iPhone

知らないとデータが全部パァに…失敗しないiPhone復元法

1
突然の不慮の事故(落下や水没など)でデータが飛んでしまって泣いたことがありませんか?
この突然の不慮の事故は、たまたまバックアップをとっていない時に限って、やってくることが多いですよね...
またiPhoneですと、microSDカードが入らないので、パソコンでのバックアップがメインになりますので、少々面倒なところが難点ですけれど、iPhoneユーザーが多いのも現実です。
そこで今回はiPhoneのデータが飛んでしまった時に復元方法と一緒にバックアップ方法を簡単にお教えしたいと思います。

パソコンでiTunesを使ってバックアップ&復元

desk-791178_640

バックアップ方法

パソコンにiTunesをインストールする。

パソコンにiPhoneをUSBケーブルを接続すると、iPhoneに「このコンピュータを信頼しますか?」と表示されますので、「信頼」を選択する。

パソコンに、「このコンピュータが(ユーザー名)上の情報にアクセスするのを許可しますか?」と表示されますので「続ける」を選択する。

iTunesを開いて、上部にあるiPhoneのスマホマークをクリックする。

「このコンピューター」にチェックをして「今すぐバックアップ」をクリックする。
(*)この時に「iPhoneのバックアップを暗号化」にも、チェックを入れておくと、保存してあるパスワードのバックアップを行うことが出来ます。

完了。

[画像をバックアップする場合]

flowers-622533_640
「写真とビデオの読み込み」を選択する。

写真一覧が表示されますので、パソコンにバックアップしたい画像を選択します。

選択が終わったら、「インポート」を選択する。

インポートが完了したら、「フォルダーを開く」を選択して、ちゃんとインポートされているか確認する。

完了。

復元方法

パソコンにUSBケーブルを接続して、iTunesを開く。

上部にある、iPhoneのスマホマークをクリックする。

「概要」をクリックする。

「このコンピューター」にチェックをして、「バックアップを復元...」をクリックする。

復元したいiPhoneの名前を選択して、「復元」をクリックする。
(*)バックアップの暗号化している場合は、設定したパスワードの入力が必要です。

復元開始

完了。

iCloudを使ってバックアップ&復元

(*)iCloudは、5GBまでは、無料でバックアップできます。

バックアップ

3
iPhoneをWi-Fiに接続する。
(*)接続方法
設定→Wi-Fi→Wi-Fiをオンにする
または
コントロールセンターで、Wi-Fiをタップしてオンにする。

「設定」をタップする。

iCloudをタップする。

Apple IDのアドレスとパスワードを入力して、「サインイン」をタップする。

バックアップをタップする。

「今すぐバックアップを作成」をタップする。

完了。
次回からは、定期的にバックアップされます。
(*)iCloudストレージに十分な空き容量がない場合は、バックアップが行われませんので、ご注意下さい。
容量を増やすことは可能ですが、月額の料金が発生してしまいます。
解約方法は、「5GB 無料」をタップすると解約することが出来ます。
また写真のバックアップなどが必要ない場合は、設定からiCloudをタップして保存するデータの選択画面で写真の項目をオフにすると、容量の節約になると思います。

復元

iphone-676726_640
(*)初期化の状態のiPhoneにのみ復元することが出来ます。
最初のページの「ようこそ」という画面の下の矢印をスライドさせる。

「日本語」をタップする。

国または地域の選択画面になりますので、「日本」をタップする。

キーボード選択画面になりますので、必要なキーボードにチェックを入れて、右上の「次へ」をタップする。

Wi-Fiネットワークを選択画面になります。ご自宅のWi-Fiを選択しましょう。

位置情報サービス画面になります。「位置情報サービスをオンにする」を選択する。

Touch ID登録画面になります。指紋登録を行います。
(*)後で登録することも可能です。

指でタッチ画面になります。画面の指示に従って動作を行います。

グリップを調整という画面になります。「続ける」をタップします。

完了画面になります。「続ける」をタップします。

パスコードの作成画面になります。6桁のお好きな数字をタップして、設定します。
(*)パスワードを忘れない様にしましょう。

「iCloudバックアップから復元」をタップする。

Apple IDとパスワードを入力して「次へ」をタップする。

復元の前にという画面になります。「続ける」をタップする。

利用規約に目を通して、「同意する」をタップする。

バックアップを選択する。という画面になりますので、バックアップしたい日付の物をタップします。

Apple IDのパスワードを入力する。

復元開始

完了。
(*)アプリが消えている場合は、Apple storeを開いて、アップデートをタップする。

購入済みをタップする。

「自分が購入したApp」をタップする。

右の雲マークをタップすると、インストールを開始できます。

まとめ

バックアップをしっかり取っておくことで、復元ができますので、いざという時の為に、やはりバックアップを日ごろから取っておくことをオススメ致します。
復元も難しくはないので、機種変更の時などにも活用できそうですね。
なので、機種変更などの時も、データの移行に戸惑わない様にもう一度バックアップと復元のおさらいをしておきましょう。
何はともあれ皆様の大事なデータが消えない様心より願っています。

関連記事

iTunesのバックアップからiPhoneの連絡先を復元する方法
?iPhoneへのデータ移行はご注意!機種変更前にしておく事
データを守る!スマートフォンのバックアップ方法5選

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧