iPhone

あなたに合った方法は?iPhoneその他5つのアドレス帳移行方法

無くてはならないものになっているiPhoneなどのスマホを始めとした携帯電話。
昔だったら、恋人や親友の電話番号だったり、会社の電話番号などは記憶していたものですが、今では、それらが分からないのはもちろんの事、自宅の電話番号や、更には自らの携帯電話番号もスマホを見ないとなんて人も多いのではないでしょうか。
一見すると、記憶能力の退化のように思えてしまいますが、やはりアドレス帳という便利な機能があるから当たり前なのかもしれませんね。
iPhoneなどのアドレス帳が、スマホの紛失や、機種変更の際の移行失敗などで無くなってしまったら、大げさな話、友達がいなくなってしまったような気分になってしまいます。そんな悲劇にはならないよう、おすすめのアドレス帳移行方法を5つ紹介します。

iCloudを利用

11
他にパソコンなども必要なく、iPhoneの本体だけでアドレス帳移行が可能な方法が、iCloudを利用するというものです。Appleが提供しているネット上での記憶媒体を利用すると言うものですね。
やり方としては、機種変更をする前のiPhoneで、iCloud上にバックアップする。新しいiPhoneにてiCloud上よりアドレス帳を入れ込む、それだけです。凄く、簡単なのですが、デメリットがないわけではありません。
主なデメリットとしては以下の3点があげられます。
①Wi-Fi環境が必要(家にWi-Fi環境が無い場合、カフェやコンビニなどでの無料Wi-Fiを使う場合は、それなりに時間を要するので、待っていなければならない)。
②写真なども大量に移行したい場合、iCloudの容量では足りなくなってしまう恐れがある(逆に言うと、写真などもアドレス帳と同じ方法で移行ができ便利)。
③iPhone→iPhoneなら便利ですが、android機に移行ができない。

iTunesを利用

apple-691471_640
最近も、芸能人のiCloud上の写真を盗み見られる事件があったように、やはりセキュリティ上でクラウドは不安があると言う人も多いのでは。その場合、PCを持っているのであれば、iTunesを利用するのがおすすめです。iTunesと言うと、音楽を貯めているイメージですが、保存ができるという意味で、アドレス帳も可能なのです。
やり方は、PCと古いほうのiPhoneを日ごろ充電に使用しているライトニングケーブルでつなぎ、iTunesに古いデバイスを選択→「概要」→「今すぐバックアップ」をクリック、これでPC上にアドレス帳が保存されます。
続いて新しいiPhoneとPCをつなぎ、「バックアップを復元」→「最新のバックアップを選択→「復元」をクリックしてできあがりです。
これだったらPC上には、アドレス帳が残りますので、万一iPhoneを紛失してしまったりしても、すぐに復元ができるメリットもありますね。

アドレス帳移行アプリを使用

iphone-676726_640
アドレス帳が移行できるアプリなるものも存在しています。例えば「AnyTrans」というアプリです。
このアプリを使えば、アドレス帳はもちろん、音楽、写真、ビデオ、アプリ、メッセージ、メモなど25種類以上のiOSファイルの移行が可能。新しくしたiPhoneでも、まるで同じもののようにそのまま使いこなせるのは大きなメリットではないでしょうか。
更には、iPhoneとPC(Windows/Mac)、iPhoneとiTunes、さらに2つのiPhoneの間で直接連絡先を移行することができます。WindowsとMac、両方使えるのも安心ですよね。

SDカードを使用

ガラケー→android機などでは最もメジャーと思われるアドレス帳移行方法がコレ。ガラケーでも基本、microSDカードが入りますので、ものの数秒でアドレス移行が可能です。
iPhoneの場合、SDカードスロットがないので、この方法は無理かと思われがちですが、実は可能なのです。別売りのiPhone対応のスロットを買う必要もなし。
やり方は、キャリアによって若干異なりますが、例えばドコモの場合、PCに「アドレス帳変換ツール」をダウンロード、古い携帯電話のデータをSDカードで読み取り、変換ツールで、データを変換、メールでiPhoneに転送。これで、iPhone上にてデータをダウンロードすれば、アドレス移行が完成します。
ただ、このやり方は、元々のスマホなどの携帯電話にSDカードスロットが無いと、無理なので、iPhone→iPhoneではできませんね。

ドコモショップなどキャリアのショップにやってもらう

iphone6s
冒頭にも書いたように、アドレス帳は友達とのつながりの生命線、万一でも移行に失敗したら生きていけない!機械にも強くないから自分でやるのが自信がない!なんて人は、ドコモショップなどのキャリアのショップでやってもらうと言う方法もあります。
ただ、Web販売店など、正規のルート以外で購入した場合は、ちょっと行きづらいのと、アドレス帳移行はやってもらえるものの、音楽やメモ帳など他のデータの移行まではやってもらえないので、iPhoneを色んな用途に使いこなしている人にとっては、ちょっと不安が残るサービスではないでしょうか。
また、平日、土日や店舗にもよりますが、酷いと2時間以上待たせるなど大混雑している場合もあるので、無駄な時間を使ってしまう事になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今ではLINEやfacebookなどのデータで、万一アドレス帳がなくなっても大丈夫な人もいますが、必ず友達や仲間、仕事先などでは、SNSなどやらない人がいますから、やはりアドレス帳が無いと不便ですよね。
最近は、アプリなども多く出てきていて、簡単になってきているので、日頃からデータをPC上やクラウド上に保存しておくのも良いかもしれませんね。

関連記事

状況別、iPhoneのあらゆるデータを移行する4つの方法とは
面倒なiPhoneデータ移行がラクラク!簡単な方法3選
iPhoneへのデータ移行はご注意!機種変更前にしておく事
携帯などのアドレス帳移行に欠かせない必須アイテム3つ!?

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧