるものと引き継げないものがあり、音楽や各種ゲームの引継ぎ設定などは別個に行う必要があります。
音楽は再度iTunesに接続して転送し、引継ぎバスワードなどを利用して各種アプリケーションのデータを復元しましょう。

PCを使わない以降&復元(iCloud)

wifi
続いてはPCを使わない復元方法です。
Wi-Fi接続を利用することでPCを使わずに移行、復元することができます。

手順①iCloudの容量をチェックする

Wi-Fiに接続した上でiCloudにバックアップを取る形になるので、iCloudの容量に余裕がないとバックアップが保存できません。
iCloudの容量はiPhoneの「設定」で「iCloud」を開くと、「容量」の隣に表示されています。

手順②iCloudに古いiPhoneのバックアップをとる

先ほどの「容量」をタップすると「ストレージを管理」が出ますのでそれをタップ、バックアップを取りたいiPhoneを選択するとバックアップオプションが表示されます。
バックアップ容量がiCloudのストレージよりも大きい場合は、「ストレージプランの変更」からストレージをアップグレードするか、バックアップデータを小さくする必要があります。
バックアップデータを小さくする場合は「すべてのAppを表示」を選択し、引き継ぐ必要のないアプリケーションをオフにしましょう。
再度iCloudのページに戻り「バックアップ」をタップして「今すぐバックアップを作成」からバックアップをとりましょう。

手順③新しいiPhoneを初期化する

バックアップ先のiPhoneが真新しいアクティベート前のiPhoneなら問題ありませんが、すでにアクティベートが済んだiPhoneである場合は初期化をする必要があります。
「設定」の「一般」から一番下の「リセット」を選択し、「全てのコンテンツと設定を消去」から端末を初期化しましょう。

手順④iCloudからバックアップを復元する

初期化したiPhoneのガイドに従ってWi-Fiを選択し、「iPhoneの設定」の画面から「iCloudバックアップから復元」をタップしましょう。
Apple IDとパスワードを入力したらバックアップしたいデータを選択します。(通常最新のバックアップを選択します)

手順⑤手順に従い設定を完了させる

その後は「同意」をタップし、バックアップが完了したらガイドにしたがってTouch IDの設定などをし、アクティベートを完了させてください。
ホーム画面に切り替わったらアプリや写真などのダウンロードが始まります。Wi-Fiがダウンロード途中で切れてしまうと中断されてしまうので注意しましょう。

そのほかの移行&復元方法

違うOSからの復元、移行など少々イレギュラーな場合のバックアップ方法も紹介します。

AndroidからiOSへの移行&復元

Android端末からiTunesやiCloudを利用してバックアップをとることは出来ませんが、「Move to iOS」というアプリケーションの開発によって異なるOS間のバックアップが可能になりました。
Androidからのデータ復元、移行はiOS9移行からの対応になっています。
Android端末に「Move to iOS」をダウンロードし、起動させます。利用規約などに同意した後、「コードを検索」が出ますのでここからはiPhoneの操作に移ります。
先ほどの「PCを使わないバックアップ」の手順③の通りに、移行先のiPhoneを初期化してください。繰り返しになりますが初期化してからのアクティベート画面でバックアップを行いますので、初期化をしないとバックアップができません。
初期化したiPhoneの画面から、移行元のAndroid端末と同じWi-Fiを選択し、「Androidからデータを移行」をタップ。
そのとき表示される10桁のパスコードを、今度はAndroid端末の画面で入力します。
そして移行したいデータを選択すると、データの移行が開始されます。
転送が完了したらまたiPhoneの操作に移ります。
iPhoneで転送が完了したことを確認したら、「iPhoneの設定を続ける」をタップし、初期設定を完了させます。
その後、ホーム画面に切り替わったら必要なデータがちゃんと移行できたかどうか確認しましょう。
Googleアカウントのパスワードまでは引き継げないため、「設定」から改めてパスワードを入力して設定を完了しましょう。

PCもWi-Fiもない場合

PCもWi-Fiもなくても復元できるの?と思ってしまうかもしれませんが、バックアップを行うには必ずどちらかが必要になります。
ですので、お近くの無料でWi-Fiを提供している場所に赴くか、ネットカフェや友人のパソコンを貸してもらうなどをして、上記の移行方法を試してみましょう。

まとめ

いかがでしたか。
iPhoneのシンプルさゆえに少々分かりにくい手順や流れがあるかもしれませんが、慣れてしまえばスムーズに出来るようになります。
データ移行、復元の基本は、古いiPhoneからiTunesやiCloudにバックアップデータを預け、新しいiPhoneにそれを戻す、という流れです。非常にシンプルです。
データの移行や復元を自分で出来るようになれば、機種変更もより楽になりますよね。ぜひ試してみてください。

関連記事

絶対に失いたくない!大事なiPhoneデータを復元する方法7選
知らないとデータが全部パァに…失敗しないiPhone復元法
iTunesのバックアップからiPhoneの連絡先を復元する方法
?iPhoneへのデータ移行はご注意!機種変更前にしておく事
データを守る!スマートフォンのバックアップ方法5選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧