iPhone

ユーザー必携アプリ「IPHONEを探す」インストール&設定の3手順

はじめてIPHONEを購入された方の中には、画面上に「IPHONEを探す」なる不思議なアイコンに気がついた方も多いのではないでしょうか。
この「IPHONEを探す」(Find iPhone)ですが、実はIPHONEユーザーにとってなくてはならない必携のアプリなんです。iOS9からプリインストールとなりました。
この「IPHONE探す」は、IPHONEを紛失してしまった際にその所在地を地図で確認したり、遠隔操作にてデータを保護したり、さらに便利な事にIPHONEの画面に連絡先の電話番号を表示させることなどができる大変便利なアプリです。
今回はIPHONEを探す(Find iPhone) のインストール・設定手順をご紹介いたします。

「IPHONEを探す」の利用条件

girl-925284_640
IPHONEを探し出すためには、紛失したIPHONEが以下の条件を満たしている必要があります。

  1. 「IPHONEを探す」設定がされている
  2. LTE・Wi-Fiのいずれかに接続されている状態である
  3. 位置情報サービスが「オン」である(紛失した IPHONE が iOS 7 以降場合は位置情報が「オフ」でも「紛失モード」で検索可能です。)
  4. 電源が入っている

などです。これらの条件が満たされていればIPHONEを探すことができます。

「IPHONEを探す」をオン!

apple-1281744_640
それでは設定方法から説明しましょう。
まず、「IPHONEを探す」を使ってIPHONEの所在地を追跡するには、それぞれのIPHONEで「IPHONEを探す」をオンにしておく必要があります。
ホーム→設定→iCloud→IPHONEを探す選択し、「IPHONEを探す」をオンにします。
次に「IPHONEを探す」を起動します。「IPHONE探す」は、ホーム画面の「便利ツール」フォルダにの中で「Find iPhone」という名で入っています。これをタップしてIPHONEを探すを起動させます。
起動後、Apple IDとパスワードを入力し、サインインします。
この時に「最後の位置情報を送信をオンにして下さい」という表示がされる場合があります。「最後の位置情報」をオンにすると、紛失したIPHONEのバッテリーが切れる直前までの直前の位置情報が自動的に送信されます。
ファミリー共有をしている家族と位置情報を共有する場合は設定→iCloud→位置情報を共有→位置情報を共有をオンにして、共有する家族を選択→位置情報を共有選択します。

IPHONEを探してみよう

iphone-923110_640
それでは「IPHONEを探す」を実践してみましょう。
まずは探したいIPHONEをタップします。
選択したIPHONEをが、拡大したマップ上に表示され、車のアイコンが表示されます。
車のアイコンをタップすると、現在地から紛失したIPHONEまでの経路案内が表示されます。「出発」をタップするとナビが開始されます。
次に画面下表示されている「アクション」をタップ。
「紛失モード」「サウンドを再生」「iPhoneを消去」という3つのボタンが表示されます。
「紛失モード」は、データを守るためにパスコードでロックをかける機能です。紛失したIPHONEの画面上に連絡先の電話番号やメッセージを表示させることもできます。
「紛失モード」を選択、「紛失モードをオンにする」をタップします。
紛失モードは紛失したIPHONEの位置情報サービスがオフの場合でも紛失モードを設定すれば、位置情報サービスがオンになります。また、紛失したIPHONEがオフラインの場合も紛失モードを設定できるようになります。
IPHONEにパスコードを設定していない場合は、パスコードの入力画面が表示されます。6桁のパスコードを入力しましょう。
次に紛失したIPHONEに連絡先電話番号やメッセージを表示するために電話番号またはメッセージを入力しましょう。(メッセージ内容は連絡先メールアドレスなどで良いかと思います。)
電話番号の表示もメッセージの表示もオプションなので、いずれもスキップすることができますが、電話番号やメッセージを表示するとIPHONEを拾った人が連絡してくれる可能性があり、手元にIPHONEが戻ってくる確率も高くなります。
この時、紛失したIPHONEは、ロックがかかった状態になっていて、電話番号やメッセージを設定した場合は連絡先の電話番号と入力したメッセージ、そして発信ボタンが表示されます。
発信ボタンをタップすると表示されている連絡先電話だけに発信が可能になります。
続いてサウンドを再生について説明致します。
「サウンドを再生」をタップすると、紛失したIPHONEにサウンドを鳴らすことができます。サウンドはIPHONEがマナーモード設定の場合でも2分間鳴り続けます。
自分の近く(家の中、鞄の中、机の中などなど)に探しているIPHONEがある可能性もあるので、まずはサウンド再生してみると良いかもしれません。
続いて「IPHONEを消去」についての説明です。
「IPHONEを消去」を選択すると、紛失したIPHONEをに保存されているデータをリモート操作で消去することができます。
「IPHONEを消去」を実行しても、設定していたメッセージなどはロック画面に表示されます。これで中身を見られず、データの流出による悪用を防ぐ事ができます。

ウェブブラウザで「IPHONEを探す」

12
「IPHONEを探す」は、ウェブブラウザからも使用可能です。
IPHONEを紛失してしまいiOS機器が他にない場合もなどに有効です。
パソコンからiCloud.comにアクセスし「IPHONEを探す」を選択すれば操作可能です。

まとめ

アップルはセキュリティ対策が万全だとよく耳にしますが、「IPHONEを探す」は、大切なIPHONEを万が一落とした場合も安心して対処できる非常に便利なアプリだと思います。
iOS9からはプリインストールされていますが、それ以前のiOSのIPHONEをお持ちの方は是非ともダウンロードして頂きたいアプリです。
安心安全にもしもの時にも備えて楽しく快適なIPHONEライフを送りましょう。

関連記事

いざという時に頼れる!「iPhoneを探す」の便利な使い方まとめ
紛失防止!find my iPhoneを設定しておくべき3つの理由
必見!3分で分かる!いざという時のfind my iPhoneの使い方

スマホの乗り換えで失敗する人の共通点
「機種変更してみらら、思ったより料金が高かった…」なんてことありませんか?

いま、ショップの店頭で有料オプションや有料コンテンツに加入させられて、結局損をしてしまう人が続出しています。

スマホを乗り換えるときにはおとくケータイなどのオンラインショップを利用してください。

学割やオンラインショップ限定割引など、今月がもっともお得な時期です。

おすすめオンラインショップ一覧