iPhone

状況別、iPhoneのあらゆるデータを移行する4つの方法とは

iPhoneを片手に写真をとったり動画を撮影したり、楽しく過ごしている方々をよく目にします。
そんなiPhoneユーザーの皆様の気になる事の一つに「データ移行」があるのではないでしょうか?
スムーズに行く事が殆どかもしれませんが、どうやったらいいのか分からない事もあるようです。
ここでは状況に応じたデータ移行方法を紹介いたします。

パソコンがある場合のデータ移行

iphone-926663_640
古いiPhoneから新しい機種のiPhoneに機種変更した際など、連絡先だけでなく写真や音楽、動画等のありとあらゆる全てのデータを移行したい場合はiTunesが便利です。
パソコンがあるのならば、なおさらiTunesを利用する方が簡単で便利です。すべてのデータをPCに保存し、新しいiPhoneにデータを転送できます。

手順

古いiPhoneをPCに接続→iTunesを起動。画面右上にある「iPhone」をクリック→接続したiPhoneの設定画面になるので「今すぐバックアップ」とボタンをクリックし、バックアッップ。
次に新しいiPhoneをiTunesに接続→「新しいiPhoneへようこそ」という画面が表示→「バックアップから復元を選択、バックアップ元のデータを選び「続けるをクリック。
バックアップにかけられている暗号を解除する為に必要なパスワードを入力→OKをクリック。
このように全てのデータを移行する事ができます。(注:この間、接続しているケーブルは抜かないように。)
ちなみにiTunesで復元をおこなっても、ミュージックライブラリの音楽は転送されません。この場合は、再度ダウンロードを実行かiTunes経由で転送し直す必要があります。

パソコンがない場合のデータ移行

iphone-830480_640
パソコンがなく、古いiPhoneから新しいiPhoneへの引き継ぐには、iCloudを利用します。古いiPhoneのデータをWi-Fi経由でクラウドにアップロードし、新しい端末に復元という手順になります。

手順

iCloudを利用したバックアップ方法は、旧iPhoneの「設定」→「iCloud→[バックアップ]をタップし実行。
iCloudから、バックアップしたデータを復元するにはWi-Fiに接続できる環境で行う必要があります。
バックアップしたデータを新しいiPhoneに移行するにはまず、新しい機種リセットする必要が出てきます。そのため、「設定」→「一般→「リセットをタップします。
そして「すべてのコンテンツと設定を消去をタップ→iPhoneのパスコードを入力し「iPhoneを消去を2回タップ。次にApple IDのパスワードを入力。→消去をタップ。
するとiPhoneが初期化され、初期化が完了すると設定アシスタントが表示されるのでWIFIに接続→「iPhoneを設定」が表示→「iCloudバックアップから復元をタップ→Apple IDとパスワードを入力→「次へをタップ。
利用規約に同意ののち、バックアップを選択。該当のバックアップデータをタップし、復元を開始します。復元が完了したら[続ける]をタップ。その後Apple IDのパスワードを入力。
これでOKです。くれぐれもWifi環境下でお願いします。Wi-Fiが切れるとダウンロードは中断されてしまいます。
またiCloudの容量にもお気をつけください。無料で5GBまでは利用できますが、容量が不足してしまうとバックアップができません。容量を追加購入、もしくはビデオなどの容量が大きなデータをバックアップ対象から外す必要がでてきます。

AndroidからiPhoneへのデータ移行

基本的にAndroidからiPhoneへ機種変更する時は、iTunesやiCloudが使用できませんが、iOS 9では「Move to iOS」というAndroidアプリを使って、Android端末からIPHONEへのデータ移行と復元が簡単に行えます。
Move to iOSはGoogle Playから入手できます。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.apple.movetoios&hl=ja

iPhoneからAndroidへのデータ移行

iphone-563060_640
電話帳のデータを移行したい時、Gmailで電話帳を管理している場合は、新しいAndoroidスマホでGoogleアカウントを使ってログインすれば、そのまま電話帳が引き継がれます。
iCloudを利用している場合はiPhoneの設定画面から「メール/連絡先/カレンダー」を開く、→「iCloud」をオンに設定。
「iCloud.com」にアクセスし、「連絡先」を開く→設定画面から「すべて選択」→「vCardを書き出す」を選択→電話帳データを保存。
次にパソコンでGmailにアクセスし、「メール」→「連絡先」→「その他」→「インポート」→「ファイルを選択」→電話帳データを取り込む。
これで同じGoogleアカウントでログインしたAndroidスマートフォンで電話帳を移行するこ事ができます。
メールやメッセージを移行する場合、Webメールであれば、同一アカウントやアプリを導入することで自動的に移行できます。
但し、パソコンメールの設定は各メールアプリの設定画面から再設定を行う必要があります。
もし、iMessageを利用されているのなら必ず無効化しておいて下さいね。移行前のiPhoneにメッセージが届いてしまいます。

まとめ

いかがでしたか?
このように、データの移行は簡単にできますが、時に上手く移行ができない事もあります。
その場合でも諦めずに何度か試してみる、ショップに持ち込んで相談する等対処方法はたくさんあるので、焦らずにいきましょう。

関連記事

面倒なiPhoneデータ移行がラクラク!簡単な方法3選
iPhoneへのデータ移行はご注意!機種変更前にしておく事
知らないとデータが全部パァに…失敗しないiPhone復元法

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧