iPhone

これで得するiPhoneの料金!カンタン比較でもう迷わない

今年の3月に発売されたiPhoneSEですが、外観は歴代iPhoneシリーズでも人気の高かったiPhone5sと同様でありながら、CPUやグラフィック性能はiPhone6sと同等となっています。
iPhone6以降液晶画面が大型化し、一方では歓迎されましたが、一方では大きすぎるという意見も多く見られました。
iPhoneを使い続けてきた方の中には片手で操作が快適なiPhone5sをあえて選んで利用されてきたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなちょうど良いiPhone5sのサイズ感を維持したまま性能アップしたiPhoneSEの存在を歓迎している方もいらっしゃるでしょう。
ここではiPhoneシリーズ最新モデルとなるiPhoneSEの料金を比較していますので、iPhoneSEの購入を検討されている方は是非参考にしていただけたらと思います。

iPhoneSEのスペック

まずはiPhoneSEのスペックについて簡単に紹介します。
サイズ:123mm × 58.6mm × 7.6mm
重量:113g
ディスプレイ:4インチ(対角)LEDバックライトワイドスクリーンMulti‑Touchディスプレイ
ディスプレイ加増度:1,136 x 640ピクセル解像度、326ppi
チップ:64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ 組み込み型M9モーションコプロセッサ
iSightカメラ:12メガピクセルiSightカメラ
FaceTime HDカメラ:1.2メガピクセル
Touch ID:指紋認証センサー搭載
以上となります。
サイズや重さはほぼ同じでありながらもチップセットにはiPhone6sと同じA9チップが採用されており、A7チップを搭載するiPhone5sと比較するとCPUパフォーマンスでは2倍、グラフィック性能では3倍もの処理能力を持っています。

これで得するiPhoneの料金!カンタン比較【NTTdocomo】

iPhoneSE 16GBモデル

カケホーダイライトプラン:1,700円
spモード:300円
データMパック(標準)(5GB):5,000円
通信料金合計:7,000円(税込7,560円)
機種代金:2,376円
月々サポート:-1,728円
機種代金合計:648円
費用合計:8,208円

◇下取りプログラム

ドコモではこれまで使ってきた、iPhoneを下取りに出すことにより下取り金額相当を新しく購入するiPhoneの購入代金から最大30,000円の割引を受けることができます。
・iPhoneの下取り価格は以下のようになっています。
iPhone 6 Plus(16GB/64GB/128GB):30,000円
iPhone 6(16GB/64GB/128GB):27,000円
iPhone 5s(16GB/32GB/64GB):22,000円
iPhone 5c(16GB/32GB) :17,000円
iPhone 5(16GB/32GB/64GB):11,000円
iPhone 4S(16GB/32GB/64GB):1,000円
iPhone 4(8GB/16GB/32GB):500円
iPhone 3GS:500円
iPhone 3G:500円
現在auやSoftBankを利用していてお得にiPhoneSEを購入する場合には、ドコモで下取り活用してお得に購入すると良いでしょう。

これで得するiPhoneの料金!カンタン比較【au】

iPhoneSE 16GBモデルの場合

スーパーカケホ:1,700円
LTE NET:300円
データ定額1(1GB):2,900円
通信料金合計:4,900円(税込5,292円)
機種代金:2,370円
費用合計:7,662円

◇iPhoneSE イチキュッパキャンペーン

auでは今iPhoneSEをのりかえで購入する方を対象に格安料金で利用することができるiPhoneSEイチキュッパキャンペーンを実施してます。
このキャンペーンの特徴はデータ通信プランを1GBを選択することで毎月の利用料金から1,986円(税込2,145円)の割引を受けることができます。
他のキャリアのプランに比較すると格安料金で利用できるかわりデータ容量が1GBと少なめに設定されているため、基本的にはWi-Fiで利用出来る環境にあり、出先での利用は少なめという方にはオススメのプランになります。

これで得するiPhoneの料金!カンタン比較【Soft Bank】

iPhoneSE 16GBモデルの場合

通話し放題ライトプラン:1,700円
S!ベーシックパック(i):300円
データ定額パック(標準)(5GB):5,000円
通信料金合計:7,000円(税込7,560円)
機種代金:2,370円
月々サポート:-1,920円
機種代金合計:450円
費用合計:8,010円

◇ウェルカム割

SoftBankでは他社からののりかえを伴い、ソフトバンクのiPhoneを購入することにより、毎月の利用料金から10,368円の割引を受けることができます。
割引額は432円×24ヶ月の割引となりますが、データ通信プランを1GBや2GBを選択した場合にはこのウェルカム割の適応とならないため、5GB以上のデータ通信容量が必要であるという方にとってはお得な割引キャンペーンとなります。

これで得するiPhoneの料金!カンタン比較【格安SIM】

iPhoneSEはドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアから購入する以外にも、Apple Storeからも購入することができます。
Apple Storeから購入できるiPhoneSEはSIMロックフリーとなっているため、格安SIMを利用することもできます。
格安SIMを使った場合の通信料金は以下のうようになります。

iPhoneSE 16GBモデルの場合

Apple Storeでの販売価格
47,800円(税込51,624円)

◇FREETELの通信料金

・データ通信のみのプランの場合
100MBまで:299円
1GBまで:499円
3GBまで:900円
5GBまで:1,520円
8GBまで:2,140円
10GBまで:2,470円
・音声通話付きプランの場合
100MBまで:999円
1GBまで:1,199円
3GBまで:1,600円
5GBまで:2,220円
8GBまで:2,840円
10GBまで:3,170円
SIMフリーのiPhoneSEを利用する場合、格安SIMで運用すると音声付きプランであっても1,000円程度から利用することができます。
大手キャリアの料金プランに比較すると安い金額で利用できるものの無料通話がないため、音声通話を利用した場合には20円/30秒で料金が加算されることになります。
しかし、FREETELの場合にはiPhone専用のプラン「FREETEL SIM for iPone」が提供されており、AppStoreを利用時のデータ通信量が無料になります。
iPhoneを利用している方はアプリのダウンロードやアプリの更新でデータを利用する機会も多いためこのような料金プランを選択することでよりお得に利用することができるでしょう。

まとめ

ここまで、iPhoneSEを購入する場合の料金について各キャリアの代表的なプランとキャンペーンなどを比較しながらお伝えしてきましたが、いかがでしょうか。
大手キャリアの通信料金は一見すると同じように見えますが、実際に購入する段階では下取り割引やauのiPhoneSE専用の割引制度があるなど思ったよりもお得に購入することもできそうです。
また、SIMフリーのiPhoneSEを利用する場合には、格安SIMと組み合わせて利用することで一時的に端末代金がかかるものの、毎月の通信料金は1,000円程度から利用できるため、利用方法によってはかなりお得に利用できるかもしれません。
これからiPhoneSEの購入を検討している方はここで紹介した内容を参考にしつつキャリアやプラン選びを決定していただけたらと思います。

関連記事

お得にいこう!3社のiPhone料金プランわかりやすく解説
比べてお得!ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone料金プラン
iPhone6sの料金プランで迷った人の3つチェック方法!

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧