iPhone

iPhone下取りは1円でも高く!押さえておくべき5つのポイント

毎年発表される新作iPhoneですが、新しいiPhoneの発売時期について、皆さんはある定義があることをご存知でしょうか。
これは、必ずしもということではありませんが、iPhoneシリーズはおおよそ1年ごとに新しいシリーズを発売しております。
時期的には秋頃でしょうか、そのため他社のメーカーのスマートフォンとは異なり、短くても1年は待ってから次期iPhoneへの変更となります。
そのため、比較的綺麗な状態でのiPhone下取りが多いかと予想がされます。
今回はiPhone下取りの際にこれだけは押さえておきたいポイントが5つをご紹介いたします。
これらの5つのポイントさえ押さえておけば、iPhoneの下取りで損をすることはありません。
iPhoneの下取りをご検討されていらっしゃる方は是非参考にしてみてください。
 

iPhoneを下取りに出すメリット・デメリット

iphone6s
2016年のiPhoneシリーズは、iPhoneSEの登場、またiPhone7の発売とすごく賑やかな1年になることが予想されます。
iPhone6シリーズ以上の機能やスタイルなどが望めますので、ぜひとも機種変更したいものです。
だからこそ、iPhoneの下取りについてはポイントをおさえておき、お得にiPhoneを下取りに出して新型iPhoneを手に入れましょう。

メリットについて

まず、iPhoneの下取りにおいて押さえておきたいポイントは、iPhoneを下取りに出すことのメリットです。
iPhoneを下取りに出すことによるメリットを事前に知っておくことは大切です。
さっそくiPhoneを下取りに出すことのメリットですが、4つあります。
1つ目は、ご購入される新しいスマートフォンなどの機種代金や通信料金の値引きやポイントがもらえることです。
2つ目は、査定条件が比較的緩いことです。これは、スマートフォンの付属品の有無や多少のキズなどで減額されることはなく、一定の額が適用されます。
3つ目は、全国に各通信キャリアの店舗があることです。つまり、どの地域にお住いのユーザーでもいつでもiPhoneを下取りに出すことができます。
4つ目は、そのまま買い取ってもらえるので、機種変更の時に楽であることです。
また、下取りと買取りの違いについてメリットという面から比較してご説明しますと買取りのメリットについては、3つあります。
1つ目は、現金がすぐ手元に返ってくることです。
2つ目は、対応が早く、手続きが比較的大変スムーズに行えることです。
3つ目は、査定金額がけっこう高いことです。

デメリットについて

iPhoneの下取りにおけるメリットをお話ししてきましたので、その反面にデメリットについてもしっかりと押さえておきましょう。
iPhoneの下取りに対するデメリットは2つです。
1つ目は、現金はもらえないということです。
2つ目は、同じ通信キャリアに縛られるということです。
また、下取り同様に買取りにおけるデメリットですが、こちらも2つです。
1つ目は、査定条件が厳しいことです。その背景としましては、スマートフォンの付属品の有無や多少のキズなどで減額されることが見られます。
2つ目は、専門の買取店が少ないので、近くにあるとは限らないということです。

iPhoneのバックアップ

38
つづきましては、iPhoneの下取りの際に必要となるiPhoneのデータのバックアップについてです。
長い間使っておりますと、必ず写真や連絡先、メッセージ、アプリケーションのデータなどの大切なデータは保存されていきます。
それらの重要なデータを新しいiPhoneやAndroidのスマートフォンに引き継ぎできるように、まずはiPhoneのデータをバックアップする必要はあります。

iPhoneの防水マークのチェック

つづきましてご紹介いたしますiPhoneの下取りの際に押さえておきたいポイントは、iPhoneの水没マークをチェックすることです。
水没になったことがあるiPhoneは、基本的には下取りが不可能です。iPhone機体の中には水没マークが付いておりますので、例え水に落とした覚えがなくても、もしこの水没マークに反応があれば、下取りしてもらえないことがあります。
そのため、下取りの前にちゃんと水没マークをチェックしておきましょう。
Appleの公式サイトにて、水没マークの位置と確認方法をご確認いただくとよいでしょう。
たとえば、付属品です。
iPhoneの汚れや埃の状況も買取や下取りの査定条件にあるかもしれませんから、金額減少にならないように、事前にティッシュなどで拭いて少しでもきれいな状態で持っていくことをおすすめします。
そして、iPhoneの純正の充電器やイヤホン、USBケーブルなどの付属品が揃っていたほうが高額になる可能性はきわめて高いです。
逆に、iPhoneの付属品が欠けているなら、売却時の査定金額は結構減少することもあります。そのため、できるだけiPhone購入時の付属品一式を全て持っていきましょう。

iPhoneの下取りに関するキャンペーン

26
つづきまして押さえておきたいiPhoneの下取りに関することは、下取りに対するキャンペーンです。
たとえば、iPhone 6やiPhone6 Plusが発売された時のSoftBankでは、今使っているiPhoneをSoftBankが32,400円で下取りし、毎月1,350円ずつ計24回に分けて通信費から引いてくれる「タダで機種変更キャンペーン」という下取りキャンペーンを行っております。
変更でのiPhone 6の価格は70,080円となります。
下取り価格の32,400円を引くと、ユーザーが負担する価格は計37,680円となるので、ユーザーにとってかなりお得に新機種に乗り換えられるキャンペーンです。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、iPhoneの下取りで押さえておきたいポイントを5つに厳選してご説明してきました。
ぜひともポイントを押さえて、iPhoneをお得に下取りに出しましょう。

関連記事

iPhoneの下取りでお得な値段でiPhone6sをGETする方法
iPhone6sをお得価格でGETできる下取りキャンペーン
iPhone6sをスマホ下取りを利用してお得な価格でGETしよう

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧