iPhone

データが消えた!?iPhoneのデータ移行で注意すべきこと

スマートフォンの中でも、iPhoneのデータ移行については少し難しいと感じる人がいるかもしれません。
実際に筆者である私も、iPhoneのデータが全て消えてしまったことにより、後悔の念からしばらく抜け出せずにいたことがあります。
iPhoneと言えば、生活の重要な一部を支えてくれるものであると言っても過言ではないほど、生活を行なう上で欠かせない存在になっている人だっていることでしょう。
思い出がたくさん詰まった写真データや、全てのアプリのパスワード、毎日のように積み重ねて育て上げたゲームデータなども一緒に削除しまった時なんて、本当に何とも言えない絶望感に襲われる人だって出てくるのではないでしょうか?
これから機種変更を行なう時などに、iPhoneのデータを誤って失ってしまうことのないように、これからご紹介をする注意点については必ず頭に入れておきましょう。

1.出来る限りバックアップを取る

iphone-338964_640
iPhoneのデータは、まずiCloudでバックアップ保存できる仕組みになっています。パソコンを使用せずとも、iCloud内に保存されたデータは、Wi-Fi環境さえあれば後ほど取得することができます。
また、iCloudを使用せずとも、Googleに同期をして画像を保存することができたりと、他サーバで保存を行なっておくことだってできますよね。
iPhoneの場合は、メモリーカードなどを使用してデータ保存を行なうことはできませんが、サーバを経由さえすればある程度広範囲に及びデータを保存することができるようになります。
iCloud上だけでは同期に失敗してデータが削除されてしまった場合に困ってしまうため、どうしても削除したくないデータは、なるべくいくつかのサーバで保存を行なうようにしておきましょう。
ちなみに、パソコンのiPhoneフォルダー内に保存されているデータに関しては、同期に失敗したと同時に削除されてしまうので、パソコンと同期してパソコン上にデータを落とし込む場合であれば、データを取り込んだと同時に他の場所に移動させておきましょう。

iCloudへのバックアップ方法について

iCloudにバックアップデータとしてデータを移行する場合は、必ずWi-Fi接続を行なっておかなければいけません。時間がかかりすぎるだけではなく、大容量を必要とすることにより、すぐにデータ量上限に達してしまいます。
また、もし通信速度が確保できないなどの理由で通信が不安定になってしまうと、サーバ上に送るデータが破損してしまうこともあります。
バックアップには、1日程度必要になることもあるので、すぐに完了するものではないことも頭に入れておきましょう。
ちなみにiCloudへのバックアップ方法ですが、まずは設定アプリを立ち上げて、iCloud項目欄をタップします。その後サーバに残したいアプリのボタンをスライドしてONにして、下部にあるバックアップをタップします。
次に表示される画面にてスライドしてバックアップをONにし、今すぐバックアップ作成ボタンをタップするとバックアップが開始されます。あとは完了するまで放置しておけば、バックアップは完了になります。
ちなみにバックアップ中であっても、iPhoneを使用するには問題ありませんので、アプリでゲームなどをしてもOKです。

2.アプリ内データはサーバ保存を行なう

iphone-259774_1280
アプリ内に保存されているデータは、バックアップを復元しても多くの場合が復元されないと考えて良いでしょう。その為、個々のサーバに保存をしておく必要があります。
たとえばLINEなどの場合は、メールアドレスを登録しておくだけで、データを復元させることができるようになっています。
消えて欲しくないデータがLINE内に残されているのであれば、なるべくメールアドレスまで登録をしておくと良いでしょう。

LINE メールアドレスの登録方法について

メールアドレスを登録したい場合は、LINE画面下部にある『・・・』をタップします。
すると歯車の形をして設定と記載されている、設定画面に移動をするマークが表示されるようになります。ここをタップして設定画面を開きます。
次にアカウントをタップします。するとメールアドレスと記載された項目が出てくるので、メールアドレス項目欄をタップしましょう。
あとは画面の指示に従って、メールアドレスとパスワードに設定したい文字を6文字~20文字の英数字で入力して完了になります。

3.Apple IDは複数作らない

iPhone
iPhoneを立ち上げる時には、iCloudやiTunesで使用するIDやパスワードを設定しなければいけません。このIDやパスワードは、今後データを復元する時にも使用されるものであるため、必ず控えておかなければいけません。
また、新規でiPhoneを購入する場合に、このIDやパスワードを最初の設定画面で入力をすることにより、データを復旧できるようになります。
しかし、この時に新しいiPhoneでは別IDを使用しなければいけないと勘違いして、新たなIDにて設定をしてしまう人がいます。
また、パソコン上のデータを使い分けるために別IDを取得しておこうと考える人だっていることでしょう。
しかし、パソコンで同期をした時に旧データは削除されてしまうことになります。旧iPhoneのデータを削除しないためにも、別IDにて運用をしようと考えることなどは避けるようにしておきましょう。

4.パソコンとはできる限り同期させない

とにかくパソコンと同期をしてしまうと、旧iPhoneのデータと新iPhoneのデータが混在して、上手く復旧できずにどちらか片方のデータが全て削除されてしまうこともあります。主に旧iPhoneのデータが削除されてしまいます。
新規iPhoneを立ち上げる時には、必ずパソコンの電源をOFFにしておくか、パソコン側のWi-Fiを切断しておく必要があります。
Wi-Fiへの切断が確認してからであれば、iCloud内のデータが書き換えられることはありませんので、データ削除に対する不安が軽減できることでしょう。

5.復元できるデータには限りがあることを頭に入れておく

iphone-410311_640
新規iPhoneに旧iPhoneのIDやパスワードを入力すると、iPhone上では外観が変わっただけで中身は旧iPhoneであるかのように錯覚をするほど、綺麗にホーム画面が復元されるようになります。
しかし、あくまでこれはiPhone上に登録されているデータのみが復元されていることになるので、アプリの中まで復元を行なうことはできません。
おそらくアプリを立ち上げると、データは全て削除されているか、アプリ毎のIDやパスワードを入力してログインしなければいけない状態になっているはずです。
ただし、電話帳やカレンダー、写真に関してはそのほとんどが復元されることでしょう。
しかし、もしもの時のためにこれらのデータは、できる限り信頼できる他サーバにも保存するようにしておきましょう。

まとめ

今回は、iPhoneを機種変更する時のデータ移行時に、誤ってデータを削除しないための方法についてご紹介しました。
では今回の『データが消えた!?iPhoneのデータ移行で注意すべきこと』について簡単に振り返ってみましょう。
・1.出来る限りバックアップを取る
iCloud内のデータにプラスして、信頼できるサーバにバックアップを取るようにしておきましょう。
・2.アプリ内データはサーバ保存を行なう
アプリ内のデータは、iCloud上に保存されることはありません。個々のサーバに保存を行なうようにしておきましょう。
・3.IDは複数作らない
Apple IDを複数作ってしまうことにより、パソコンに同期をしたと同時に、旧iPhoneのデータに新iPhoneの情報が上書きされてしまいます。ややこしくなるので、Apple IDは複数作らないようにしておきましょう。
・4.パソコンとはできる限り同期させない
パソコンと同期をしてしまうことで、旧iPhoneのデータが削除されてしまうこともあるので、新規iPhoneを立ち上げる時には、Wi-Fiを切断しておくかパソコンの電源は落としておきましょう。
5.復元できるデータには限りがあることを頭に入れておく
復元できるデータは主に、iPhone上に登録されているデータのみです。アプリ内に入っているデータに関しては、復元することができないので注意しておきましょう。
いかがでしたか?
これから新規iPhoneの購入を考える人も、とくにまだiPhoneを購入したばかりで機種変更は考えていない人であっても、バックアップ方法については頭に入れておくと大変役立ちます。
是非今回のコラム情報を参考にして頂き、便利にバックアップ機能も活用してみてくださいね。

関連記事

【iPhone機種変更】よく耳にするデータ移行トラブル上位3位
面倒なiPhoneデータ移行がラクラク!簡単な方法3選
iPhoneへのデータ移行はご注意!機種変更前にしておく事

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧