iPhone

いざという時に頼れる!「iPhoneを探す」の便利な使い方まとめ

7
iPhoneには 連絡帳の個人情報が沢山保存されています。
中にはiPhoneのブラウザからインターネットバンキングを利用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、専用のアプリから株式やFXの取引を行っているという方もいらっしゃるのではないかと思います。
iPhoneが便利になるに伴い、取り扱うデータの重要度も増しています。そのため悪意ある者に渡ってしまった時の被害はとても大きくなるということが予想できます。
置き忘れや盗難には十分に注意していても、いつどこでそのような事態に陥ってしまうか予想ができません。
もしも、iPhoneを紛失してしまったり、盗難されてしまったりした場合に頼れるのが、iPhoneの機能の一つである「iPhoneを探す」です。
ここでは「iPhoneを探す」の便利な使い方を紹介していますので、いざという時に慌てないように事前の設定や使い方について参考にしていただけたらと思います。

「iPhoneを探す」を使うための準備

この機能を使用するためにはiPhoneを設定しておく必要があります。
以下はiPhoneの設定方法です。
・「設定」アイコンをタップし、メニューから「iCloud」を選択します。
・「iPhoneを探す」をタップしスイッチをオンにします。
これでiPhoneの設定は完了です。

外出先で紛失した場所を「iPhoneを探す」で特定する

neko
外出先でiPhoneをどこかに置き忘れてしまい、見当が付かなくなってしまうということもあります。
それまでに辿ってきた場所を巡って見ることも一つの手ではありますが、時間がとてもかかりますし、誰かが拾って置き忘れた場所にはないかもしれません。このような時には「iPhoneを探す」でiPhoneの現在の位置を確認する事ができます。
・パソコンなどからiCloudにログインします。
https://www.icloud.com/
・「iPhoneを探す」をクリックします。
・パスワードを入力しサインインします。
・マップ上にiPhoneの位置が丸で表示されます。
これでどこに置いたのかが見当が付くと思われますので早速取りに向かいましょう。

家の中で紛失したときの「iPhoneを探す」の使い方

PAK88_tetuyaakenosyain20141123141151500
家の中で使っていたiPhoneがふと気づくと見つけられなくなってしまうということはよくあります。
ソファーのクッションの隙間に挟まっていたり、子供がいたずらしてタンスの後ろの隙間に隠していたりすることもあります。
先ほど紹介した方法で探そうとしても、自宅の位置に丸がついているのを見て「だから家にあるのはわかってるって!」と言いたくなるかもしれません。このような場面でも「iPhoneを探す」の機能が役立ちます。
・パソコンなどからiCloudにログインします。
https://www.icloud.com/
・「iPhoneを探す」をクリックします。
・パスワードを入力しサインインします。
・マップ上にiPhoneの位置が丸で表示されるのでクリックします。
・メニューが表示されるので「サウンド再生」をクリックします。
すると、iPhoneから「ピ、ピ、ピ」と結構な音量で鳴ります。
ミュートにしていても音が鳴りますので、他の携帯から着信したけどバイブにしていて見つけられないということもありません。
また、出先でiPhoneを紛失した場合でも物陰に落として見つけにくい場所にあるような時には、この音を鳴らす機能で見つけやすくなります。

紛失したiPhoneを誰かが拾うことにそなえるための「iPhoneを探す」の使い方

iphone-563064_640
「iPhoneを探す」の機能を使って、iPhoneの位置をマップで確認した時点で、全く心当たりのない場所が表示された場合には、誰かが拾っている可能性が高くなります。
また、特定できた場所に向かうまでの間に誰かが拾ってしまう場合もあるため、場所が特定できたら「iPhoneを探す」の機能から「紛失モード」に切り替えておきましょう。
・パソコンなどからiCloudにログインします。
https://www.icloud.com/
・「iPhoneを探す」をクリックします。
・パスワードを入力しサインインします。
・マップ上にiPhoneの位置が丸で表示されるのでクリックします。
・メニューが表示されるので「紛失モード」をクリックします。
・連絡先、パスコード、メッセージの入力を求められるためそれぞれ入力します。
iPhoneはパスコードを入力しない限りロック解除ができなくなるため、拾った人が勝手に保存されているデータにアクセスすることを防ぐことができます。
また、メッセージとともに連絡可能な電話番号を表示しておくことも可能なため、拾った方がすぐに連絡先を確認することが
できます。

データの保護を最優先する場合の「iPhoneを探す」の使い方

9
仕事でiPhoneを利用している方や株やFXの取引に利用している方の場合、紛失し悪意のある人の手に渡ってしまうと会社の信用問題にかかわる場合や、金銭的な被害を受けてしまう可能性もでてきます。
そのような場合には万一のことも考慮し「iPhoneを探す」の機能を利用してiPhone内のデータを全て消去することができます。
・パソコンなどからiCloudにログインします。
https://www.icloud.com/
・「iPhoneを探す」をクリックします。
・パスワードを入力しサインインします。
・マップ上にiPhoneの位置が丸で表示されるのでクリックします。
・メニューが表示されるので「iPhoneの消去」をクリックします。
ここで全データを削除したとしても、無事にiPhoneが手元に戻ってきた際にはiCloudやiTunesから復元することができますので、セキュリティー面を重要視する場合にはデータ消去するという選択を即座に実行しなければならない場合もあります。

まとめ

ここまで「iPhoneを探す」の機能を使って紛失したiPhoneを探すための便利な機能を紹介してきましたが、いかがでしょうか。
どこかでなくしてしまった場合はもちろんですが、家のなかでなくしてしまった場合でも活用できる便利な機能です。
また、仕事でiPhoneを使用している方や財産の管理をしている方の場合にはiPhoneの中に保存されているデータを悪用された場合にはとても大きな被害につながる場合も考えられます。
万一の時にここで紹介した、「iPhoneを探す」の機能を使ってロックなどをすることはもちろんですが、いつ紛失したり盗難にあったりするかわからないため、パスワードや指紋認証でのロックをかけておくことは最低限必要であると言えるでしょう。
また、ブラウザやアプリのログインなども重要なデータに関する場合には自動ログインとせずに都度パスワードを入力する運用にすることでリスクを回避することができます。

関連記事

知らないとデータが全部パァに…失敗しないiPhone復元法
?iPhoneへのデータ移行はご注意!機種変更前にしておく事
iPhone6sの自慢はなに?気になる機能と価格をご紹介します

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧