iPhone

簡単便利に使っちゃお!5分でできるiPhoneでテザリング

最近はiPhoneだけではなくiPadなどのタブレットやMacBookそして、タブレットタイプのPCを持ち歩く方も増えてきました。
タブレットやPCの中にはSIMを使って、携帯電話と同じ回線を使って単独で通信を行うことができるタイプの機種もありますが、端末の値段も高く別途通信費が発生してしまいます。
しかし、iPhoneがあれば、テザリング機能を使うことでタブレットやPCなどをインターネットに接続することができます。
一度使い方を覚えてしまうと、簡単にそして便利に使うことができます。
ここではiPhoneを使ったテザリング機能の使い方について紹介して行きますので、タブレットやPCなどをテザリングで使ってみないとお考えの方や、スマートフォンとタブレットなどの2台持ちを検討されている方は是非参考にしていただけたらと思います。

テザリングとは

iphone black
テザリングを簡単にそして便利に利用するための説明に入る前に、テザリングがどのようなものであるのかということについて簡単に触れておきたいと思います。
iPhoneには携帯電話キャリアの通信回線に接続してインターネットなどのデータ通信を行うことができます。
テザリングとはiPhoneの持っているこの通信機能を利用し、iPhoneがモデムやモバイルルーターのように動作することで、タブレットやPCなどの機器をインターネットに接続する機能になります。
そしてiPhoneとタブレットやPCなどを接続する方法は「Wi-Fi」「Bluetooth」「USB」の3パターンがあります。

テザリング機能を申し込む

iphone
ドコモやau、ソフトバンクのiPhoneを利用されている方の場合には、事前にテザリングの事前申し込みが必要になる場合があります。
以下各社のテザリングの申し込みの手順になりますので、まだ申し込みをされていない方は申し込みをしておきましょう。

ドコモのiPhoneのテザリングの申し込み手順

ドコモのiPhoneの場合には、事前申し込みの必要はありません。
また、SPモードの申し込みとデータ定額パックに加入している場合には追加で料金が発生することがありません。

auのiPhoneのテザリングの申し込み手順

auのiPhoneの場合には、データ定額プランへ加入していたとしても、テザリングを利用する場合には申し込みが必要になります。
また、以下料金プランへ加入している場合には、テザリングの料金も無料となっています。
◇テザリングが無料となる料金プラン一覧
データ定額1/2/3/5/8/10/13
データ定額1(V)/2(V)/3(V)/5(V)/8(V)/10(V)/13(V)
データ定額2(VK)/3(VK)/5(VK)/8(VK)/10(VK)/13(VK)
ダブル定額(VK)
LTEダブル定額、カケホ(電話カケ放題プラン/VK)、VKプランM、VKプランS、VKプラン、
シニアプラン、シニアプラン(V)、ジュニアスマートフォンプラン
◇テザリングの申し込み方法
iPhoneのSafariを開き、ブックマークに登録されている「auお客様サポート」を選択します。auお客様サポートのページが表示されたら、画面右上にある「ログイン」をタップし、必要事項を入力しログインします。
続いて、「契約確認・変更」をタップし「ご契約情報」を選択します。au契約情報紹介のページが開いたら「オプションサービス」の「変更」を選択します。
注意事項を確認し問題がなければ「同意して登録をする」をタップします。メニューの一覧から「テザリングオプション」の項目にある「追加」のチェックボックスをタップし画面下部にある「次へ」をタップします。
通知方法を選択し「この内容で申し込む」をタップしたら手続きは完了です。

ソフトバンクのiPhoneのテザリングの申し込み手順

ソフトバンクの場合、スマ放題・スマ放題ライトに加入していて対応するデータ定額プランに加入している場合にはテザリングは無料で使うことができます。
しかし、ホワイトプラン+4GLEなどのプランに加入している場合、テザリングの利用開始から2年間は無料で利用することができますが、2年経過後は1カ月あたり500円の料金が発生します。
また、利用する場合には別途利用を申し込む必要があります。
◇テザリングの申し込み方法
iPhoneのSafariを開き、ブックマークから「My SoftBank」を選択します。ブックマークが存在しない場合には以下URLからログインします。
http://www.softbank.jp/mysoftbank/
「サービスを探す」を選択し、名称の絞り込みで「た行」を選び「テザリングオプション」の「加入」を選択します。サービス内容を確認し「次へ」をタップします。
お申込み内容を確認し、問題がなければ「同意する」にチェックを入れ「申込」をタップします。
最後にお申込み完了画面が表示されたら手続きは完了です。

iPhoneと接続する機器の設定をする

apple-1281744_640
テザリングの申し込みが完了し、利用準備ができたら、iPhoneとテザリングで接続したいタブレットなどの機器の設定が必要になります。

iPhoneの設定をする

まずは、iPhoneの設定になります。設定アイコンをタップして「インターネット共有」の項目を選択します。
「インターネット共有」のスイッチをスライドさせてオンにします。iPhoneの設定はこれだけです。

Wi-Fiでテザリングする

wifi
先ほども少し触れましたがiPhoneでテザリングをする場合、iPhoneとタブレットやPCなどを接続する方法は「Wi-Fi」「Bluetooth」「USB」の3種類の方法があります。
まずは、Wi-Fiで接続する場合の設定方法になります。

iPadの設定方法

iPhoneの設定の部分で説明した時の「インターネットの共有」の設定画面を表示した状態で、iPadの設定アイコンをタップします。
続いてWi-Fiを選択すると、一覧部分にiPhoneの名前が表示されますので、iPhoneを選択するとパスワードの入力を求められるので、iPhoneのインターネット共有画面に表示されている「Wi-Fiのパスワード」に記載されているパスワードを入力します。
これでiPadの設定は完了です。この設定は初回のみ必要で、次回からはWi-FiをオンにしてiPhoneの電波を選択するだけで接続することが可能になります。

Androidタブレットの設定方法

iPhoneの設定の部分で説明した時の「インターネットの共有」の設定画面を表示した状態で、Androidタブレットの設定アイコンをタップします。
Wi-Fiをタップしてスイッチをオンにし、一覧の中からiPhoneを選択します。
パスワードの入力を求められたらiPhoneのインターネット共有画面に表示されている「Wi-Fiのパスワード」に記載されているパスワードを入力します。
これでAndroidタブレットの設定は完了です。

Macの設定方法

Macの画面の左上にあるリンゴマークをクリックし、メニュー一覧から「システム環境設定」を選択します。
システム完了設定画面の「インターネットとワイヤレス」の項目にある「ネットワーク」アイコンをクリックします。ネットワーク画面の中から「Wi-Fi」をクリックし、ネットワーク名をクリックします。
一覧の中からiPhoneを選択するとパスワードの入力を求められるので、iPhoneのインターネット共有画面に表示されている「Wi-Fiのパスワード」に記載されているパスワードを入力します。
これでMacの設定は完了です。

Windowsの設定方法

「すべての設定」をクリックし設定画面を開きます。続いて「ネットワークとインターネット」を選択します。メニュー一覧の中から「Wi-Fi」を選択し、一覧の中からiPhoneを選択します。
すると、パスワードの入力を求められるので、iPhoneのインターネット共有画面に表示されている「Wi-Fiのパスワード」に記載されているパスワードを入力します。
これでWindowsの設定は完了です。

Bluetoothでテザリングする

Bluetoothで接続する場合には、iPhoneと接続したい端末を予めペアリングしておく必要があります。
以下は主な機器とiPhoneのペアリングからテザリング接続するまでの方法になります。

iPadの設定方法

◇ペアリングをする
iPhoneの設定アイコンをタップし、設定画面を開きます。Bluetoothの項目をタップし、スイッチをスライドさせてオンにします。
iPadの設定アイコンをタップし、設定画面を開きます。iPadも同様にBluetoothを選択しスイッチをスライドさせオンにします。iPadのBluetooth設定画面のデバイス一覧の中のiPhoneを選択します。
iPhoneとiPad双方にペアリングの要求メッセージが表示されるのでそれぞれの端末で「ペアリング」をタップします。
これでiPhoneとiPadのペアリングは完了します。
この操作は初回のみ必要で、次回からは双方のBluetoothをオンにしておくことで自動できにペアリングが完了します。
◇テザリングを開始する
iPhoneのインターネット共有をオンにしておきますがWi-Fiの時のように画面を開いておく必要はありません。
また、iPhoneとiPadのBluetoothのスイッチをオンにしておきます。
ここまでの手順が完了したら、iPadの設定アイコンをタップし、Bluetoothの項目を選択します。続いて、デバイス一覧の中からiPhoneを選択します。
これでテザリングが完了します。

Androidタブレットの設定方法

◇ペアリングをする
iPhoneの設定アイコンをタップし、設定画面を開きます。Bluetoothの項目をタップし、スイッチをスライドさせてオンにします。
Androidタブレットの設定アイコンをタップし設定画面を開きます。
設定画面の一覧の中から「Bluetooth」を選択し、スイッチをスライドさせてオンにします。デバイス一覧の中からiPhoneをタップすると双方の端末にペアリングの要求メッセージが表示されるので「ペアリング」を選択します。
これでペアリングの設定は完了です。
◇テザリングを開始する
iPhoneのインターネット共有をオンにしておきますがWi-Fiの時のように画面を開いておく必要はありません。
また、iPhoneとAndroidタブレットのBluetoothのスイッチをオンにしておきます。
ここまでの設定が完了したら、Androidタブレットの設定アイコンをタップます。設定画面が開いたらBluetoothを選択し、ペアリングされたデバイスの一覧の中に表示されているiPhoneをタップします。
これでテザリングが完了します。

Macの設定方法

◇ペアリングをする
iPhoneの設定アイコンをタップし、設定画面を開きます。Bluetoothの項目をタップし、スイッチをスライドさせてオンにします。
Macの画面の左上にあるリンゴマークをクリックし、メニュー一覧から「システム環境設定」を選択します。システム完了設定画面の項目一覧の中から「Bluetooth」を選択します。
Bluetoothを選択すると、デバイス一覧にiPhoneが表示されるので「ペアリング」をクリックします。Macの画面にコードが表示され、iPhoneにもコードが表示されるので確認し、間違えがなければ「ペアリング」をタップします。
これでMacとiPhoneのペアリングは完了です。
◇テザリングを開始する
iPhoneのインターネット共有をオンにしておきますがWi-Fiの時のように画面を開いておく必要はありません。
また、iPhoneとMacのBluetoothのスイッチをオンにしておきます。
ここまでの設定が完了したら、MacのツールバーにあるBluetoothアイコンをクリックします。iPhoneを選択して「ネットワークへ接続」をクリックします。
これでテザリングが完了します。

Windowsの設定方法

◇ペアリングをする
iPhoneの設定アイコンをタップし、設定画面を開きます。Bluetoothの項目をタップし、スイッチをスライドさせてオンにします。
Windowsの「すべての設定」をクリックし設定画面を開きます。設定画面のメニュー一覧から「デバイス」を選択し「Bluetooth」をクリックします。
Bluetoothのスイッチをオンにして、一覧に表示されているiPhoneを選択し「ペアリング」をクリックします。
パスコードが表示されるのでiPhoneに表示されているパスコードと比較し間違えがなければiPhoneの「ペアリング」をタップしWindowsのメッセージで「はい」をクリックします。
これでペアリングの設定は完了です。
◇テザリングを開始する
iPhoneのインターネット共有をオンにしておきますがWi-Fiの時のように画面を開いておく必要はありません。
また、iPhoneとWindowsのBluetoothのスイッチをオンにしておきます。
ここまでの設定が完了したら、WindowsのツールバーにあるBluetoothアイコンをクリックします。
メニュー一覧から「パーソナルエリアネットワークに参加」をクリックしデバイスとプリンター画面に表示されているiPhoneをクリックします。メニューの「接続方法」をクリックし「アクセスポイント」をクリックします。
これでテザリングが完了します。

USBで接続する

iPhoneの設定アイコンをタップしインターネット共有を選択します。
インターネット共有のスイッチをスライドしオンにします。
あとはiPhoneとMacをUSBケーブルで接続します。MacやWindowsでは特に設定をする必要なくテザリングが始まります。

まとめ

ここまで、iPhoneでテザリングを使う場合の設定方法について説明してきましたがいかがでしょうか。
最初の設定では少してこずる事もあるかもしれませんが、一度設定が完了してしまえば、次回からは数秒で接続する事が可能になります。
通信速度の面ではUSBが最も高速で次にWi-FIそしてBluetoothとなりますが、USB接続の場合にはケーブルが必要となり、Wi-Fi接続の場合には一度iPhoneのインターネット共有画面を表示しなければならないなど少し手間がかかります。
Bluetoothの場合には双方のBluetoothをオンにしておくことで、iPhone側の操作をすることなくタブレットやPCなど接続する側の操作だけでテザリングできるという違いがあります。
速度をそれほど重視しない用途の場合にはバッテリーの消費や接続の手間がかからないという意味でBluetoothによるテザリングがオススメです。

関連記事

【保存版】3分でわかるiPhoneのテザリング設定方法と使い方
iPhoneでテザリングができない!でも大丈夫!安心の5つの方法
スマートフォンのbluetoothで超簡単にデザリングする方法

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧