iPhone

iPhone機種変更とデータ移行、1番早くてお得な会社はどこ?

現在主要なケータイのキャリアはソフトバンク、au、ドコモとなっています。
以前はデータ移行は各ショップの店員さんがやってくれましたが、今は自分で行わなければなりません。
そこで今回は各キャリアのiPhone機種変更とデータ移行についてまとめてみました。

iPhone機種変更はどこがお得?

iPhone table-1100247_640
機種代金のみに関してはソフトバンクが一番安くなっているようです。
次に各社で行っている乗り換えのキャンペーンについて比較検討してみましょう。
乗り換えるなら正規代理店よりwebキャンペーンのほうが高額なキャッシュバックがあるようです。
また今使っている携帯電話のキャリアと同じキャリアで機種変更を行うよりも、MNPを用いて機種変更したほうがかなりお得になるので、これはよく検討したうえで行ったほうがよさそうです。
基本的にiphoneを乗り換える時にはMNPに対してかなりお得なキャンペーンを行っていることが多く、期間限定のものも多いので、webのキャンペーンや量販店の店頭のキャンペーンをよくチェックしておきましょう。
個人的にはソフトバンクがいろいろなキャンペーンを盛んに行っているように思うので、ソフトバンクのiphoneを検討している場合は一番自分がお得になるキャンペーンを適用することにしましょう。
同キャリアで機種変更する場合は機種代金が少なからずかかりますが、他キャリアに乗り換える場合はiphoneの機種代金が実質0円になることも多いようです。
また、乗り換えによりかかる費用(現在のキャリアの解約料や事務手数料)に対してもキャッシュバックによる配慮がされていることが多いです。
キャッシュバックの金額や方法などはキャンペーン期間によって違うので、一番お得と思うキャンペーンの期間中に乗り換えを行いましょう。
機種変更により、毎月の使用料をより抑えたいならauがいいようです。
ドコモ・ソフトバンク・au3社とも従来の通話し放題プランより1000円安いプランを発表しました。
Auでは最低月額料金が6200円に抑えられます。各キャリアの中で本当にお得と言えるのはauだけのようです。
また、iphoneの下取りでは、各キャリアとも横並びで下取りをしてもらったほうがお得なのですが、iphone6については下取り価格が他機種よりも安いため、各キャリアの下取りを利用することによって一般の中古機種買取を利用するよりも損をする結果になりそうです。

iPhoneデータ移行

12
アンドロイドや携帯電話からのデータ移行に大変便利なのがソフトバンクの「メモリサポート」です。
これには事前にmysoftbankへの登録が必要となってきます。メモリサポートにデータを保存して、mysoftbankを用いて新しいiphoneにデータを移行することができます。
ちなみにサーバーでのデータの保存期間は60日間です。また、データ移行には専用のアプリが必要となってきます。
「電話帳簡単コピー」と呼ばれるアプリを用いることでスムーズにiphoneへデータ移行することができます。
また、もう一つの方法として、googleのサービスを利用できます。
これはgoogleのアカウントを引き継ぐことで、以前gmailの連絡先として保存してあったものを同期して移動させる方法です。
また、iphoneからiphoneへのデータ移行は、iClowdを用いるのが一番簡単で早いです。

ソフトバンク

ソフトバンクのデータ移行の方法です。
http://www.softbank.jp/mobile/support/iphone/changepc/

ドコモ

ドコモの、アンドロイドからiphoneへのデータ移行です。
https://www.nttdocomo.co.jp/iphone/support/guide/backup/addressbook/js/index.html
アンドロイドからのデータ移行はiclowdを使用できないため、少々手間がかかるようです。
ここでは「JSバックアップ」内の「かんたんデータ移行」というアプリを使います。いったんクラウド上にデータを預けてiphoneに移行する方法です。

au

auでのアンドロイドからiphoneへの機種変更の際のデータ移行方法です。
http://csqa.kddi.com/posts/view/qid/k15112033110
これにはplsystoreから「MovetoiOS」をインストールすることによって行うことができます。
このアプリケーションはアンドロイド端末でダウンロードすることができて、iphoneへデータ移行するための専用のアプリケーションです。
いくつかパスワード等を設定することが必要で、少々操作が多いようです。
ただその分他社に操作される心配がなく安全性が高いため、データ移行を正確に行いたい方にはおすすめといえます。

まとめ

以上を比較してみて、iphoneからiphoneへのデータ移行はいずれのキャリアもiclowdやituneを用いますが、アンドロイドからiphoneへのデータ移行には大きく差が出るようです。
ドコモやauの場合はアプリケーションをダウンロードする方法で、ドコモの場合はアプリを通してクラウド上にデータを預けて新しい端末に移動する方法です。
またauの場合はアンドロイドとiphoneでアプリケーションのアカウントを用いて共有する形をとっています。
両者の違いは、auの方がアプリ内だけの操作であり、パスワード設定も多いためセキュリティ面で安心感があります。
また、ドコモの場合は比較的簡単にデータ移行ができるようです。
ソフトバンクだけがmysoftbankを用いるため、早くてしかも安全ということができます。
以上の結果から、データ移行はソフトバンクが優れているということができそうです。

関連記事

【iPhone機種変更】よく耳にするデータ移行トラブル上位3位
面倒なiPhoneデータ移行がラクラク!簡単な方法3選
iPhoneへのデータ移行はご注意!機種変更前にしておく事
知らないとデータが全部パァに…失敗しないiPhone復元法

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧