iPhone

iPhoneを買い替える時に激安値段で新機種をGETする方法

iphone-651349_640
毎年発売されるアップル社のiPhone。
新作が欲しくなっても前モデルの購入代金の支払いや、キャリアの2年縛りの関係で購入できなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
また発売直後は予約でなかなか手に入らない状況が続く傾向があります。
ここでは激安な値段で現行モデルであるiPhone6をGETするための方法を紹介しています。
これからiPhoneの買い替えを検討しているかたは一度参考にしていただけたらと思います。

ソフトバンクへMNPする

各社他社からの乗り換え(MNP)のユーザーに対しては手厚い値引きがありますので、買い替えをするならMNPがお得であると考えられます。
まずは、SoftBankの場合の料金になります。現在doomoやauをお使いの方は検討されてみてはいかがでしょうか。
以下は乗り換えの際に適応されるキャンペーンを適応した場合の端末料金と通信費になります。

◇iPhone6 16GB 通話定額プランの場合

通話し放題プラン:2,916円/月
S!ベーシックパック(i):324円/月
データ定額パック小容量(2GB):3,780円/月
のりかえ割:-1,000円/月(10ヵ月間)
のりかえ下取りプログラム:-940円/月(2年間)
機種代金:3,460円/月
月月割額:-2,845円/月
合計:5,695円/月

ドコモへMNPする

以下はドコモへMNPする場合の料金になります。

◇iPhone6 16GB 通話定額プランの場合

カケホーダイプラン:2,916円/月
spモード:324円/月
データSパック(小容量)(2GB):3,780円/月
機種代金:1,665円/月
月月割額:-1,665円/月
合計:7,020円/月

auへMNPする

以下はauへMNPする場合の料金になります。

◇iPhone6 16GB 通話定額プランの場合

電話カケ放題プラン:2,916円/月
LTE NET:324円/月
データ定額2(2GB):3,780円/月
機種代金:1,755円/月
月月割額:-2,445円/月
合計:6,330円/月

下取りではなく買い取りという選択肢

ここまで携帯大手キャリアへの乗り換え(MNP)の料金についてみてきましたが、もっとも安いものでソフトバンクの5,695円/月ということになります。
各キャリアでは現在利用中の端末を下取りし、その金額相当を値引きするというサービスを行っていますが、これを下取りではなく中古品を扱っているショップに買い取りに出すというパターンも考えられます。
古いiPhoneを買い取りに出して、新しいiPhoneの購入資金の一部とすることで購入費用に充てることで、激安で新しいiPhoneを購入することができます。
キャリアで一括購入をするという方法もありますが、以下では通信料金の安い格安SIMとSIMフリーiPhoneを組み合わせるパターンで検討してみたいと思います。
大手キャリアの場合、ソフトバンクが最安で月額で5,695円/月となり、2年間のトータル費用で考えると136,680円となります。
以下はAppleストアのiPhoneの販売価格、ソフマップでのiPhone5Sの買い取り価格、格安SIMを扱っているDMMモバイルの通信料を参考に掲載しています。

◇AppleオンラインストアでのSIMフリーiPhoneの価格

・iPhone6 16GBモデル:93,744円
・iPhone6 64GBモデル:106,704円
・iPhone6 128GBモデル:119,664円
・iPhone6 Plus 16GBモデル:106,704円
・iPhone6 Plus 64GBモデル:119,664円
・iPhone6 Plus 128GBモデル:132,624円

◇ソフマップの買い取りにした場合の金額

・iPhone5S 16GBモデル:18,000円
・iPhone5S 32GBモデル:20,000円
・iPhone5S 64GBモデル:22,000円

◇DMMモバイルの料金プラン

通話SIMプラン
ライト:1,140円
1GB:1,260円
2GB:1,470円
3GB:1,500円
5GB:1,970円
7GB:2,560円
8GB:2,840円
10GB:2,950円
15GB:5,270円
20GB:6,790円

◇iPhone5Sを利用中の方がSIMフリーiPhone6に買い替える場合

SIMフリーiPhone6の購入金額:93,744円
現在利用中のiPhone5Sを買い取りにだす場合:-18,000
DMMモバイルのライトプランの場合:1,140円(税込み1,231円)
2年間利用した場合の通信費:29,544円
2年間のトータル費用:105,288円

まとめ

iPhoneを買い替えようとする場合、乗り換え(MNP)で買い替えをするほうが各キャリアのキャンペーンや割引が受けられるため激安で買い替えをすることができます。
なかでもソフトバンクの割引額が大きいため現在ドコモやauをご利用中の方は、ソフトバンクへの乗り換えを検討されてみてはいかがでしょうか。
SIMフリーiPhoneは一見するとキャリアで販売しているiPhoneに比較すると割高な感じがしますが、通信部分を格安SIMで運用することにより、一か月あたり千円代で運用することが可能になります。
また、キャリアのように契約期間の縛りもないため新型のiPhoneが発売になる度に今回と同様に、利用中のiPhoneを買い取りに出して差額分で購入するということが可能になりますので、常に安く新型iPhoneを使い続けたいという方はこの運用方法を検討してみてもよいのではないでしょうか。

関連記事

iPhoneの月額利用料は一体どのくらいなのか3社比較
料金プランをもっと分かり易く!iPhone6sならこのプラン!
iPhone6sが最も安くなる購入方法?キャリア別3つの方法
話題のiPhone6sはいつ買う?キャンペーン価格を比較しよう

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧