iPhone

「えっ、こんな値段??」 iPhoneを格安で手に入れる方法3つ

ここ5、6年ほどでしょうか、スマートフォンが日本国内に普及し始めるようになり、著しいほどにわれわれの生活面や携帯電話市場は大きな変化をしたことでしょう。
現在、スマートフォンは2つのOSである、AndroidとiOSがあります。Androidには人気のスマートフォンであるGalaxyやXperia、AQUOSなど、iOSにはAppleから人気のスマートフォンiPhoneがあります。
これらのスマートフォンのなかで、通信キャリアを問わずにダントツで人気を集めているのがiPhoneシリーズなのです。今回はこのiPhoneに視点を向けてお話ししていこうと思います。
近年こそ、iPhoneは大きな液晶画面化や指紋認証によるロックの解除や3D タッチ機能とさらなる進化を遂げてきております。
しかし、その素晴らしい機能あってか、価格も増してきており、とても格安とは言い難いのが現状です。
そんな最高の機能でスマートフォン市場でもトップのシェアを誇るiPhoneを格安で手に入れられたら嬉しいですよね。
今回は、iPhoneをびっくりするほど格安で手に入れることのできる方法を3つご紹介いたします。

iPhoneを格安で手に入れる方法その1

iphone-676726_640
まず、ご紹介いたしますiPhoneを格安で手に入れられる方法は、MNPによる他社の通信キャリアからのお乗り換えです。
この他社の通信キャリアからのお乗り換えをするならば、ポイントは1つ、迷わず格安の通信キャリアです。
iPhoneのご購入の方法には、通信キャリアを変えずに行う機種変更と、他社の通信キャリアへのMNPによるお乗り換えがあります。
このお乗り換えによるiPhoneのご購入に対しては「一括0円」という広告宣伝も最近ではよく見かけるものです。
しかし、「一括0円」は金額面だけから見ますと確かにお得なのですが、各通信キャリアとも「一括0円」のご契約には、各通信キャリアの料金プランの指定があったり、オプションのご契約など追加条件が付くことがほとんどでしょう。
そのため、一括0円など格安でご購入される前に、ご契約で注意すべき点を確認しておきましょう。
注意すべき点は、大きく4つです。
・1つ目は、「月々サポート」や「毎月割」「月月割」の割引額を確認することです。
・2つ目は、「一括0円」が家族契約や下取りの割引後の価格ではないことを確認することです。
・3つ目は、コンテンツのご契約や、抱き合わせのご契約に注意することです。
・4つ目は、追加の1年契約の有無を必ず確認することです。
これらの条件は、ご契約される通信キャリアによっても違いますので、必ずトータル金額での見積もりをとって最も格安の通信キャリアを選ぶと良いでしょう。
家電量販店では、基本的にどこでも同じ販売金額で販売されておりますが、公式の通信キャリアのショップは、その殆どが代理店ですので、各通信キャリアのショップによって条件やプランも違います。

iPhoneを格安で手に入れる方法その2

iphone-393081_640
つづきましてご紹介いたしますiPhoneを格安で手に入れられる方法は、通信キャリアからの機種変更するときの「MNP引き止めポイント」をもらうことです。
これは、実はあまりご存知でない方が多くいらっしゃいます。同じ通信キャリアで、たとえばauからauなどでiPhoneを機種変更したい場合のケースです。
または、事情により通信キャリアを変えたくないという方も多いかもしれませんので、要チェックです。
このように通信キャリアを変えない場合は、基本的に提示価格で買うしかないと、皆さんは思っていらっしゃることでしょう。しかし、実は裏ワザ的な秘策があります。
なかには、ご存知の方もいるかも知れませんが、各社ともMNPについての相談電話窓口を備えております。
実は、そこでMNPをしたい旨を伝えてみますと、「他社通信キャリアへ転出する前に、ポイントを差し上げますので再度ご検討ください」という、いわゆる“引き止めポイント”をもらえる場合があります。
もちろん、ご利用期間やご契約内容などにもよりますが、おおよそ5,000から多くても10,000ポイントくらいは期待しても良いでしょう。

iPhoneを格安で手に入れる方法その3

iphone-563067_1280
つづきましてご紹介いたしますiPhoneを格安で手に入れられる方法は、iPhone6の本体価格自体を安くすることです。
iPhone6の機種本体を安く購入するとカンタンに申してしまいましたが、たとえば先ほどご紹介した「一括0円」は魅力的ですが、条件やオプションとか嫌だなと感じられる方は、iPhoneの「白ロム」がおすすめです。
白ロムは、少し前までは一部のユーザーだけが使うものという印象でしたが、昨今の格安SIMカードの普及により急速に需要が伸びております。
ロムは、一度契約した携帯端末を解約し、SIMカードを抜いた状態のことを称しており、基本的には中古品の扱いになります。
しかし、じつは新規契約後にすぐ解約された未使用品や新品同様のiPhoneが数多くありますし、また、少しでも安く手に入れたい場合はあえてキズ有りを選ぶ人もいるそうです。
カバーやケースで見えなくなる僅かなキズなら、使用上問題もありませんし、とくに、機種変更したいけど通信キャリアの2年縛りがまだ残っている方や格安SIMカードを使いたいけど機種はiPhoneがいいという方には、iPhoneの白ロムは機種本体を安く買えるのでおすすめです。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。
今回は、iPhoneを格安で手に入れられる方法を3つご紹介してきました。
・通信キャリアで比較し代理店の相見積もりを行うこと。
・機種変更は「MNP引き止めポイント」を試してみること。
・白ロムでiPhoneの機種本体を安く買うこと。
ぜひとも、挑戦してみましょう。

関連記事

中古ショップならかなり安い!iPhoneを格安でGETする方法
まずは中古でお試しあれ!iPhoneを使うメリットを大紹介
iPhone6sのSIMフリー版が発売!格安SIMでお得に使える

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧