iPhone

大人気!オシャレでスッキリiPhoneバンパーケースベスト5

iPhoneのバンパーケースというものをご存知でしょうか?簡単に言ってしまうと、iPhoneの側面をカバーするケースのことです。iPhoneは側面からの衝撃に弱く、それを保護するためのものがバンパーです。
バンパーと言われると、車のフロントガラスについているアレを思い浮かべますが、その意味と同じく「衝撃緩和」という役割を果たしてくれます。
しかし、なぜ側面からの衝撃に弱いのでしょうか?iPhoneの画面はガラス製で、とても丈夫に作られていますが、側面はアルミ製です。そのため、傷がつきやすく、塗装が剥がれやすいといった弱点を持っています。また、ガラス自体も横からの衝撃に弱いです。そのために、バンパーで保護をしてあげることで、強度を保つことができるのです。
ケースでもいいんじゃない?そんな声がきこえてくるかと思います。ですが、やはりiPhoneといったら背面のリンゴマークです。あれを見せつけたいユーザーの方は少なくないはず。そういったデザイン性を保つ意味でも、iPhoneバンパーはとってもお役立ちアイテムなのです。
そこで、オススメのiPhoneバンパーケースを5つご紹介したいと思います。

【1】iPhone本体の色によく馴染んだ色を使ったメタル製バンパー

・対応機種:iPhone5・5s・SE・6・6s
人気YouTuberのマミルトンさんが動画でも宣伝されています。
アルミは高級感と、なんといっても軽さが売りです。装着していても重さを感じさせない素材は、人気の理由の1つといってもいいでしょう。
iPhone本体との色味の相性もとてもよく、装着していても浮いた様子は全く感じられません。ネジを使わずに装着でき、バンパーの内側にはiPhone本体に傷がつかないようクッション製の素材を使用しています。
そして、バンパーの縁はアップルのロゴのカラーと揃えてあるというこだわり。ぜひロゴを残したい!そしてなおかつキレイな見た目を維持したい!というこだわりある方にはぴったりかと思います。
《商品リンク》(リンクは6・6sのページになっていますが、5・5s・SEのページもあります!)
App Bank Store
《紹介動画》

【2】超人気YouTuberの監修!メタルバンパー

・対応機種:iPhone 6s/6
こちらも大人気YouTuberのマックスむらいさんが監修したバンパーです。
こちらもネジなしで取り付けることができます。バンパーの中には工具を使わないと、はめ込むことができないほど頑丈なものもあるのに、手軽はめられるものはやはりオススメです。
カラーリングがブラックとレッドの組合せでかなりカッコイイデザインになっています。フォルムは丸めで、サイドボタンやイヤホンなどの差込口は広めに穴が開いています。なので、すこし太めのケーブルを差し込んでも、バンパーが邪魔になることはないように設計されています。
そしてなによりのこだわりが、薄さです。こちら、上記の【1】でご紹介したものとライバル製品です。わかりやすく例えると、こちらが男性向け、【1】のほうは女性向けといったところでしょうか。SE対応のものも鋭意製作中とのことで楽しみに待ちたいところですね。
《商品リンク》
App Bank Store
《紹介動画》

【3】手にピッタリはまる!こだわりのフィット感があるCLEAVE アルミニウムバンパー

・対応機種:iPhone 6s/6
アルミとカーボンファイバーのハイブリット式バンパーです。
バンパーの上下部分がカーボンファイバー、左右がアルミ製の作りになっています。こちらはネジ式で止めるタイプのものなので、うっかり外れてしまうという心配がありません。
リンクの商品の写真をご覧いただければお分かりかと思いますが、金属製だということを忘れてしまうような、柔らかい曲線が、「バンパー」という強靭なアイテムであることを忘れさせてくれます。
ストラップをつけることもできる、細やかな気配りが嬉しいです。数多くのデザイン賞に輝いたその1品を、ぜひ実際手にとって見て下さい。
《商品リンク》
App Bank Store

【4】髪の毛1本すら入らない!つけているのを忘れるほどの薄さを誇るCAZE ThinEdge

・対応機種:iPhone 6s/6
世界最薄1mmの薄さは、髪の毛すら入り込む余地のないほど!
こだわりはまだまだたくさんあります。装着した際に、バンパーが画面より高くなるようになっています。これにより、もしiPhoneを落としてしまっても画面への落下ダメージを大幅に軽減することができます。直撃も避けることが可能!
ボタン周りやコネクタ部が絶妙な広さで調節されています。ひっかることなく、、スムーズにイヤホンやケーブルを差し込むことができます。
こちらもストラップホイールがついているので、さらに落下防止の手助けになっています。また、バンパー全体にソフトマット加工、アンチスリップ加工がされています。
これによって、手から滑り落ちる、机から落とす、というような事態を防ぐことができます。とことん落下防止策にこだわっています。
iPhoneをよく落としてしまうおっちょこちょいな方には、うってつけかもしれません。
《商品リンク》
App Bank Store

【5】やっぱり手帳型がいい!手帳×アルミバンパーケース Cuoio

・対応機種:iPhone 6s/6
手帳型のケースは機種を問わず人気がありますよね。
SuicaやPASMOをいれておき、改札を通る際にピッと手軽にできる、画面や本体を保護できる、メリットがたくさんあります。
バンパーにもそんな、手帳型のものが存在しています。バンパーと手帳型が一体になった商品です。
しかもこれは、バンパー単体としてでも使用できます。手帳部分の表面は、本皮を使用し、高級感のある作りになっています。縁のステッチ加工は、強度をあげ、iPhoneをより安全に守ってくれます。
内側は、スエード素材を使用し、肌触りもよく、クッション性がたかいためiPhoneをやさしくカバーしてくれます。また、手帳にはスタンド機能が備わっており、動画などを楽しみたいときに立てかけて画面をみることができるので、とても便利です。
もちろん、ストラップだって付けられちゃいます。
最後に、個人的に注目したいのは、ハラーバリエーションの豊富さです。
紺×ローズゴールド
紺×レッド
紺×ゴールド
紺×シルバー
白×レッド
紺×ガンメタ
白×ローズゴールド
白×ゴールド
と8色!これは色違いで揃えたくなるアイテムになりそうです。バンパーのシンプルなカバーにあこがれているけど、手帳型を手放したくない!という方にはぴったりではないでしょうか。
《商品リンク》
App Bank Store

まとめ

iPhoneバンパー、奥が深いですね。
実は調べるまでその存在を知らず、これほどまでにこだわりの技が光る粒ぞろいのカバーなのか!と驚かされました。
iPhoneは画面がわれやすく、またその修理もなかなか大変です。そのためにも強度のあるiPhoneバンパーは、必須と言えるかもしれません。
上記に挙げた5つのバンパーに共通するポイント、
・薄さ
・デザイン性
・強度
これら3つになると思われます。
様々なバンパーケースがあり、購入するにはとても悩まされるかもしれませんが、人気の商品に共通するこの3つのポイントで選べば、きっとぴったりのiPhoneバンパーがみつかると思います!ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事

おしゃれで頼もしい!バンパーでより1層iPhoneライフが充実!
ステキだね!と言われるスマートフォンケース人気の3点! 
耐衝撃性能もバッチリなこだわりのスマートフォンケース
どれを選ぶ?素材豊富なスマートフォンカバーの魅力

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧