iPhone

これを見れば大丈夫。iPhone使い方ガイド

iPhoneなどのスマホに機種変更する際、あまりにもガラケーに使い慣れてしまっているので、使い方が不安な人って多いですよね。スマホは「小さなパソコン」なんて言いますしね。
ただ、iPhoneに関しては特に、スティーブ・ジョブスが「説明書不要で、触りながら使えるようになる」よう作っており、よく家電にありがちの分厚い小さな文字で書かれた説明書などないのです。
iPhone初心者でも、簡単に使いこなせるようポイントを説明していきます。

SIMカードを入れよう

sim
ドコモショップなどのキャリアの店舗や、家電量販店などで購入した場合は、基本SIMカードを入れてくれますが、オンラインショッピングや格安スマホなどの場合は、自分で入れる必要があります。
このカードによって、iPhoneが電話番号など個人を認識するものなので、これがきちんと入れないとほぼ使えません。四隅の一角だけ斜めになっているので、見ればすぐに分かりますよ。

Touch IDとパスコードの設定

10
ガラケーとの大きな違いは、セキュリティの為、暗証番号や指紋認証があるということ。iPhoneの場合、Touch IDというのが指紋認証、パスコードが暗証番号になります。
Touch IDは、画面に出てくる指示通り指紋を認証するだけ、パスコードも好きな4ケタの番号をフローに沿って、登録するだけなのですが、ここでポイント。日常使いをしていると、1日10回、20回とTouch IDorパスコードを要求されます。
なので、パスコードは見なくても押せるような配置の番号がベターです。例えば。9896みたいな押しづらい配置は避けたほうが良いです(個人差があると思いますが)

LINEなどアプリをインストール使用

whatsapp-892926_640
購入直後のiPhoneは、いわば空の状態。
インターネットを見るためのブラウザSafariや、メールや電話は出来ますが、今では定番コミュニケーションツールとなったLINEや、元がGoogleなのでAppleのiPhoneには入っていません。Twitterやfacebook、更にはポケモンgoなどのゲームももちろんです。
それらは、基本無料なのですが、アプリをインストールしてください。App Storeというアイコンがあるので、そこで検索して、それらをインストール。そこで、ポイント!契約している通信量にもよりますが、初期設定のインストールだけで、LTE回線を使うと、1GBくらい使ってしまう場合もあります。2GBや5GBなど比較的少量の通信量で設定している場合は、せっかくiPhoneを手に入れたのに、月末近くには通信制限がかかってしまい低速なんてことも。
そこで、自宅にWi-Fiなどが無い場合は、公衆の無料Wi-Fiを利用してインストールしましょう。おすすめは、コンビニのWi-Fi。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなど大手のコンビニの場合、それぞれ独自のWi-Fiサービスを展開しており、メアド登録など簡単な設定だけで無料に使用ができます。
コンビニでしたら、どこにでもありますし、事前にインストールするアプリをダウンロード途中で一時停止にしており、まとめてコンビニで一気にインストールしましょう。特にポケモンgoなどのゲームアプリは容量が大きいものが多いので、自前回線など注意が必要です。他にもスターバックスや東京メトロ内などにも無料のWi-Fiがあります。

電話に出る練習!?

13
今ではなんでもできてしまうほどのiPhoneですが、やはり基本は携帯電話。電話がかかってきて通話ボタンを押すだけだったガラケーと異なり、iPhoneのようなスマホの場合、(カバン内などで触れてしまい)誤って出てしまうような事を防止するため、スライドして出る形になります。
すぐに慣れますが、始めのうちは、上手く操作ができず戸惑う場合も。ビジネスなどでも利用している場合、仕事中大事な電話が取れなかったなんていうことが無いよう、友達や家族に一度電話をしてもらってテストしておくのも良いと思います。

ホーム画面のロックもおすすめ

4
iPhone初心者で、まず戸惑う事NO,1とも言えるのが、本体の向きに応じて画面の向きも変わること。つまり横向きにしたら自動的に画面も横になることですね。
使いこなせれば凄く便利なのですが、例えば寝ながらiPhoneをいじくる場合、ネットを見ていたら急に画面が切り替わるなどストレスが溜まる結果に。
そこで、始めのうちはホーム画面のロックして縦向きのみにしましょう。やり方は簡単!ホーム画面で、一番下真ん中に指を置き、上にスライドすると、画面が切り替わります。
その画面の上部にある5つのマークの一番右(鍵マークに時計回り矢印のマーク)をオンにして下さい。ちなみにその画面で、ライトや計算機、Wi-FiやBluetoothのオンオフもできます。

着信音を設定しましょう

iphone6s
ガラケーでは、8和音とか着メロ全盛でしたが、iPhoneの場合、始めに入っている音はオーソドックスなものだけです(自分で曲をダウンロードして、好きな曲にすることはできます)。
それでも、自分に合った曲を設定しましょう。やり方は、設定→一般→サウンドを選択。そこに着信音(電話が鳴った時に鳴る音)、新着メール(メールが届いた時になる音)などの設定ができます。
自分の好きな曲にしたい場合は、この設定の画面の右上にあるStoreを押すと、曲がダウンロードできるiTunesに飛ぶので、そこで購入、そして設定可能です。

まとめ

androidスマホを使っている人も、意外と始めは戸惑うこともあるiPhone。
慣れるとiPhoneのほうが使いやすいと言う人も多いので、難しく考えずトライしていきましょう。

関連記事

説明書には載ってない!iPhone6の便利な使い方と裏ワザ5
iPhone6sを使いこなせ!進化した使い方はこれだ!!
今更聞けないiPhoneの便利な使い方小技~裏技5選
【保存版】3分でわかるiPhoneのテザリング設定方法と使い方

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧